ピクシブ百科事典

仮面ライダーゾンジス

かめんらいだーぞんじす

特撮映画『劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer』に登場する劇場版限定の仮面ライダー。
目次[非表示]

「ジオウか……俺が潰す!」

\ゾンジス!/

「変身!!」

ライダータイム!
仮面ライダーゾンジスー!

「ぬうぅぅ……ふんッ!」


演/CV:パパイヤ鈴木

概要

『劇場版仮面ライダージオウ Over Quartzer』に登場する劇場版限定ライダー
「歴史の管理者」クォーツァーの1人・カゲンジクウドライバーとゾンジスライドウォッチで変身する。
他のクォーツァーのライダーと違い専用武器は存在しないが、攻撃を受けてもびくともしない防御とパワフルな怪力を誇るパワーファイターである。

モチーフはネオライダーの3人であり、名前も3人を合成したアナグラム(※SIN+ZO+J→ZONJIS)。
※シンの綴りはディケイドライダーカードでは「SHIN」だったが、今回は「SIN」(英語で原罪)扱いとなっている模様
また、固有の武器を持たない点も共通している。

変身時には仮面ライダーJの決めポーズである「Jサイン(右手親指と人差し指でアルファベットの『J』を作る)」の動作を行う(しっかり「J」の赤文字がオーバーラップする)。

背後に現れる時計は植物のような形で、ZOと同じエフェクトで姿が変わる。

スペック

身長207.1cm
体重129.2kg
パンチ力46.2t
キック力86.8t
ジャンプ力一跳び92.2m
走力100mを1.6秒


容姿

仮面ライダーゾンジス


メインカラーは黄緑。
他のジクウドライバーで変身する仮面ライダーと違い、バッタを思わせる生物的なデザインが特徴であり、顔はJ、身体はシン、足の葉脈はZOを連想させる。
だが、両肩から伸びる突起物は、前述のモチーフ元に見受けられない要素であり、これはZOのドラスをモチーフにしている可能性がある。
頭部の時計の針の意匠は、ジオウやバールクスより少し上を向いたものになっている。

他の2人と同じく金色の歯車の意匠があり、上半身は非常に長い黒マントで覆われている。
また、変身時の一瞬しか確認できないが、口元にはZOと同じクラッシャーがあり、変身完了時に開閉する。

変身するカゲンの体格からか、他のクォーツァー所属の仮面ライダーと比べ、心なし手足が太くマッシブに見える。

ドライバーのウィンドウはゲイツリバイブ等と同じ、「0000」と表示されている。

使用アイテム

ゾンジスライドウォッチ

ゾンジス


その姿はシン!? ZO!? J!? 悪のライダーは……ゾンジスだ!

仮面ライダーゾンジスの力を宿したライドウォッチ。
ライダーズクレストは「カメン」、西暦表示は「0000」。

レジェンドライダーのライドウォッチ

シンZOJの3つ。
起動する事で原作のライダーの能力を使用する事が出来る。
入手先は不明だが恐らく風祭真麻生勝瀬川耕司から奪ったと思われる。
ただし、アナザー1号のアナザー1号ライドウォッチの誕生経緯などを考えると、平成ライダーが持つ真・ZO・Jの要素から作り出すことも可能かと思われる(実際、真は『アギト』のギルスのモチーフの1つであるなど、メタ的にネオライダーの影響を受けた作品は多い)。

必殺技

ゾンジスタイムブレーク
飛び蹴りを放つ。

余談

ダンサーであるパパイヤ鈴木氏を変身者へと配役したのは、全仮面ライダーでもダントツの「泥臭く荒々しい獣の様な戦い方」であるシンへの皮肉とも取れる。
名前をゾンジズと誤字っている書籍等もある。

関連記事

仮面ライダージオウ Over_Quartzer
カゲン ネオライダー































劇中における活躍(ネタバレ注意)

タイムマジーンで1575年に飛んだ常磐ソウゴ達の前に、武田軍の忍者集団を引き連れて現れたカゲンが変身。途中から参戦したザモナスと共にジオウ達と戦う。

その後、全てのライドウォッチを集めたソウゴ達の前に、他のクォーツァーと共に再び現れ、ソウゴに真実を告げ監禁する。

最後はジオウ・オーマフォーム仮面ライダーバールクスが交戦する中、集結した平成ライダーの最強フォームの必殺技を立て続けに受けて、ザモナスと共に撃破された。


























「令和は……俺が作る…!」

……と思われていたが何とか生き残っており、僅かに残ったカッシーン達を引き連れ「令和」の時代を自ら作るべく再起を図っていた。が、

ジャンプ!
ライジングホッパー!!

