ピクシブ百科事典

毒グモ

どくぐも

人体に有害な毒を有する蜘蛛のこと。
目次[非表示]

概要

 そもそもほぼ全ての蜘蛛を有している。彼らはから毒液を注入することで獲物を麻痺殺害し、消化してスムージーのように啜るという習性を有するため、非常に牙が発達している。よりデカいくらいである。
 その中でも、人体に害が出るほど強力な毒を有する蜘蛛の事を毒グモと称することがあり、弱いものでも皮膚が焼けただれ、強力なものになると心臓麻痺で絶命しかねない個体までいる。

著名な毒グモ

タランチュラ

 見るからに巨大で恐ろしいが、人間に直接被害を齎すほど強力なのはほんの一握りであり、多くのタランチュラ(と呼ばれる毛深い蜘蛛)は大して毒は強くない。今の所、噛まれて死んだ人はいないらしい。
 ただ、毛に毒が含まれているタランチュラもいるので触るのは控えるように。

カバキコマチグモ

 日本産唯一の強毒グモ。毒の強さは青酸カリより上であるが、注入量が少ないため死んだ人は今のところいない。咬まれると赤くはれ、高熱にうなされ寝込む。

セアカゴケグモ

 1円玉ほどのサイズの毒グモ。オーストラリア原産。咬まれても死なないがやっぱり痛い。日本でも発見され、特定外来生物扱いされている。

クロゴケグモブラックウィドー

 北アメリカ原産。セアカゴケグモより更に大きく、毒も無茶苦茶強い。過去に何百人も死者が出ているほど。セアカゴケグモ同様、特定外来生物に指定された。

シドニージョウゴグモ

 クロゴケグモ、ドクシボグモと合わせて世界三大毒グモと呼ばれる強力な蜘蛛。オーストラリアで最強の毒性を有し、体長も4㎝とやたらでかい。見た目は完全に小さなタランチュラである。こちらでもバタバタ死人が出たため特定外来生物指定済み。

ドクイトグモ

 北米原産のスタイリッシュな蜘蛛。足が長くカッコいいが、名前からしてヤバさが伝わる通りこちらもクロゴケグモのように死人を出している。案の定特定外来生物指定済み。

ドクシボグモ

 世界最強の毒グモとしてギネス認定された恐ろしいブラジルなどの南米に生息しており、年間数百人の死傷者を出している。熱帯雨林に隠れているわけではなくその辺の町をうろついているという手に負えないヤツ。なぜかwikipediaに記事が無い。

関連項目

危険生物 害虫 有毒生物

pixivに投稿された作品 pixivで「毒グモ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176

コメント