ピクシブ百科事典

加古川飛流

かこがわひりゅう

特撮番組『仮面ライダージオウ』の登場人物。
目次[非表示]

常磐ソウゴ、やっぱりお前とは何度も交差する運命にある…」

演:佐久間悠

概要

仮面ライダージオウ』EP25『アナザージオウ2019』にて初登場した、アナザージオウの変身者。
かつてタイムジャッカーによってアナザーライダーにされていた人間達を襲撃し、彼らの中に残っていた「仮面ライダーの力の残滓」を奪い取ってアナザーウォッチを精製し、ジオウと対峙する。
黒ウォズが言うには、「歴史が変わった以上彼らに仮面ライダーの力が残っていると言う事は考えにくい」らしいが…。

冒頭の台詞からして、ソウゴの事を以前から知っていたようだが、ソウゴには彼の記憶が全くないという。
ツクヨミの調査によると、ソウゴの両親が死亡した10年前のバス事故にてそのバスに同乗していたらしく、ソウゴと共に生存者として新聞に写真が掲載されていた。

ソウゴを狙う理由は、2009年に起きたバス事故で父「流三」と母「瀬名」を失った為。
実はソウゴもこの事故で両親を亡くしているのだが、飛流はこの際、「ソウゴの名を呼びながら銃を発砲する白い服の女」を目撃しており、この事から「ソウゴがいなければ自分の家族は死ななかった」と考え、アナザーライダーの力でソウゴを抹殺しようとしている。

要するに逆恨みですらない完全な八つ当たりであり、当然ながらソウゴの方は面食らっていた。
ただし、この八つ当たりと言う感想はあくまで、真実を知っている視聴者や、王に選ばれたソウゴだからこそ言える事であり、当の飛流や選別の為に選ばれた他の子供達からすれば、王の選別と言う理由で親を失い、飛流以外の子供は「王に選ばれなかった」だけで命すらも奪われたと言う、理不尽以外の何物でもない目に遭わされている事は事実である(同じく両親を失っても尚、未来に向かって進み続ける、ソウゴのメンタルが強すぎると言う声もある)。
特に飛流に関しては、なまじ生き残ってしまったばっかりに、本来あるべき親子のふれあいと言った、子供としてのありふれた幸せを奪われ、天涯孤独の身で生きねばならないと言う、幼子には過酷な人生を歩む羽目になる。

一方で、事故を引き起こした主犯である白い服の女に対し、どう言う感情を抱いているのかは描かれておらず(彼女の目的自体は知っているようだが、彼自身がその素性をどこまで知っているのか、彼に彼女の行動理由を教えたのが誰なのかについては現状不明)、タイムジャッカーとどういう関係にあるのかも明確には描かれていない(一応スウォルツは手助けをした上で撤退を指示しており、その指示には素直に従っている)。

後の話でバス事故の真相が語られ、飛流の記憶の中の白い服の女は犯人ではなく、むしろ真犯人を止めようとして発砲した事が明らかになった。
放たれた銃弾が弾かれた末に、飛流の座っていた椅子の近くに被弾したショックで飛流は気絶し、そのまま誘拐されてから救助されるまでずっと気絶していた模様。

そして、アナザージオウの力は皮肉にも、両親が命を落とす元凶の男から受け取ったものだが、本人はその事実を知らない。
更に言うならば、他の王候補の子供達が全員死んだ中、何故王に選ばれたソウゴだけでなく飛流が生き残ったかと言えば、『他の子供と同様に瓦礫に圧し潰されそうになった飛流を、ソウゴが「アブナイ」の文字を実体化させた事で助けていた』からであり、謂わば飛流にとってソウゴは命の恩人である(ただ、前述した通り生き残った事が、飛流にとって喜ばしかったかどうかはまた別だが)。

確かに悲劇的境遇ではあるものの、一方で憎しみで目が曇っているのか、良心が欠けている面もある。
かつてアナザーライダーであった人々を襲い、アナザーライダーの残滓を奪った挙句、無関係な人々にアナザーライドウォッチを次々と埋め込んで、再生アナザーライダー軍団を結成すると言うのは典型例であり、自分の復讐に周囲を問答無用で巻き込むその姿は、決して単なる被害者とは言えない。
何せ再生アナザーライダーにされてしまった人達はもとより、かつてアナザーライダーだった人々も、時間の修復によってアナザーライダーであったと言う歴史が消えているのだから、二重の意味で被害を生み出してしまっている。

