ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

キングストーンから生成されるのスティック。別名を光子リボルケイン(光子剣の名称は竹書房刊「仮面ライダー画法」にて確認)。

RXのの源であるキングストーン「太陽の石」から、光粒子を凝縮されて形成される光のスティック
メタルヒーローシリーズにおけるレーザーブレードのような武器として使われ、RXキックに大ダメージを与えた後に展開され、とどめの必殺技リボルクラッシュを放つ。
敵にトドメを刺す際の最後の決め技として使う必殺武器であり、基本的に通常戦闘で使うことはあまりない。
「取り出す時」=「敵を倒す時」という物語の最後に放つ必殺の大技なのである。
当時の撮影時は、この棒に光学合成でを合成したものと、蛍光灯を改造したもの二種を使い分けて撮影していた。

斬撃も一応可能(最終回ではクライシス皇帝触手をぶった切っていた)ではあるが、これでチャンバラ戦闘を行うことは滅多に無い(RXの剣術が非常に優れているので、繰り出した直後の一撃で相手の武器は弾き飛ばされてしまう)。基本的にチャンバラをする時や相手を切り裂いて倒す際は、バイオライダーに変身し、より切断力の高い斬撃用武器である「バイオブレード」に切り替えてから戦う。ロストヒーローズシリーズではスパークカッターとは別にすれ違い様にリボルケインで敵を斬る「リボルケインスラッシュ」という技がある。
設定上は、刀身にあたる発光部からビームを発射したり、状に変形させる事が可能(そもそも「ケイン」とは乗馬用の鞭をさす言葉であり、ライダーバイクに乗るヒーローという連想から生まれた名称と推定される)だが劇中未使用である。

また、後述する平成シリーズからもわかるように、単に棍棒として使用される事もあり、原作では水の城の設備を叩き壊していた他、百目婆ァ戦では投擲、ガデゾーン戦では刀身でビームを弾くといった芸当を披露している。

ざっくり纏めるとこれ一つで斬撃・打撃・投擲・刺突・捕縛・射撃・防御の全てが可能なのであり、RXのチートさの証明にもなっている。


ところが…。

アメリカでリメイクされた『Masked Rider』やガンバライドなどではリボルクラッシュが規制に引っ掛かるため、Masked Riderでは刀身からのビームが必殺技として使用され、ガンバライドでは突いてから相手が吹っ飛ぶ、クライマックスヒーローズシリーズなどではカメラワークで直接刺していないように見せている(しかし、ガンバライジングでは一瞬刺した所を写す以外では演出を再現している)。
その他、OVA版「SDライダーズ」でもさそり男蜘蛛男を真っ二つに切り裂いていた。

仮面ライダーディケイド』に客演した際も使用……したのだが、全く光っておらず唯の金属のと化していた為にファンの落胆を買った。
劇場版ではちゃんと光ってた(しかもよく見るとガラガランダをブッ刺している)のに!
しかも、基本的に相手が武器持ちの場合か必殺技の時にだけ使っていたのに、武器持ちが殆どデフォルトになりはじめていた平成ライダーに合わせてか、ブンブン振り回している。
もっとも『ディケイド』版のRX=南光太郎は設定上、原典のRXとは明確な別人設定であり同一人物ではない。また、体のカラーリングが違ったりゴルゴム怪人を知らなかったりそもそもリボルケインの出る場所が違うなど明らかに本編のRXと設定的な相違点が見られる為、戦闘スタイルが大幅に違う事も別人である上での必然なのかもしれない。

平成ライダー対昭和ライダー 仮面ライダー大戦 feat.スーパー戦隊』では、抜いた後に刀身を手でなぞって発光させるという、宇宙刑事のレーザーブレードのような芸当を披露した。ちなみにリーチの差でバロンのバナスピアーに負けている。

仮面ライダージオウ Over Quartzer』では、RXをモチーフにしている仮面ライダーバールクスの必殺技として登場。

関連タグ

仮面ライダーBLACKRX
リボルクラッシュ 一欠
相手は死ぬ ライトセイバー 杖術
ライダーウェポン

仮面ライダーバールクス:同名の剣を武器として使用する。

関連記事

親記事

BLACKRX ぶらっくあーるえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「リボルケイン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1260515

コメント