ピクシブ百科事典

CV:中尾みち雄

概要

スラムダンク』の登場人物。
大学監督時代の安西先生の教え子であり、後述の理由で回想場面のみの登場。

2メートルの長身と優れた運動能力を持ち合わせた大学生であり、大学のバスケ部で将来を期待されていた。
当時は「白髪鬼(ホワイトヘアードデビル)」と呼ばれていた安西も谷沢を優秀な選手に育て上げようと厳しく指導していたが、当の谷沢には自由なプレーをさせずにチームプレイと基礎的な練習ばかりを徹底する安西に対して日頃から不満を募らせていた。
安西にしてみれば、谷沢の潜在的な能力に期待し「才能を開花させるため、今のうちにきっちり基礎を積み上げて身につけさせる」という計画で基礎を叩き込んでいたのだが、それを具体的に伝えずに高圧的で谷沢からヤクザと内心怯えさせながら指導し続けたため、信頼関係は築かれず擦れ違いによりギクシャクしていた(チームメイトたちは安西の意図を理解していたが)。
谷沢の方も決して怠惰な選手だったわけではなく、しっかりとした方法で自身の実力を向上させたいという真っ当な意欲を持ってはいたのだが、基礎を疎かにしてチームワークよりもスタンドプレーを優先する傾向が強かったため、安西の指導にはウンザリする一方であった。

それからほどなく自身の向上のためにバスケの本場であるアメリカへと留学するが、その際に安西は勿論、チームメイトにさえも誰にも告げる事なく旅立ってしまった。
これには流石の安西も落ち込み、安西の想いを理解していたチームメイトも、谷沢の突然の渡米に眉を顰めていた。

留学後は現地の大学のバスケ部に所属したものの、自分以上の体格とダッシュ力・ジャンプ力、その他運動能力が自分以上のものを持つ選手に数多く出会った上、能力に任せて基礎を疎かにしていた結果、自分が思っていたほど成長できることはなかった
更には留学先の監督とチームメイトもバスケに対してはいい加減で(実際に安西がアメリカで谷沢が所属していたチームの映像を見て「それぞれが勝手なプレーばかりでまるでまとまっていない。指導者はいったい何をやっとるんだ」と酷評する有様だった)、谷沢自身も英語力が不十分であったためにチーム内でのコミュニケーションがうまくいかず孤立状態であった。
それらの現実を突きつけられてようやく安西の指導の意味に気づいたものの、彼やかつてのチームメイトを裏切る形で渡米した負い目から、おめおめと日本に戻る事ができず、窮状を安西に伝える事さえできなかった。
そして、とうとう心が折れて留学先のバスケ部から姿を消してしまい、渡米から5年後に薬物に手を染めて暴走事故を起こして24歳の若さでこの世を去ってしまった。直接の描写はないが、おそらく自暴自棄によるものと思われる。
この事実を安西は谷沢の顛末が報じられた新聞記事を目にした事で知ったものの、安西は数年前に送られてきたビデオレターを観た時から谷沢の窮状を大まかに察しており、どうにかもう一度自分の許に戻ってきてもらおうと探していた最中だった。

安西は谷沢の墓参りに訪れた際に、彼の母から出せずにいた彼の手紙を預かる。日付は彼の死より4年前となっている。

「安西先生

いつかの先生の言葉が近ごろ、よく頭にうかびます。

『お前の為にチームがあるんじゃねえ、チームの為にお前がいるんだ』

ここでは誰も僕にパスをくれません。

先生やみんなに迷惑をかけておきながら、今おめおめと帰るわけにはいきません。

いつか僕のプレイでみんなに借りを返せるようになるまで、頑張るつもりです。

バスケットの国アメリカの、その空気を吸うだけで僕は高く跳べるとおもっていたのかなあ…」

この一連の出来事を機に、名将・安西は白髪鬼の名を置き去りに大学界を去ってしまった。
しかし、谷沢に掛けた夢が中途半端のままになっていたために、バスケと縁の浅い学校に転勤しても尚も、バスケ人生にピリオドを打てずにいた…
そして転勤から数年後、安西は2人の新入生に希望を託すこととなり、2人の才能が道を誤らないよう、その練習の意図や明確な目標を与え、見守っている。

関連タグ

スラムダンク 安西先生 まるで成長していない 井の中の蛙 不幸

関連記事

親記事

安西先生 あんざいせんせい

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「谷沢龍二」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 714

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました