ピクシブ百科事典

まるで成長していない

まるでせいちょうしていない

漫画『SLAM DUNK』における安西先生のモノローグ。
目次[非表示]

白髪鬼時代の教え子谷沢から送られてきた、試合のビデオを見た際のモノローグ。

詳細

安西は教え子である谷沢の才能に期待していたのだが、白髪鬼と呼ばれていた頃の彼は非常に厳格で、基礎練習を重点的にした地道で過酷な練習法であり、谷沢に期待していた分あえて彼には特に厳しく接していた。
彼をよく知るメンバーからは「期待の表れ」だと理解されていたが、谷沢はそんな安西の心情が理解できず、同時に安西も谷沢に対する練習の意味や期待の伝え方を誤り、信頼関係を築けなかったことから、師弟間にすれ違いが起き、反感を抱いた谷沢は未熟なままにアメリカへ渡ってしまい、メンバー曰くその後の安西は元気をなくしていたという。

それから数年後、送られてきた試合のビデオに映っていたのは、基礎を疎かにしたために高校時代から全く成長していない谷沢の姿であり、後に安西の手に渡る谷沢の手紙には、皮肉にも海外留学に失敗してようやく安西の心情を理解した谷沢の苦悶が綴られていた。
この後、安西は必死に彼を探すも、その結果は非常に後味の悪い結果となり、白髪鬼と呼ばれた安西の厳しい姿は鳴りを潜めていくことになる。
才能がある生徒をうまく育てられず、つぶしてしまったとさえ見れる安西のその時の衝撃は、いかほどの物だったであろうか。

ネット上の使われ方

漫画内での彼のイメージを一新するようなインパクトが強い展開であったこともあり、漫画自体の知名度も高い為、その浸透度は高い。
使われ方としては、相手への煽りや、何年も同じ主張をしている相手などに使われることが多い。

関連タグ

スラムダンク 安西先生 台詞 成長 成長過程
貧乳

pixivに投稿された作品 pixivで「まるで成長していない」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2153721

コメント