ピクシブ百科事典

コガネムシ

こがねむし

コガネムシ科などに属する甲虫の総称。
目次[非表示]

概要

コガネムシ科に属する甲虫の総称。狭義ではそのうちの1種「ナミコガネ」のもう1つの和名であるが、広義では別科のセンチコガネなども含めている。雑多な定義をもち、混乱を招きやすくなるため、ここは前者の「コガネムシ科に属する甲虫の総称」に基づいて記述する。

丸っこい体つき、つぶらな瞳、鰓葉状の触角をもつ愛らしい甲虫の一群である。美しい光沢を持つものが多い。

1㎝位の小さい虫の印象が強いが、ハナムグリカナブン)、テナガコガネなど巨大な甲虫が含む分類もコガネムシの仲間である。カブトムシは通常コガネムシと扱いされないが、系統的にはコガネムシ科に属する仲間である。

樹液などを主食とするカブトムシ、花に潜って花粉を食べるハナムグリ、自然界の掃除屋であるフンコロガシ、植物を食い荒らす害虫と見なされるものもある。後者は特にマメコガネ英語で「Japanese beetle」と呼ばれ、海外では有名な外来種として知られている。

主な分類


コガネムシとカナブンの見分け方

カナブンはコガネムシ科に分類され、よく「コガネムシ」として同一視されるが、相違点は多い。(ここでは狭義の『コガネムシ』と『カナブン』の違いのみ述べる事とし、フンコロガシなどは含まない。)

  • カナブンは霞んだ金属光沢を持つが、コガネムシの光沢は美しい緑色。
  • カナブンは頭が四角く出っ張っており、コガネムシの頭は半円。
  • カナブンは幼虫の時は腐葉土、成虫の時は樹液を食するが、コガネムシは幼虫の時には植物の根、成虫の時は葉などを食する。基本的にコガネムシの方が植物にとって有害ということになるだろうか。


コガネムシは金持ちか?(閲覧注意)

 童謡では「コガネムシは金持ちだ 金蔵建てた蔵建てた(中略) 子供に水飴舐めさせた」という一節があるが、これはこの記事で描かれているコガネムシではないと断言されている。
 では、この虫は何なのか?









 ゴキブリなのである。

 古来より日本家屋はものすごく隙間風が多く、オマケに貧乏な家ではゴキブリの喰うエサもないため、ゴキブリは棲みつきさえしなかった。ゴキブリが住んでいられたのは、隙間風もなく、エサも頻繁にあるお金持ちの家だけだったのである。
 故に、ゴキブリの中でも特に明るい茶色でピカピカと光るチャバネゴキブリは黄金虫と呼ばれ、金持ちの象徴とされていたのだ。

※ただし!ゴキブリをコガネムシとよんでいたのは群馬県高崎地方であり、童謡『黄金虫』の作詞家の野口雨情は茨城県北茨城市出身である。茨城県でゴキブリをコガネムシとよんでいたという事実は確認できていない。タマムシではないかという説もあるぞ!(枝 重夫『月刊むし』2010年6月号(472号)「童謡"黄金蟲"はタマムシだ!?」)


関連項目

コガネムシ怪人 コレオプテラワーム

pixivに投稿された作品 pixivで「コガネムシ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 59467

コメント