ピクシブ百科事典

クモ怪人

くもかいじん

クモ怪人とは、仮面ライダーBLACKに登場する記念すべきゴルゴム怪人第1号の名称である。
目次[非表示]

概要

仮面ライダーBLACK』第1話「BLACK!!変身」に登場するゴルゴム改造人間第1号。
女郎蜘蛛の能力を持つ改造人間で、一見しただけでは分かりにくいが女性怪人であるらしい(蜘蛛の多くはメスの方がオスより体も大きく気性が荒い)。

常に5体一組で行動をしており、リーダー格は他の個体と違って髪の毛が長い(セミロング?)という特徴を持つ。

蜘蛛の人間が浮き出たような不気味かつグロテスクな容姿をしており、ゴルゴムを裏切り、南光太郎の脱走に手を貸した裏切り者の秋月総一郎並びに光太郎の抹殺を主な使命としている。

裏切り者の秋月総一郎を始末した後、南光太郎の変身したBLACKにも襲いかかり、見事な連係プレイで彼を追い詰めるが、バトルホッパーを呼ばれ窮地を脱した為に一端倉庫内部へと撤退。

倉庫内部で激闘を繰り広げるが、最後は『ライダーパンチ』で4体は倒され、残ったリーダー格のクモ怪人も『ライダーキック』を受けて爆散して消滅。全員が屠られた。


能力

高所にも楽々とよじ登る事が出来るほか、から吐き出す強靭な蜘蛛の糸を吐き出して獲物を捕らえ、高所に引きずり上げて落として転落死させることや、これを応用して天井に先端を張り付けてターザンのの様に移動手段に用いることも可能。

また5人一組による見事な連係プレイは、戦い慣れていなかったとはいえ仮面ライダーBLACKを大いに苦戦させた程の強敵である。

余談

ゴルゴムには戦闘員存在せず(それっぽい雑魚兵士が数話だけ登場しているが)、史上初の「全くの同族が複数体同時に出現した怪人」(シードラゴンは一応別フォルムなので)ということでゲーム作品などでは後発のレイドラグーンラットファンガイアなどのように戦闘員扱いされることもしばしばある。


関連項目

ゴルゴム怪人 ゴルゴム 蜘蛛

pixivに投稿された作品 pixivで「クモ怪人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 985

コメント