アナザージオウへ変身しその力を存分に使いこなしながら、幾度となくジオウと互角に戦い、更にタイムジャッカー達の助力によってアナザーライダー軍団を結成、徐々にソウゴを追い詰めついには満身創痍にまでソウゴを追い込んだ。
だが、とどめを刺す直前に紆余曲折の末、再び共に戦う道を選んだゲイツが突如乱入。二人が力を合わせた事によってアナザーライダー軍団を次々に倒され、自身もゲイツリバイブジオウⅡの連携によって倒されてしまう。
敗北後にソウゴから励ましの言葉を掛けられ、手を差し伸べられるも未だソウゴへの憎しみは消えず、その手を振り払いながらも力が無いゆえ静かに涙するしかなかった……。
だがこの時、砕け散ったはずアナザージオウウォッチが瞬時に再生する、不可解な現象が発生。

そして書き換えられた歴史の中、彼が新たなる魔王として立ちはだかる事になる……。


新たなる魔王

アナザージオウとの戦いを終え、更に多くの試練を乗り越えついに魔王の力こと「グランドジオウ」の力を手にしたソウゴ。しかしとある事情オーマジオウに敵わなかったソウゴは、ウォズに助けられ元の時代である2019年に戻される。
だが、そこで見たのは元々ソウゴが居た世界とは、あまりにも変わり果てた世界だった

街は破壊されて廃墟となり、倒したはずのアナザーライダー達が人々を襲っており、更には育ての親の順一郎や、仲間であるはずのゲイツとツクヨミからも自分の事を忘れられたばかりか、戦う為にジオウに変身した途端、2人から魔王として一方的に敵視される始末。
その様子はまるで、初めて自分に出会った頃に逆戻りしてしまったようだった。

突如現れたウールの助力により、辛うじて逃げ出すも途方に暮れるソウゴだが、そんなソウゴの前にウォズが現れる。現状唯一頼れる仲間であるウォズとの再会に安堵するソウゴだが、「君に紹介しなければならない人物がいる」とのウォズの言葉と共にある人物がソウゴの前に現れる。

そこに居たのは新たな魔王となっていた加古川飛流であり、更に彼は「自らが2019年の世界を変貌させた張本人である」と語り始める。突然のことに唖然としながらも「なぜそんなことをしたのか?」と問うソウゴに対し飛流が憎しみの眼で睨みながら答える。
世界を変わり果てた姿にした理由……それはソウゴに対する復讐であった

「“今の為に生きる”だと? ふざけるな! お前は何にも分かっちゃいない。選ばれなかった者の悲劇を……!
だから、試してやるんだ。お前から全部を奪って、同じ事が言えるかどうかをな!」

かつて自身が敗北した際にソウゴに掛けられた言葉。
その言葉は確かに、ソウゴ自身の心からの言葉だったのかもしれない。だがそれは、曲がりなりにも王として認められ、少ないながらも大切な人や居場所を持っている……いわば「選ばれた者」の言葉でしかなく、自分やあの時理不尽に死んだ者達のような「選ばれなかった者」達からすれば、その言葉は侮辱以外のなにものでもなかった
また劇中の描写からして、未だにツクヨミがソウゴや飛流に事件の真実を話している描写が無かった為に、飛流のソウゴに対する誤解が解けておらず、ソウゴの言葉は皮肉にも火に油を注ぐ結果となってしまった

こうしてソウゴへの憎しみを爆発させた飛流は、アナザージオウⅡの力を使って歴史改竄を行い家族や仲間達と過ごした事実、大切な自身の居場所、更には魔王へと至る未来と言った、文字通り常盤ソウゴの全てを奪う事で、かつての言葉が口だけだと証明しようとした。
更にはその後の戦闘でも、アナザージオウⅡの力を存分に振るい(直前のゲイツリバイブとの戦いのダメージや、精神的な疲労があったとは言え)グランドジオウを圧倒する戦闘力を見せつけた。

だが、その裏には自身の真の仇であるスウォルツの思惑があり、その思惑通りに動かされてる事実に未だ気づいておらず、復讐の為とは言え世界を荒廃させ、結果的に絶望の未来を促してしまう。
奇しくもその姿は、ソウゴが頑なに否定していた最低最悪の魔王そのもの

