ピクシブ百科事典

まるで成長していない

まるでせいちょうしていない

ひとつは全く成長していない人間の一般的な意味。  もうひとつは漫画『SLAM DUNK』における安西先生のモノローグ。
目次[非表示]

詳細

ここでは安西先生のモノローグを紹介する。

白髪鬼時代の教え子谷沢龍二から送られてきた、彼の出場した試合ビデオを見た際のモノローグ

安西は谷沢の才能に期待し、自らの監督人生の集大成として最高の選手に育て上げようと考えていた。
しかし白髪鬼と呼ばれていた頃の彼は非常に厳格で、教え子達に基礎を中心とした地道で過酷な練習法を課していた。谷沢に期待していた分、彼には特に厳しく接していた。
安西をよく知るメンバーからは「期待の現れ」と理解されていたが、谷沢はそんな安西の心情を理解できなかった。同時に安西も谷沢に対する練習の意味を具体的には伝えず、しかも上述したように当時の彼は「ほとんどヤクザ」と言われるほど高圧的で厳しい態度で接しておりそれが災いして谷沢との信頼関係を築けず、結果として安西の期待は伝わらなかった。
そのため師弟間にすれ違いが起き、反感を抱いた谷沢は安西はもちろん他のメンバーにすら何も告げる事なく、未熟なまま自分の力を試そうとアメリカへ留学してしまった。他のメンバー曰くその後の安西は元気をなくしていたといい、彼の想いを無碍にした谷沢の行動に反感を抱いていた。

それから一年後、試合のビデオが送られてきた。
そこにはヒゲを生やしアメリカのチームで悠然とプレーする谷沢の姿が映っていた。元気そうな谷沢の姿を見て安堵し、彼を見直す部のメンバーたち。
しかし安西がその姿を見て思わず心の中で呟いたのは…


まるで成長していない………


そう、基礎を疎かにしたために谷沢は大学時代から全く成長していなかったのである。
谷沢は確かに日本では規格外ではあったものの、アメリカには彼より大きく運動能力にも優れた選手はゴロゴロいた。
更に安西はビデオでの様子から、谷沢だけでなく彼の留学先で所属していたチームも各選手が勝手なスタンドプレーばかりに走り、全く纏まっていないことや谷沢が他の選手達や指導者とのコミュニケーションを全くとれていないことを直感していた。
このままでは谷沢が本当にダメになると危惧した安西はこのビデオを見た後すぐに谷沢を探して連れ戻そうとしたがこの頃の谷沢は日本の仲間達とも音信不通でどうにもならず、さらにはそこから留学先の大学やバスケットチームにすら顔を出さなくなってしまっており、その事実を知った安西は自分の不安が的中していた事を察するのだった。

それから数年が経ち、谷沢の同期達が卒業する頃。
安西はふと目にした新聞の記事から、谷沢が暴走運転の末に自動車事故を起こして帰らぬ人になった事を知り、愕然とする。
そして彼の弔問に訪れた安西は谷沢の母親から、谷沢の留学先のアパートから見つかったという安西宛に一旦書きながら投函できなかった手紙を手渡される。
その手紙には、留学に失敗した事で安西の心情と基礎の大切さをようやく理解したこと。「バスケの聖地アメリカに行けば」と信じていたが現実は何も変わらなかったこと。そしてそれらを理解しようとも先生の恩を仇で返すような事をしてしまったがために、日本に今更戻る事もできない谷沢の苦悶が、皮肉にも綴られていた。

こうして、谷沢は苦悩の果てに自暴自棄になった結果、安西と和解する事もできないまま、半ば自殺同然にこの世を去ってしまうという非常に後味の悪い結末を迎え、安西の心にも大きな影を落とす事となってしまった。
才能がある選手をうまく育てられず、半ば自分の指導方針も一因となってその未来を奪ってしまった安西が受けた衝撃はいかほどの物であったか、読者の我々には推し量るべくもない。

この一件に安西は責任を感じたのか大学バスケ界から身を引くが、選手育成の夢をあきらめきれないのか高校バスケ界に転がり込んでいた。
だが、そこにかつての「白髪鬼」の厳しい姿はなく、一見すればただの好々爺でしかない「白髪仏」の姿があった。
それは、信念あってのことと言うよりも「白髪鬼」としての指導が招いたことがトラウマになっていた故のことかもしれない。
しかし、その高校に現れた期待の新入生にはまだ未熟なまま才能が暴走しないよう具体的な目標やその意味を伝え、道を誤らないように言葉を掛けていた。

余談

このエピソードは、流川が海外へのバスケ留学への挑戦を切望し、安西の下へ相談に来た時、流川に断固として留学を反対した本当の理由として安西夫人から語られたものである。

留意すべきは、谷沢は楽して上手く強くなろうなどといい加減な考え方をしていたわけではななく、むしろ強い向上心を持ち、上手くなるために必死にもがいていたという点である。
すれ違いこそあれ、それは決して一方通行ではなく、安西は指導者として、谷沢は選手として共に未熟だったがゆえに起きてしまった悲劇なのである。

また、このトラウマは安西にとって大きく響いており、才ある若者へ期待するあまりに将来が潰れてしまう事を内心で非常に恐れており、桜木が試合中に選手生命にかかわる怪我を負った際は「わたしは監督失格です」とまでつぶやく程だった。

ネット上の使われ方

漫画内での彼のイメージを一新するようなインパクト抜群の展開だったこと、『スラムダンク』という漫画自体の知名度が高いこと、台詞自体の汎用性も非常に優れているという好条件の為、その浸透度は高い。
使われ方としては、相手への煽りや、何年も同じ主張をしている相手などに使われることが多い。
ただしこの手の台詞の常として台詞のみが一人歩きしてしまっているところがあり、この台詞をネタにしながら前述の重い背景までは知らないという者も珍しくない。

関連タグ

スラムダンク 安西先生 谷沢龍二 台詞 成長 過程 師弟 井の中の蛙井の中の蛙大海を知らず

関連記事

親記事

安西先生 あんざいせんせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「まるで成長していない」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「まるで成長していない」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4614767

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました