ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

 蜘蛛目ジョロウグモ科ジョロウグモ属の蜘蛛
 毒々しい黄色と黒のマダラ、赤い腹部、非常に長い10本の脚を持つ、日本でも1,2を争うほどポピュラーな蜘蛛。コガネグモにも似ているが、少し体が細長い。
 非常に大型のを張り、捕まった捕食する。かなり貪食であり、大型のセミハチトンボカマキリなども蜘蛛糸でがんじがらめにして食い殺す他、網に鶏肉の破片を置いても食べる。牙にはがあるが人体にはほぼ無影響。
 メスは17㎜~30mmほどの大きさだが、オスはその半分にも満たない。その辺の公園野山で見つかるジョロウグモは多くがメスである。性格が凶暴なため、オスはメスが脱皮中に急いで交尾し、終わり次第すぐ逃げるという生殖行動をとる。下手に近寄ると、ジョロウグモは非常に目が悪いため、獲物と勘違いされて食われるからである。
 赤ちゃん蜘蛛は体が小さいため、糸を伸ばしてパラシュート代わりに飛行し巣立つ「バルーニング」という習性を持つ。

余談

 日本では、メスがオスを食い殺すという習性から絡新婦と言う妖怪になるという伝承がある。

ジョロウグモをモチーフとしたキャラ

勿論、多くは女性である。


関連項目

 クモ

pixivに投稿された作品 pixivで「ジョロウグモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5526

コメント