ピクシブ百科事典

目次[非表示]

「早瀬五郎とは昔の名だ。今の俺の名は、ショッカーの幹部さそり男!」

CV:池水通洋(原作第3話)/梶哲也劇場版)/ 大塚明夫AZITO2)/江川央生仮面ライダーSD
人間態(早瀬五郎):渚健二
スーツアクター:佐野房信

概要

ショッカーに所属する改造人間で、人間体は早瀬五郎という人物。
身長185㎝、体重94㎏。鳴き声は「シュシュシュッ」。
早瀬は元々本郷猛の親友だったのだが、完璧超人すぎる本郷にコンプレックスを持っていた為自ら進んでショッカーの改造人間になってしまった(ある意味シャドームーンの先駆けともいえる)。

小型の人喰いサソリを操ってショッカーの奴隷人間を虐殺し、生き延びた伊藤老人を使って本郷を基地に招き入れた。
武器は左腕の電磁バサミで、配下の戦闘員との連帯プレーや大量の人喰いサソリにより敵を攪乱する戦法を得意としている。

緑川ルリ子を拉致し、基地の中で仮面ライダー1号と戦うが、自身が本郷を騙す際に天井に空けたから逃げられてしまう。

その後ライダーをショッカー基地の敷地内にあると思われる砂地に誘い込み、戦闘員共々の中に隠れて機を伺うが、Oシグナルで探知したのか戦闘員一人一人を狙いすました攻撃により各個撃破される。
そして最期はライダーシザースで止めを刺され、死体は赤い液体と化し、泡となって消滅した。

再生

しかし第13話「トカゲロンと怪人軍団」にて再登場。
再生蝙蝠男と共に原子力研究所を襲撃するも、バーリアに阻まれて退散。首領に「弱音を吐くな!」と雷を落とされた。
その後はほかの再生怪人と共に1号に襲い掛かるも投げ飛ばされただけで死亡。再生怪人の中では一番最初に死亡した。
このほかにも、劇場映画「仮面ライダー対ショッカー」にも登場した。
ちなみに、第3話の時点ではまだベルトを付けておらず、13話で初めてベルトが付けられた。

なお、さそり男の素体となった早瀬五郎のように主人公の友人を改造して制作されたという設定で後に登場する改造人間ガルマジロンライオンサンダー撃破後に描かれた主人公の悲壮感は、さそり男戦後には描かれておらず、劇中での本郷の心情は不明であったが、後に描かれた新・仮面ライダーSPIRITSでその部分のフォローがなされた。

この旧1号編はTV版4話の直後からスタートしており、この時点で本郷は「自分は強くない」と吐露している。TV版5話後にはさそり男含む怪人たちとの戦いを「地獄」と評して隠し切れないほどの疲労をにじませ、TV版12話後にはそれを見抜いた立花藤兵衛から「ショッカーの怪人は犠牲者ばかりではなく、早瀬の様に自ら望んで悪へと走る者もいる」と諭される(奇しくも、この直前に戦った怪人は早瀬同様進んでショッカーに協力した人物を素体にしていた)など、本郷に深い影を落とす要因となっていた。

また、同マンガ内において死神博士の要請を受け、ゲバコンドルによるFBI捜査官襲撃作戦と並行で、第二期強化改造人間(ショッカーライダーのプロトタイプ制作)の資材として他の再生怪人たちと共に、ショッカーの被害者たちの訴えを聴いて独自の調査を行っていた一文字隼人の拉致に貢献していたことや、度重なる改造により、もはや人間、早瀬五郎としての記憶が薄れていき、改造された体に馴染み始め、既に本郷に対する憎しみしか残っていないような描写が付け加えられている。

「この毒と鋏が俺の全てだ!!」

そしてTV版第13話における再生怪人軍団との対決中に早瀬へ再度説得を試みた本郷は、「人間だった頃の記憶などなんの意味がある!」と言い返されたことで既に彼は怪人なのだと悟り、迷いを振り切ってショッカーと戦う決意を新たにするシーンが描かれた。

その他の作品について

仮面ライダーSDOVA

グランショッカー怪人として登場。なぜかリアル頭身で描かれている。
冒頭で怪人生産プラントを建造するも、マイティライダーズ(1号ZXRX)の襲撃を受けて基地は壊滅。逃げられないことを悟りRXを道連れにしようとするもリボルケイン滅多切りにされてしまい、「勝ったと思うなよ! グランショッカーは永遠に不滅だ!」と叫び爆死した。

