ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

60mm~130mm程のサイズの、アジアで最大のカブトムシ。古い書籍では単に「オオカブトムシ」と記されているものもあり、最近は学名が変更されたことに伴い「キロンオオカブト」とも呼ばれる。
旧学名の「コーカサス」はギリシャ語で「白い雪」という意味で、上翅の金属光沢を雪に見たてて名付けられた。その名の通り全身に美しい黒艶があり、特に上翅は青緑~赤銅の強い金属光沢を帯びる。学名の「キロン」はギリシャ神話に登場するケンタウロス族の賢者ケイローンに由来。
3本の角を持つカブトムシ(正確には大きく湾曲する左右の胸角の間に小さい角が1本あるので4本だが)で、英名はそのまんま「Three horn Beetle」。
東南アジアに生息し、その地域ごとに「ジャワコーカサス(ジャワ島産。産頭角先端にアトラスオオカブトのような山形突起がある)」「スマトラコーカサス(スマトラ島、トゥアンク島、ニアス島産。胸部がややすぼまり角が直線的に延び体長が最も大きい)」「マレーコーカサス(マレー半島産。全体的に体幅があり胸角が強く湾曲する)」「タイリクコーカサス(ミャンマー、タイ、カンボジア、ベトナムなどに生息。マレー産より胸角の湾曲が弱い)」など複数の亜種に分けられている。なお基亜種となるのは「ジャワコーカサス」。

前胸部と前翅の付け根部分の間は爪切りのように鋭くなっており、指を挟まれると痛いどころか皮膚を切断される危険すらある。しかもこの付け根部分は触られると反射的に閉じる性質を持っているので、コーカサスオオカブトに触る時はこの部分は極力避けよう。脚の爪も鋭く力強い。
凶暴なカブトムシの代表格ともいえる種であり、成虫は愚か幼虫ですら非常に気性が荒い。
成虫になると喧嘩の相手はもちろん、メスだろうが容赦なく殺す上(メスも気性が荒い)、触れるもの全てに攻撃的反応を示すことから殺した相手の死骸に延々と攻撃し続けることもある。
2匹以上を同じケースに入れると9割方喧嘩するので、飼育下での交尾には少しコツがいる。

日本でもジャワ亜種は比較的安価で購入しやすいが、自然界での生態はまだわかっていないことが多い。

成虫の飼育はサイズと気性の荒さから1ケース1頭で行った方が良い。
繁殖させて幼虫を大きく育てるのは大量の餌があれば容易だが胸角が十分に伸びた野外産と遜色ないような個体を羽化させるのは中々難しく、その野外産が安価で購入できコストに見合わないことからブリーダー人気はイマイチ。
ジャワ亜種と大陸亜種は比較的長角型になりやすいといわれる。飼育で羽化させた成虫は体にスレ傷などもなく金属光沢が際立って美しい。

近縁種にアトラスオオカブトモーレンカンプオオカブトエンガノオオカブトがいる。

昆虫相撲において

3本の角を振りかざして突進する様は迫力があり、安価なため昆虫相撲でも引っ張りだこ。気性が荒くパワーも強いため、古い図鑑では世界最強のカブトムシと紹介される事が多かった。
ヘラクレスオオカブトとどちらが強いかでよく議論され、TVの企画などで実際に対決することもあるが、リーチの問題で勝率は低い。上向きの頭角が相手を挟みにくいので相手の下に角を潜り込ませるのが得意な日本のカブトムシに負ける事もある。
しかし前述の通りのパワーと角の形から、一度角が「入って」しまうとそのまま相手を振り落とすこともできずに締め上げ続け殺害してしまう事も。
また長い符節は老化すると真っ先に欠落するため、熱心なコレクターは成虫が綺麗なうちにシメて標本にしてしまう場合もある。
しかし尚、このイカした三本角の超かっこいいフォルムと荒々しい性質で世の男の子達の憧れを惹きつけてやまない不動の人気種である。

ムシキングでのコーカサスオオカブト

「コーカサスオオカブト」名義で生まれたところ:スマトラ島のものが初期シリーズより登場。つよさ180。必殺技はパー。
カードに書かれた産地はスマトラ島であるが、グラフィックのモデルはジャワ亜種と思われる。
性格はアタックタイプ(復活前)→スーパーアタックタイプ(復活後)。
肩書きは「アジア最強のカブトムシ」。超必殺技は「ローリングドライバー」

