ピクシブ百科事典

マルスゾウカブト

まるすぞうかぶと

カブトムシの一種。アクティオンゾウカブトと並ぶ、真っ黒いゾウカブトの代表格。
目次[非表示]

概要

南米ブラジルに生息するカブトムシの一種。
アクティオンゾウカブトと並ぶ、体毛が生えない黒いタイプのゾウカブトの代表種。
外見はアクティオンに似ているが、放射状に細長く伸びる胸角艶がある体胸部の中央に僅かに毛が生えている点で区別できる。
の上で生活していることが多い。が大きくが強い。
比較的おとなしい種類が多いとされるゾウカブトの中では珍しく、気性が荒くてケンカ好きである。
ただしこの点については後述するムシキングにて他の強さ180ダゲキ甲虫と性格面で差別化するための措置であり、実際には極めて温和なカブトムシの可能性もある。

名前はローマ神話の戦いのマルスに由来。

甲虫王者ムシキングでのマルスゾウカブト

2006セカンドで初登場。強さ180のアタックタイプ。肩書き(ショルダーネーム)は「最強の軍神」。必殺技はグー、「マルスハンマー」。
強さ180の甲虫の新登場は2004セカンドで初登場したサタンオオカブト以来、2年半ぶりであった(その代わり、オウゴンオニクワガタの復活が大幅に遅れてしまったわけだが)。

新甲虫王者ムシキングでは2015 2ndに登場。レア度SR。

関連タグ

カブトムシ
ゾウカブト アクティオンゾウカブト エレファスゾウカブト

コメント