その音声と共に頭上を跳び超え、勢い余って行く手の倉庫に突っ込んだ謎の仮面ライダーが立ちふさがる。

「何だ、キサマは!?」
「俺の名はゼロワン! 令和1番目の仮面ライダーだ!」

名乗りを上げた令和1号・仮面ライダーゼロワンに「その歴史はここで終わる!」とカッシーンを差し向けるが、俊敏なフットワークで翻弄された挙句殲滅され、自身も強烈な一撃を受けて吹き飛ぶ。
が、倒れた先にはバールクスが落としたロボライダーウォッチが転がっており、それを拾ったゾンジスはロボライダーの力を起動。
観音開きに展開した胸部から複数の追尾ミサイルを放ったが敵わず、ゼロワンがフォームチェンジしたフライングファルコンの機動力に振り切られて、全ミサイルを撃墜され、

「俺の歴史は! ここから始まるんだよォッ!!」

啖呵と共に返す刀で繰り出されたフライングインパクトを受け、大爆発の中に消え去る結末を辿った。

終盤における余談

  • ロボライダーにはミサイルを発射する能力は無く(オーディオコメンタリーで田崎監督にツッコまれている)、この様な演出は佛田監督によると、火球やミサイルを出す事が好きな演出家・杉原輝昭氏によるものらしい。
    • この「公式見解」の発表前は、ロボライダーにはミサイルを発射する能力は無く、何故そのような演出になったのかは不明な事から「配色繋がりで『行け!グリーンマン』からネタを持って来た」「ドラスの要素とフォッグ・マザー要素から」などの推論がファンの間で飛び交っていた。
    • 尚、ジオウの方もアーマータイム時に原典のライダーとは異なる技を出しており、劇中ではそれと同じくカゲンがロボライダーの詳細を知らなかった為、この様な能力を発揮したのかもしれない。
    • 元来ゾンジスが「J」、バールクスが「ロボライダー」のライドウォッチを所有していたが、あちらが使用した場合にどんな能力が発現していたのかは不明。


  • もし、時代が平成から令和に引き継がれていなかった場合、生き残ったゾンジスの前にゼロワンは現れない事になる。その為、ゼロワンに遭遇しなかったゾンジスが後々、生き残りのクォーツァー達と共にオーマジオウを倒すべく、生き残りの人々と共にレジスタンスを結成したのではないか』とファンからは推測されている(ちなみに「オーマジオウを魔王に仕立て上げた」と言う説は公式から否定されている。だが、クォーツァーの残党がレジスタンスに、何らかの技術支援を行った事は容易に予想できる)。



































































































































































この先、仮面ライダーゼロワンの物語の根幹を揺るがす深刻なネタバレが多分に含まれます。閲覧の際はご注意ください。


































































































































































更なる余談(『仮面ライダーゼロワン』最終盤におけるネタバレにつき要注意)

...と、こうしてみるとこのゾンジスとゼロワンの戦いは「平成から令和への世代交代の象徴」というべきものであり、『ジオウ』世界においてゾンジスは「時代が前進するにあたって越えなければならない壁」といった描かれ方をしているのが分かる。
つまりこのゾンジスがいる限り平成は終わらず、ゼロワンの物語も始まらないのである。

勿論当初はそのようなことなど、作中・現実含め誰も望んでおらず、ゾンジスを倒すゼロワンの姿は新時代の開幕を告げる一種の号砲として、多くのファンを歓喜させた。

しかし、そのゼロワンは最終盤にてあろうことかメインヒロイン完全に退場し、そのせいで主人公が自らの意思で悪と化すことを選び、ラスボスとなる」という前代未聞過ぎる超展開に突入してしまう。

巨悪への対抗策を唯一保持していた主人公を失い、かといってその主人公を正気に戻す手立ても存在しないという嘗てない程の鬱展開に阿鼻叫喚に陥る視聴者が続出。

ゼロワンが始まらない漫画



いつしか※「ゾンジスがゼロワンを倒せばまだ平和だったかもしれない」「こんなことになるならずっと平成で良かった」という声が多くあげられるようになっていき、ついには敵キャラであるはずのゾンジスを救世主扱いするというなんとも混沌とした事態が起こるのだった...

※さらに言うと、これらのゼロワンに対する、ある意味失望とも取れる声は年明けの時点から既に声が上がっていた。

関連記事

親記事

カゲン かげん

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーゾンジス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173433

コメント