2004ファースト拡張パックで一旦排出を終了するが、2006ファーストで復活。その際グラフィックが金属光沢を強調したものとなった。

2005セカンドでは敵限定のムシ「改造コーカサスオオカブト」が登場。
サナギのころからアダーの改造手術を受けていたムシで、羽が固まるごとに強さの数値が増していくという能力を持ち、最終的には「強さ290」、ローリングドライバーによる強化値を含めれば「強さ300」に達する。 

のちにアダー完結編にてイベント配布限定カードとして登場。
羽の固まり具合によって肩書きが「プロトタイプ・アルファ」「プロトタイプ・ベータ」「プロトタイプ・ガンマ」と分かれている。このうち一番完全体に近いガンマが2008 第4弾で排出。
また「究極完全体 改造コーカサスオオカブト完全体」も登場し、こちらは2009 第5弾で排出された。

改造コーカサスオオカブトは映画「甲虫王者ムシキングスーパーバトルムービー 闇の改造甲虫」でもラスボスとして登場。ムシキングやスジブトヒラタクワガタと戦った。
なお上記映画の入場者特典で配布(のちに2007ファーストで「映画大ヒットありがとう記念」として排出)されたスジブトヒラタクワガタのカードをアダー完結編で使うとこの映画をモチーフにしたスペシャルストーリーが楽しめた。もちろんラスボスは改造コーカサスオオカブト完全体。

シリーズ最新作、新甲虫王者ムシキングにも参戦。レア度はSRで、前作同様銀レアに当たる立ち位置。肩書き、必殺技は旧作と同じ。
ローリングドライバーのキレが増していたり、公式サイトでは最強のカブトムシと称されていたりと優遇されている。

2016 3rdでSSRに覚醒する。肩書きが「最強の3本角」、必殺技が「トライデントドライバー」に変わる。次世代WHFにて中学生以下限定オオクワガタと共に先行覚醒ができ、2016年2月15日をもって筐体で覚醒できるようになった。

激闘編には1弾開始に合わせて発売された「パーフェクトVずかん」付録として先行登場。より攻撃力の高いパラメーターになった。攻撃力は120と覚醒コーカサス(超大型)に並ぶ
また激闘2弾ではブラックバトルで「赤目のコーカサスオオカブト」がもらえる。ヘルクレスリッキーブルーに次ぐ全ムシ中2位の攻撃力130を誇り、覚醒コーカサス(超大型)よりも攻撃力が高くなった

激闘6弾では技習得イベントにて登場。その際の能力値は初期の超大型固体でありプロモとして登場した激闘コーカサスの存在が忘れられてしまっている(SSRタランドゥスツヤクワガタ、SSRオーナメンタルタランチュラなども激闘以降はプロモカードのみの登場だがそちらはプロモ版の能力で登場している)。

激闘4弾では亜種であるマレーコーカサスオオカブトが参戦。こちらは覚醒無しでのSSRな上にグーが必殺わざであり、カルコソマ属では初。

なお新ムシキング稼働の際には学名が変更されていたものの、販売された一部公式グッズにおいては旧作同様「Chalcosoma caucasus」の学名が使われてしまっている。

関連項目

カブトムシ
カルコソマ属 アトラスオオカブト モーレンカンプオオカブト エンガノオオカブト
コーカサスビートルアンデッド キングフォーム
仮面ライダーコーカサス
仮面ライダーサウザー アメイジングコーカサス
甲虫王者ムシキング/新甲虫王者ムシキング
ヘラクレスオオカブト:世界最大のカブトムシ。旧甲虫王者ムシキングではヘラクレスの必殺技変更まで同じ必殺技を使っていた。

グランディスオオクワガタオウゴンオニクワガタマルスゾウカブトパラワンオオヒラタクワガタブルマイスターツヤクワガタコーカサスオオカブトサタンオオカブト:旧ムシキングで強さ180(銀レア)だった甲虫たち。もっとも、マルス、パラワンヒラタ、コーカサスは現実世界では頭一つ抜けた実力の持ち主だと思うが。

関連記事

親記事

カルコソマ属 かるこそまぞく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「コーカサスオオカブト」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 114097

コメント