その後はゲイツやウォズ達と合流、改めて自身を打倒しに来たソウゴに対して、なんとほぼ全てのアナザーライダーを召喚し、ソウゴ達を迎え撃つべく自身の城で待ち受ける。

「逃げずにここに来た事は褒めてやる、常磐ソウゴ。
お前のせいで俺の人生は無茶苦茶になった…。
俺が、お前の存在そのものを消してやろう」

ソウゴへの憎しみを爆発させた飛流は、今度こそソウゴを葬り去るべくアナザージオウⅡへと変身し、アナザーライダー達と共に圧倒的な物量で、ソウゴ達を磨り潰すべく襲い掛かる。
だが、改めて一致団結を果たしたソウゴ達には到底敵わず、次々とアナザーライダー達は倒され、自身もアナザージオウⅡの力による未来予知で動きを見切った上で攻撃を放つも、なんと「自身を光の粒子に変換して回避する」と言う、自身が見た未来とは全く異なる行動で無効化され、逆に反撃を受けてしまう

「何故だ…。何故、俺は奴に敵わない!?」

互角どころか劣勢に追い込まれ、敵わない理由も「過去しか見ていないから」とソウゴに突き付けられて、心身共に満身創痍となりながらも足掻くが、最後はグランドジオウの「オールトゥエンティタイムブレーク」による全平成ライダーによるオールライダーキックを受け、またしても敗北を喫し、改竄した歴史も元に戻されてしまう。

撃破された後も尚ソウゴに挑むべく、傷だらけの体を引きずりながら、近くに落ちて無事だったアナザージオウⅡライドウォッチに手を伸ばすが、寸での所でこの機を待っていた海東にウォッチを奪われてしまう。
更にウォッチを取り戻そうと、海東に追いすがる飛流の前にスウォルツが現れ「自身が仕えていたのはある目的の為だけだ」と暴露される。

スウォルツ「お前の役目は終わりだ。お前には王たる資格など…ない。ひとときの夢を見られただけでもありがたいと思え。」

「そんな…。」

スウォルツの目的の為に用いられた挙げ句に冷酷にも切り捨てられ、「自分はただ利用されていただけだった」と言う真実を正面から見せつけられた飛流は、またしても地に伏し絶望に打ちひしがれるのであった

ちなみに劇中の描写を見るに、辛うじて生きてはいるようだが……。



尚、後になって、彼からアナザージオウウォッチを奪った海東が、そのウォッチの力を使用したところ、副作用によって暴走する事態になっていた。
その暴走は「“最後のお宝”=“士の命”を手に入れる」と言って襲いかかるもので、彼の心の底の欲望が凶暴化したものである。
この事実から、加古川の一連の支離滅裂な思考・行動も、実はこのアナザージオウウォッチの副作用によって引き起こされた可能性がある。
ちなみに、加古川本人はスウォルツに見捨てられたシーンを最後にフェードアウトしており、その後は存在すら触れられる事なく、最終回にも登場しなかった。

しかし、時間軸こそ異なるが彼のその後は意外なところで描かれるのであった。

ファイナルステージ

女王となったツクヨミと赤ウォズが差し向けた、ザモナスとゾンジスとの戦いに苦戦するジオウとゲイツの前に颯爽と登場。しかも仮面ライダーバールクスに変身する力まで入手していた。
彼曰くツクヨミ達は『ライダー懐古主義者』』に操られているらしく、ソウゴとゲイツの昭和ライダーのライドウォッチ集めに協力する。
彼は「何度にも渡るソウゴとの戦いで改心した」と言うが……。

詳細はこちらリンク先ネタバレ注意!)を参照。

余談

加古川は「過去」、飛流は「時の流れを飛ぶ」(時間旅行からの連想)がそれぞれ由来と思われる。また、川(or河)は流れ続けるが決して戻る事はない時の流れを表す比喩的表現として用いられる事が多い。ちなみに「加古川」と言う名の河川は実在する。

演者の佐久間氏は東映特撮には初参加。
テレビ朝日の公式ページのキャスト一覧に名前が載っており、ゲストではなくメイン格としての出演である。

関連タグ

仮面ライダージオウ
アナザージオウ アナザージオウⅡ
常磐ソウゴ ZI-O
道化

関連記事

親記事

アナザージオウ うらのらいだーのおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「加古川飛流」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 112301

コメント