ピクシブ百科事典

ZI-O

かめんらいだーじおう

特撮番組『仮面ライダージオウ』に登場する主人公ライダーのスペル表記。本項では、仮面ライダージオウの能力などについて記述する。
目次[非表示]

\ジオウ!/

「変身!」

ライダータイム! 仮面ライダージオウ!

ウォズ「祝え!全ライダーの力を受け継ぎ
 時空を超え、過去と未来をしろしめす時の王者!
 その名も仮面ライダージオウ!まさに生誕の瞬間である!」

「なんか…行ける気がする!!」

CV:奥野壮
スーツアクター:高岩成二岡田和也(Ep15)

概要

常磐ソウゴが、ジクウドライバーとジオウライドウォッチで変身する仮面ライダー
変身時や必殺技の待機状態では、ジクウドライバーにアナログ時計風のセグメント表示がなされている。

ジオウにとっての所謂基本フォームという位置付けで、平成二期の主役では唯一「~~フォーム」というような形態を示す名前が付けられていない。
各種アーマータイムジオウトリニティなどの派生フォームにはこのフォームから変身する。
ジオウⅡ劇場版限定フォームだけは変身にジオウライドウォッチを必要としないので、先にこのフォームになる必要性は薄く、以前にもよくあった使い分けを行っていくことになる。

容姿

仮面ライダージオウ by流セイヤ


モチーフは金属製の腕時計。パーソナルカラーは鎧部分は銀色、スーツは黒。

額には「カメン」の文字のライダーズクレストがあり、複眼にあたる部分はマゼンタの「ライダー」の文字になっている(EP01OP明けのテロップの横バナーには「ライダーの顔とおでこをよく見てね」とこのことを強調する文言があった)。

他にもカタカナ文字のモチーフが多く、足の裏側に「キック」、武器のジカンギレードには「ケン」「ジュウ」の文字がある。

変身ポーズとシークエンス

ジクウドライバーにジオウライドウォッチをセット、ボタンを押してジクウドライバーのロックを外し、仮面ライダーZX仮面ライダーブレイド、或いは時計の針のようなポーズを切ってから反時計回りに一回転させる。時折ベルトを中心に世界が一回転する演出がなされる。

ベルトのロックを外し変身ポーズを構える辺りから、ソウゴの後ろに半透明の大きな時計のエフェクトが現れるのが大きな特徴で、ベルトを回転させると、時計の針がジオウの頭にあるそれと同じ10時10分を指し時計の文字盤に「ライダー」の文字が出現。直後、ソウゴの周りを無数の金属製腕時計のバンドの輪の様なエフェクトが回転しジオウのスーツを装着。そして背後の「ライダー」の文字が文字盤からジオウの顔にセットされることで変身が完了する。

スペック

<
パンチ力8.2t
キック力19.0t
ジャンプ力30.2m(ひと跳び)
走力5.0秒(100m)

放送前は「最強の仮面ライダー」という触れ込みではあったものの、基本形態でのスペックは近年のライダーの中でもかなり控えめ。その為、ディケイドカブトのような基本形態の時点でチートと呼ぶには程遠い。
故に、ジオウが最強と呼ばれるのは変身者の成長とそれに見合う強化形態が登場してからとなる。

使用アイテム

ライドウォッチ

ジオウ


ライドウォッチで戦う、時計のライダーは…ジオウだ!

仮面ライダージオウへの変身やアーマータイム発動に用いるアイテム。
ブランクウォッチが、ソウゴの「最高最善の魔王になる」という気持ちを受けて覚醒した。
その後、変身用としてはジオウライドウォッチⅡジオウトリニティライドウォッチグランドジオウライドウォッチを入手。

レジェンドライドウォッチ
アナザーライダーを撃破するため、あるいはソウゴがオーマジオウとなるために必要な各平成ライダーのウォッチ。
本編で手に入れたウォッチはビルド、エグゼイド、フォーゼ、オーズ、タジャドルコンボ、鎧武、ディケイド、ブレイド、アギト、響鬼、キバ、カブト、電王の13個。
さらに『平成ジェネレーションズFOREVER』でダブルとクウガのウォッチを、『RIDER TIME 龍騎』で龍騎のウォッチを、『Over Quartzer』前半でドライブのウォッチを入手し、主役分で20個、サブライダー(クローズ、ゲンム、カリス、マッハ、ナイト)を合わせて25個のウォッチを継承することになった。

EP47でほとんどのライドウォッチは壊れてしまい、グランドジオウの力も失われていたが、LAST(第49話)において常磐順一郎がクウガからビルドまでの18個(ディケイドは壊れていなかった模様)を修理したことでグランドジオウウォッチも復活した。

