ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

ジョロウグモ(女郎蜘蛛、上臈蜘蛛)とは、ジョロウグモ属に分類される蜘蛛の一種。学名は「Trichonephila clavata」。日本でも一二を争うほどポピュラーな蜘蛛の一つである。


日本では北海道にはなく、本州から南西諸島まで分布する。海外では台湾中国インドなどが分布する。アメリカ南東部では、少なくとも2010年代から外来種として移入される。


他のジョロウグモ属(Trichonephila)の蜘蛛は日本にはなく、種類により中国・フィリピンオセアニアアフリカなどに分布する。

南西諸島には近縁のオオジョロウグモ属(Nephila)に属し、メスが5cmで日本最大の蜘蛛であるオオジョロウグモNephila pilipes)が生息する。かつて、ジョロウグモはこの種と同じ属に分類され、学名は Nephila clavata だったが、2019年から別属に再分類されるようになった。


形態

メスはを除いて体長1.7~3cm。大きな腹部は背面に黄色と灰色の縞模様、腹面に黄色と黒まだら模様と赤帯という毒々しい配色を持つ。頭の甲羅は白く、触肢(と第1脚の間の短い肢)はオレンジ色、長大に発達した8本の脚は黄色と黒の縞模様を帯びる。


性的二形で、オスは体長がメスの半分にも満たさず、色も茶色に近い。その辺の公園野山で見つかるジョロウグモは多くがメスである。


背面だけを見ると同じ日本でよく見られるコガネグモにも似ているが、ジョロウグモの方が少し体が細長い。


生態

金色蜘蛛糸で非常に大きなを張り、捕まった捕食する。直径1mも達する網は一見して一般的な円網のようだが、円網は上部を欠けた蹄鉄型で、その両面からも糸が伸ばして立体的に大きなスペースを占める。


かなり貪食であり、大型のセミハチトンボカマキリなども糸でがんじがらめにして食い殺す他、網に鶏肉の破片を置いても食べる。


性格が凶暴なため、オスはメスが脱皮中に急いで交接し、終わり次第すぐ逃げるという生殖行動をとる。下手に近寄ると、ジョロウグモは非常に目が悪いため、獲物と勘違いされて食われるからである。


仔蜘蛛は体が小さいため、糸を伸ばしてパラシュート代わりに飛行し巣立つ「バルーニング」という習性を持つ。


人間との関わり

日本では、メスがオスを食い殺すという習性から「絡新婦」と言う妖怪になるという伝承がある。


多くの蜘蛛と同様、にはがあるが人体にはほぼ無影響、自ら襲ってくることもない。


ジョロウグモをモチーフとしたキャラ

前述した伝承の影響か、多くは女性である。

関連タグ

女郎蜘蛛 絡新婦

蜘蛛 

オオジョロウグモ:近縁種。

コガネグモ:たまにジョロウグモと混同される蜘蛛。

関連記事

親記事

蜘蛛 くも

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 151288

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました