ピクシブ百科事典

アナザーオーマジオウ

あなざーおーまじおう

特撮舞台『仮面ライダージオウ ファイナルステージ』に登場する怪人、アナザーライダーの一人。本作のラスボス。
目次[非表示]

「平成も令和もいらない……俺は昭和に生きる!」

データ

  • 身長:不明
  • 体重:不明
  • 特色/力:異なる時間軸の操作・混線/洗脳/平成ライダーの能力の無力化


概要

仮面ライダージオウ』のファイナルステージに登場するアナザーライダーで、本作のラスボス。
モデルはオーマジオウ

変身者はアナザージオウと同じく加古川飛流

容姿

オーマジオウを歪めたような外見で、全体的にオーマジオウを模したアーマーを身に纏ったアナザージオウと言った風貌。オーマジオウの皮を被っている様にも見える事から、飛流が本質的に何も変わっていない=アナザージオウとして登場した頃から、何1つ成長していない心の現れと見る事も出来る。

白基調のボディに金色のアクセントや、毛皮のような装飾によってン・ダグバ・ゼバにも似ている他、頭部に毛髪のような飾りが見られる事から、仮面ライダーフィフティーンにも似ている。
ただ、オリジナルのオーマジオウとはまた違った重厚感を持っており、見栄えだけは別世界のオーマジオウと呼べる荘厳さを持っている。
今まで反転していた頭部の長身短針は、オーマジオウと同一となっている。

ベルトはオーマジオウと同一の物。

能力

恐らく、その力はオーマフォームやオーマジオウと同等の能力を備えていると思われる。

嘗て仮面ライダーバールクスの能力であった平成ライダーの全ての能力の無力化と言う、とてつもない能力に加え、異なる時間軸を個々で操作・選出し、改変した人物を洗脳する能力を有する。

活動

劇場版のその後の話にあたるファイナルステージで登場。
ジオウ憎しのあまり「平成ライダー」そのものを否定するに至った飛流は、全くの偶然からバールクスの力を入手し、その力で時間軸を混線。その可能性の中から「ウォズツクヨミについた世界」を選出し、それによって現在のツクヨミを操り、さらにウォズをも洗脳して「赤ウォズ」に変貌させた上でソウゴゲイツに差し向け、栄光の七人ライダーライドウォッチを集めさせるよう仕向けた。

洗脳されたツクヨミが差し向けたアナザーライダー達と戦うソウゴ達の下に、バールクスに変身して現れ加勢、ツクヨミを操っているのは「平成ライダーを否定する『ライダー懐古主義者』の仕業」と説明。味方になったかに見せて七人ライダーのライドウォッチを奪取、その力で「平成」を消し去ってしまった。それどころかその先の令和さえも否定し、現在を「昭和93年」であると宣言する。

ソウゴの元には、ウォズが洗脳された際に残した力からライドウォッチが出現、「ウォズアーマー」を装着したジオウとバールクスの状態で激突するが、その中で7人ライダーのウォッチを使いアナザーオーマジオウに変貌、ソウゴ達を危機に陥れる。

だが、そこに仮面ライダーTheFirst版の1号・2号・V3、更には仮面ライダーアマゾンズアマゾンオメガアマゾンアルファと言った「平成に生まれた昭和ライダー」達が助っ人として登場。
人々(観客)の声を受け、正気を取り戻したツクヨミとウォズも加わった4人は、それぞれの最強形態に変身(ジオウはオーマフォーム)。
更に、アマゾンズの持つ「平成の記憶」を起点に、本物のオーマジオウまでもが出現、ソウゴ達に加勢した事で完全に形勢が逆転。
未来組を先頭とした猛攻を受けた末、オーマジオウとオーマフォームのダブルライダーキックを食らい、3度目の敗北を喫した。

余談

  • 「ライドウォッチの元であるライダーとモチーフとなったライダーが一致しない」「複数のライドウォッチを使用して変身する」と言う珍しいアナザーライダーである。
  • ファイナルステージは『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』の後日談であり、TV本編においてソウゴが破壊し、再編した後の世界で飛流がどのような運命を辿るかは現状は不明である。
    • そちらの時間軸の後日談は映画『仮面ライダー_令和_ザ・ファースト・ジェネレーション』やVシネマ『仮面ライダージオウ NEXT TIME ゲイツ、マジェスティ』で描かれたが、飛流の真の顛末が明らかになる事はなかった。
    • ちなみに、劇場版ではツクヨミは仮面ライダーツクヨミの力を手に入れないまま物語が終わっているが、これについては洗脳のからくりである時間軸の混線により、「仮面ライダーになった可能性が混線した」為らしい。
    • TV本編ではウールアナザージオウがオーマジオウになる可能性を恐れられていたが、このアナザーライダーの登場で皮肉にも実現してしまった。
    • ジオウトリニティでもグランドジオウでもオーマフォームでもなく、いきなりオーマジオウをモデルとした姿へ進化したのは、ソウゴが大切な人を失った慟哭の果てに辿り着くのがオーマジオウであり、飛流自身も復讐に身を落とし過ぎて故に、誰とも絆を紡ごうとしなかったからであると考えられる。しかしその結果、仲間を携えオーマジオウの力を受け継いだソウゴと、当人の共闘を前に敗北したのは何とも皮肉である。
    • その他には「ジオウの直接の進化形態にあたるのがオーマジオウだから」、「オーマフォームに加えアナザードライブアナザーディケイドを飛流が知らず、グランドジオウやオーマフォームに準ずる姿になれなかったから」等の推察が上がっている。
  • これまでは何だかんだでスウォルツの計略の駒として動いており、犠牲者の1人であると言う見方も出来た飛流だが、今回の事件においてはタイムジャッカーどころかクォーツァーも直接は関わっておらず、ほぼ独断で動いている為に完全に救いようがない。「終に落ちるところまで落ちた」「ここまで馬鹿だと逆に笑える」「新世界でも救えないんじゃないか」「今後もしでかしそう」と言うファンからの意見も見られている。事実、昭和93年を宣言した場面では観客席から明らかに失笑が上がっていた。最終的には演者である佐久間悠から自身の演じたキャラに言いたい事としてソウゴが原因ではない事を伝えたい」と言われてしまう。
  • 尚、昭和版のオーマジオウとも言うべき存在であるにも関わらず、何故ストロンガー以降に出現したスカイライダーからBLACKまでのライドウォッチを集めなかったのかについては不明である(今回の計画に当たってクォーツァーのライダーを利用している為、RXからJまでのライドウォッチは所持している事は分かるが)。
    • これに関しては、オリジナルのオーマジオウも直接受け継がなかった筈の王蛇ウォッチや、エターナルウォッチ等の力を受け継いでいるので、同じような理屈なのかもしれない。
    • または飛流が存在を知らなかったのか、あるいはストロンガーで一旦仮面ライダーが終了した事が関係あると思われる。
    • 本家ジオウが変身するグランドジオウはドライブウォッチを正式な方法で継承しなかった経緯から、スウォルツに「オーマジオウもどき」と呼ばれていたが、姿形を含め、上述のライダーの力を受け継がなかった事や、昭和ライダーから認められて力を継承した訳でもない彼こそ、その言葉通りの存在だと言える。


関連タグ

仮面ライダージオウ アナザーライダー 加古川飛流 オーマジオウ 仮面ライダーバールクス
アナザージオウ アナザージオウⅡ

アナザーアルティメットクウガ:同じく強化フォームの力を持ったアナザーライダー。
アナザー1号:昭和ライダーのアナザーライダー。

アナザーディエンド→アナザーオーマジオウ→???

関連記事

親記事

アナザージオウ あなざーじおう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「アナザーオーマジオウ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 11523

コメント