ジカンギレード
専用武器である銃剣。

ライドストライカー
バイクライドウォッチから変形するバイク。

タイムマジーン
ロボに変形するタイムマシン。もとはツクヨミが使用していたもの。

アーマータイム

平成ライダーのライドウォッチで行うフォームチェンジ
ジオウがメインで使うものは腕の装備が大型な傾向がある。
特撮作品内では未登場の物もあるが、食玩商品ではクウガからビルドまで全ての平成ライダーのアーマーが商品化されておりジオウ版に関してはそのデザインが判明している。

「「勝利の法則は、決まった!」」


仮面ライダージオウ エグゼイドアーマー


「宇宙に、行くー!」


タカ!トラ!バッタ!


「花道で、オンパレードだぁ~!」


仮面ライダージオウ ゴーストアーマー


DECADE ARMOR


アーマータイムであると同時にジオウの第1の強化フォームでもある。

「さあ、お前の罪を-」


仮面ライダージオウ クウガアーマー



強化形態

詳細は各リンクを参照。

その名もジオウII


トリニティタイムブレーク!


『グランドジオウ』!



究極の時の王者


『劇場版 仮面ライダージオウOver Quartzer』に登場する劇場版限定フォームにして究極フォーム


必殺技

各アーマータイムで使用する必殺技は各アーマータイムの記事を参照。

  • タイムブレーク
足の裏に書いてあるのと同じ「キック」の文字を大量に出して敵を包囲して動きを封じ、その後文字を足の裏に収束させて飛び蹴りを放つ。
この時インジケーションアイと足の裏の文字が光るため、「ライダーキック」と読めるようになっている。
EP48ではジカンギレード ケンモードにエネルギーを纏わせた斬撃として使用した。

  • ジオウギリギリスラッシュ
ジカンギレード ケンモードにジオウライドウォッチを装着して発動。すれ違いざまに敵を切り裂く。
前々作のアイテムとは無関係、のはず。

  • フォーゼスレスレシューティング
EP15で使用。ランチャーモジュールのミサイルを発射した。

  • 鎧武ギリギリスラッシュ
EP18で使用。秘技ミカン斬りという名の居合い斬りを繰り出した。

  • ダブルスレスレシューティング
EP21で使用。風のエネルギーによる弾丸を発射した。

他作品での登場

仮面ライダービルドBe The One

エピローグで登場。
発表前につき映画公開当初はキャストが不明であった。詳しい活躍は下記を参照されたし。

ガンバライジング

ライダータイム1弾のトップバッターカードとしでLR アタッカータイプで参戦
上級プレイヤーの中でも使用率が高い。

ブットバソウル

ホット01にて登場する。

シティウォーズ

ゲイツと同時に参戦。
必殺技はゲームオリジナル技の「モーメントスラッシュタイム」。本編第一話でアナザービルドに放った「ジオウギリギリスラッシュ」に似た、ジカンギレード ケンモードで斬りつける技なのだが「タイムチャージ!」のようなSEが鳴らないので雰囲気は少し寂しい。
しかし発生の速度は全ライダー中一位であるため、特効無しでのタイムバトルやレイドバトルでは必須級のキャラとなっている。
ビルドアーマーやエグゼイドアーマー、ディケイドアーマーなどのアーマータイムも多数登場している。

パズル&ドラゴンズ

劇場作品「仮面ライダー平成ジェネレションズFOREVER」の公開を記念して行われた仮面ライダーコラボ内においてと仮面ライダーストロンガーと共にショップにてドロップアイテムと交換できるモンスターとして実装された。

余談

pixivでは

誰が何と言おうと「仮面ライダー」であると主張するそのデザインは初見のインパクトがすごい。Pixivではジオウ自身の他、ジオウ風にキャラクターの顔に文字を書いたイラストが投稿されている。

カンムス ターイム!
HUGっと!ジオウライド!



実のところ、当初はメカニカルで比較的シンプルなデザインとなる予定だったが、それだと歴代平成ライダーと並んだ際に没個性気味になってしまうため、デザイナーの提案により大胆にも文字の要素が取り入れられた。

ちなみに、

その時不思議なことが起こった!
仮面ライダーバールクス


本当に「その時不思議な事が起こった」ようだ。

名前について

ウォズが「者」と発言しているほか、視聴者からは「ディケイド同様に20からとって「2」=「ジ」、「0」=「オー」」(ちなみに、触覚部分が示している「10時10分」も足せば20になる)「次の王」「王子の逆」「The⦅ジ⦆・王」などと推測されている。
また「ZI-O」の表記は逆から読むと、文字盤の時間を表す「0-12」とも読める。ジクウドライバーが逆回転で使われる事も含めると、偶然というわけではないのだろう。

最近の主役ライダーは名前の意味が容易に推測できたり自分から由来を口走ったりしている例が多く、このようにネーミングが多重だったり視聴者の間でネーミング談義が起こるような例は珍しいと言える。

The Next Decade
祝え!新たなる王の誕生を!