スーパーヒーロー大戦

大ショッカーの幹部として登場。
最終決戦では仮面ライダーバースプロトバースの射撃で崖から落っこちた所を仮面ライダーオーズメダジャリバー斬撃イソギンジャガーゴースター冥府神ダゴンと共に倒された。

スーパーヒーロー大戦Z

スペースショッカーのメンバーとして登場。
スペース蜘蛛男配下の怪人として行動した。
最後は仮面ライダー響鬼と戦ったが、音激打で全身火だるまになった。サソリに似た魔化魍ノツゴ斬鬼が止めを刺したことの意趣返しだろうか?

仮面ライダー大戦

バダン配下の怪人として地獄の底から蘇り、ギリザメスサボテグロンなどと共にメガ・リバース計画に参加する。
バダン怪人と聞くと「魂の無い抜け殻」を想像するがそもそも初代ライダーの13話の時点で人間としての記憶が薄れている為抜け殻状態でもあまり変わらないと思われる。

スーパーヒーロー作戦 ダイダルの野望

ゴルゴムの中級幹部として登場した。

島本版スカルマン

蠍男名義で登場。原典と比べてより蠍らしい外見になっており、十字状の窪みに首を出し入れ可能。
主な武器は尻尾の毒針で、小型の蠍を複数体従えて暗殺に利用する。さらに巨大化した蠍そのものともいうべき第二形態への変身能力を備えている。
その正体は、スカルマンこと千里竜生にライバル心を燃やす綾瀬五郎が改造人間になった姿だが、黒幕の正体について勝ったら教えてやると言いつつもうっかりバラすあたり、どこか抜けている。
最期はスカルマンの電撃で焼き尽くされて敗北した。

余談

原作者石ノ森章太郎氏による、蠍の尾が生えた姿(あえて例えると親父顔のサソリブラウンのような姿)のコンセプトデザインと最も違う姿で登場した怪人である。

造形を担当したエキスプロの美術スタッフ高橋章氏によって、頭部に意匠が集中したスタイリッシュな怪人としてアレンジされ、特に口腔を排水溝の蓋のよう(*)と称される処理の評価が高い。

後に平成ライダーの怪人デザインを担当した造形作家の韮沢靖氏は、オマージュした造形作品においても口腔のデザインを踏襲し、解説で言及した。またゲーム『真・女神転生Ⅲ』のデザイナー金子一馬氏によると、妖鬼スイキのデザインはオマージュであるという。

関連イラスト

ショッカー
仮面ライダー/怪人さそり男 Red Ver.



関連タグ

仮面ライダー ショッカー怪人  改造人間
…口の形として揶揄される。
クモ、コウモリ、サソリ  当記事の怪人をふくむ第1作の3体が原点となった、ライダーシリーズ序盤の定番怪人。
早瀬明…同姓の平成二期第6作の登場人物で主人公の友人。

さそり怪人

太字表記は幹部怪人

昭和ライダー

サソリトカゲス ドクトルG サソリジェロニモ サソリ奇械人 サソランジン 毒サソリ男/サソリガドラス

平成一期

ゴ・ザザル・バ スコーピオンロード スコーピオンオルフェノク スコーピオンアンデッド ティターン スコルピオワーム スコーピオンイマジン

平成二期

鎧武者怪人 スコーピオン・ゾディアーツ マンティコア(ファントム)

主人公の知人が素体のライダー怪人

昭和ライダー

プロペラカブト ガルマジロン ライオンサンダー シャドームーン

平成一期

パールシェルファンガイア 大神官ビシュム

平成二期

園咲家 ティーレックス・ドーパント T2バイオレンス・ドーパント T2アイスエイジ・ドーパント ジェミニ・ゾディアーツ ビャッコインベス ストロングスマッシュハザード CDロストスマッシュ アナザー響鬼

令和ライダー

ネコメギド

サソリモチーフの仮面ライダー

神代剣/仮面ライダーサソード
バースCLAWs・サソリ
/仮面ライダー滅スティングスコーピオン

平成ライダーにおける「いつものメンバー」

サボテグロン ゴースター ザンジオー ジャガーマン 毒トカゲ男 ギリザメス シオマネキング

関連記事

親記事

ショッカー怪人 しょっかーかいじん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「さそり男」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34276

コメント