ピクシブ百科事典

加古川飛流

かこがわひりゅう

「加古川飛流」とは、仮面ライダージオウの登場人物。
目次[非表示]

常磐ソウゴ、やっぱりお前とは何度も交差する運命にある…」

演:佐久間悠

概要

EP25『アナザージオウ2019』にて初登場した、アナザージオウの変身者。
かつてタイムジャッカーによってアナザーライダーにされていた人間達を襲撃し、彼らの中に残っていた「仮面ライダーの力の残滓」を奪い取ってアナザーウォッチを精製し、ジオウと対峙する。
黒ウォズが言うには、歴史が変わった以上彼らに仮面ライダーの力が残っているということは考えにくいらしいが…。

冒頭の台詞からするとソウゴのことを以前から知っていたようだが、ソウゴには彼の記憶が全くないという。
ツクヨミの調査によると、ソウゴの両親が死亡した10年前のバス事故にてそのバスに同乗していたらしく、ソウゴと共に生存者として新聞に写真が掲載されていた。

第25話時点ではかつてアナザーライダーとして他人に危害を加えた事のある人間か、自身を倒そうと襲ってくるライダー達にしか危害を加えておらず、アナザーライダーの変身者としては一般人に対してあまり犠牲者を出していない。

ソウゴを狙う理由は、2009年に起きたバス事故で父「流三」と母「瀬名」を失ったため。
実はソウゴもこの事故で両親を亡くしているのだが、飛流はこの際、「ソウゴの名を呼びながら銃を発砲する白い服の女」を目撃しており、このことから「ソウゴがいなければ自分の家族は死ななかった」と考え、アナザーライダーの力でソウゴを抹殺しようとしている。

要するに逆恨みですらない完全な八つ当たりであり、当然ながらソウゴの方は面食らっていた。

一方で事故を引き起こした主犯である白い服の女に対してどういう感情を持っているのかは描かれておらず(彼女の目的自体は知っているようだが、彼自身がその素性をどこまで知っているのか、彼に彼女の行動理由を教えたのが誰なのかについては現状不明)、タイムジャッカーとどういう関係にあるのかも明確には描かれていない(一応スウォルツは手助けをした上で撤退を指示しており、その指示には素直に従っている)。

第27話でバス事故の真相が語られ、飛流の記憶の中の白い服の女は犯人ではなく、むしろ真犯人を止めようとして発砲したことが明らかになった。
放たれた銃弾が弾かれた末に飛流の座っていた椅子の近くに被弾したショックで飛流は気絶し、そのまま誘拐されてから救助されるまでずっと気絶していた模様。

その後、アナザージオウの力は皮肉にも両親が命を落とす要因となった男から受け取ったものであった。

余談

加古川は「過去」、飛流は「時の流れを飛ぶ」(時間旅行からの連想)がそれぞれ由来と思われる。また、川(or河)は流れ続けるが決して戻る事はない時の流れを表す比喩的表現として用いられる事が多い。ちなみに「加古川」という名の河川は実在する。

演者の佐久間氏は東映特撮には初参加。
テレビ朝日の公式ページのキャスト一覧に名前が載っている事から、ゲストではなくレギュラーとしての出演であると思われる。

関連タグ

仮面ライダージオウ アナザージオウ
常磐ソウゴ ZI-O

pixivに投稿された作品 pixivで「加古川飛流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7252

コメント