同じく記念作品である仮面ライダーディケイド以来の、基本形態にフォーム名がない主役ライダーである。

魔王の片鱗

EP01の最後~EP02冒頭でのゲイツとの戦闘ではまだ戦いに不慣れだったためか負けており、EP07でのアナザーウィザードをめぐる対立時も勝負がつかなかった。
しかしEP09でソウゴが檀黎斗王/アナザーオーズの家来になった際、ゲイツの攻撃を変身やアーマータイムに利用する等、今までとは打って変わって冷静で無駄のない動きでゲイツを追い詰め、変身解除にまで追い込んでいる。

モチーフ?

セイコーホールディングス
日本の腕時計メーカーの一つ。腕時計の銀縁やベルトのデザイン等がよく似ている。

かつて、SEIKO QUARTZ TYPE II(セイコー クォーツタイプⅡ)という時計が存在しており、ある意味、ジオウIIの名称の元ネタである。

特に高級腕時計ブランドの「グランドセイコー」は、グランド(grand)の意味を翻訳すると、「雄大な、壮大な、盛大な、豪奢な、華やかな、威厳のある、堂々とした、偉い、遠大な、崇高な」という意味であり、グランドジオウの名称もそこから取られたと思われる。

また、時計の歴史的事件として「クォーツショック(英名:クォーツクライシス)」を引き起こしたのもSEIKOである。1969年「クォーツショック」は、海外の時計メーカーに大打撃を与えた事件であり、海外の時計メーカーの威厳を徹底的に叩き潰してしまった事件としても知られている。この事件で海外の時計メーカーは大半が潰れる状態になり、大手企業は休眠状態に追いやられる程の事件であったとされる(更に2019年はクォーツショックから50年後でもある)ソウゴ/ジオウの魔王じみた能力は、この歴史がモチーフになっているのだろう。

(そして英名が、ジオウ映画相手する敵モチーフ元敵組織名と似ているのは、何かの偶然だろうか?)

尚、ウォズの名前モチーフ繋がり関連ではあるが、Appleの創業者の一人、スティーブ・ジョブズ氏は、セイコーの時計を愛用していた。

決めポーズ?

作品のメインビジュアルや各種商品、グランドジオウのレリーフではジオウが左手の人差し指と親指を直角に立て、時計の針が三時を示す長針と短針を模したようなポーズを決めている事が多いが、実は劇中でソウゴやジオウがこういうポーズをした事は殆どない。劇中でソウゴ・ジオウが見せる象徴的なポーズは変身前に取るポーズぐらいであり、今のところ(本編と関係のあるもので)ジオウがこのポーズをとったのはファイナルステージの一度きりである。
なお、指の形に関しては本編ではアナザージオウディケイドジオウが一瞬だけそれっぽいポーズを取っている(あくまで指の形のみ)。パチモンがやっている中で本人はやっていないという状況でいいのであろうか・・・
ちなみにポーズとしては左右どちらでもOKなようで、右手で行っている事もある(左右逆になるので示す時間は九時になる)。

関連タグ

仮面ライダージオウ 仮面ライダーゲイツ 仮面ライダーウォズ 仮面ライダーツクヨミ オーマジオウ アナザージオウ
時間 時計 魔王 カタカナ

チートライダー  魔王ライダー もう全部あいつ一人でいいんじゃないかな

ジオウ 時の王者


仮面ライダーディケイド:平成ライダー作品の記念ライダーの先輩。主戦術として歴代平成ライダーの力を用いて戦うという点や、「最低最悪の魔王と化す」「世界の破壊者」「悪魔」など不穏な要素を背負ってい点も共通している。
第13話からジオウ本編にも登場し、強化されたベルトの力で猛威を振るって敵対する一方、ジオウたちに自分の力を持つウォッチを提供するなど、謎めいた立ち回りをしている。

仮面ライダー電王:専用マシンで時をかける能力、「王」という字が名前入っている点も共通する。劇場版と本編のそれぞれでジオウと共演しているほか、電王を基にしたアナザーライダーが両方に登場したりしている。

ディケイドジオウ新たな力を手に入れたディケイドがジオウにカメンライドした姿。

主役ライダー
ビルドジオウゼロワン/ゼロツー

○号ライダー
ジオウ(1号) → ゲイツ(2号)

関連記事

親記事

常磐ソウゴ ときわそうご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ZI-O」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1379830

コメント