ピクシブ百科事典

プロペラカブト

ぷろぺらかぶと

プロペラカブトとは、風見志郎の知人・黒田狂一がデストロンの手により改造人間へと生まれ変わった姿である。
目次[非表示]

「オレはデストロン無敵の新怪人、プロペラカブトだ!!」
CV/八代駿

概要

仮面ライダーV3』第23話「恐怖! 墓場から来た吸血男」に登場。
風見志郎の知人・黒田狂一をベースに外国産オオカブトムシプロペラ機の能力を組み込んで製造された機械合成怪人。鳴き声は「ペェラー!」

うら若き女性生血をエネルギー源としている吸血怪人で、アジト付近を通りかかる若い男女たちを男性デストロン戦闘員の素体用スペア人間として、女性は自身のエネルギー源補給の為の食料として無差別に拉致していた。

普段は狂一の姿でノイローゼを装いの幸子と共に畔にある自身の別荘で病気の療養の不利をして潜伏している。
なお、狂一の記憶はある程度残っているようだが、既に身もも完全な怪人と化してしまっている。

妹はの正体に全く気付かず、兄の回復を信じて献身的に看病をしていたが、たまたま近くに遊びに来ていた志郎たちによって自身の正体や事件の詳細が妹に明るみになり、ドクトルGの命により実の妹にも手を掛けようとするが駆けつけたV3に阻まれる。

その後、V3と最終決戦を展開し、激しい防戦の末に最後は『V3反転キック』を受け爆死した。

能力

左腕に装着された切れ味抜群のプロペラを飛ばして敵を攻撃する。
また、自身が巨大なプロペラへと化身して敵に体当たり攻撃を加えることも可能である。

客演情報

仮面ライダーSPIRITS』では蘇ったドクトルGと共に高知県を襲撃して支配下に置き、市民を奴隷のようにこき使ってサタンニウム採掘を行っていた。鉱山に殴り込みをかけたV3を襲撃するものの、レッドボーンリングに巻き込まれて他のデストロン怪人たちと共に撃破された。

余談

モチーフになったカブトムシは、角の形からコーカサスオオカブトアトラスオオカブトであると思われる。ただし70年代当時の外国産カブトムシの区分は曖昧で、コーカサスもアトラスも単にオオカブトムシとよばれていた。

関連項目

機械合成怪人 デストロン怪人 カブトムシ プロペラ

さそり男 ガルマジロン ライオンサンダー シャドームーン 奇械人スパーク ティーレックス・ドーパント ヘキジャインベス→主人公の知り合いが怪人化した関連で
武装頭脳軍ボルト・・・・こちらは友人が敵に回ってしまったキャラ

pixivに投稿された作品 pixivで「プロペラカブト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 665

コメント