ピクシブ百科事典

コガネムシ怪人

こがねむしかいじん

コガネムシ怪人とは、仮面ライダーBLACKに登場する人間の強欲さを利用した作戦を実行したコガネムシ型改造人間の名称である。

概要

仮面ライダーBLACK』第28話「地獄へ誘う黄金虫」に登場。
コガネムシをモチーフとしたゴルゴム怪人

から射出するつがいで飼うと黄金のを作る自身の分身であるオオガネムシを街中にばら撒き、人々の欲望を刺激し扇動する事で社会に混乱をもたらすという作戦の実行を使命とする。
が、作戦立案者であるビルゲニアの真の狙いは、護るべく人間たちの強欲さや醜さを見せ付ける事で仮面ライダーBLACK=南光太郎絶望のどん底へと叩き落とし、精神力をへし折る事で戦意を無くさせた所を仕留めることであった。

異様に長い両を使った攻撃を得意としており、これを使ってライダーを締め上げたり、初戦ではその長いリーチを活かしてライダーの空中からの攻撃を薙ぎ払うなどの戦果を上げていた。
また、からライダーの皮膚呼吸を止めてしまう金粉を吐き出す (間もなくBLACKからゴールドになるわっ!byビルゲニア)。
ただし甲虫系怪人の割には防御力が低く、ライダーキックを使うまでもなく倒された数少ないゴルゴム怪人であった。

なお、怪人本体と各能力は密接な関係があるようで、胸から射出する分身のオオガネムシは怪人の意思で雄と雌の数を調整できるほか、オオガネムシを光太郎に殺された際には悔しがったり、ダメージを受けると金粉が消滅したりしていた。

オオガネムシバブルの効果で良くに目が眩んだ人間たちの姿を目の当たりにして、戦意を喪失した頃を見計らい襲撃を掛ける。
しかしそれはゴルゴムを誘き寄せる芝居であった。純粋な心を失わない知り合いの小山サトルのような少年がいるかぎり、光太郎は人間に絶望などしないのだ。

当てが外れたビルゲニアとコガネムシ怪人だったが、BLACKとの決戦では、上記にある金粉でBLACKを苦しめるが、スパークリンアタックで逆転を許してしまい、最後は怒りのライダーパンチを叩き込まれ呆気なく敗北し爆散。怪人の死とともにオオガネムシもすべて死滅した。

作戦を破られ怒りに燃えるビルゲニアはライダーと直接対決するものの、ライダーキックの前に自慢の盾・ビルテクターに罅を入れられ、自身も痛烈なダメージを負う惨敗を喫して遁走。

関連項目

ゴルゴム怪人 ゴルゴム コガネムシ 仮面ライダーBLACK

関連記事

親記事

ゴルゴム怪人 ごるごむかいじん

兄弟記事

コメント