ピクシブ百科事典

蜘蛛

くも

蜘蛛(クモ)は、鋏角亜門・クモ綱のうちに、クモ目に属する節足動物の総称である。
目次[非表示]

概要

クモ綱のうちクモ目に属する節足動物の総称。はっきりと2パーツに分かれる体、8本の脚と毒牙に変化した上顎(鋏角)が特徴。腹部に出糸能力を持ち、基本的には8つの目を持つ。

を張り、虫を捕食するものが有名だが、網を作らず、待ち伏せや地表に徘徊する種類も多い。

いわゆる「」の範囲に入る動物であるが、同じく節足動物とはいえ、昆虫(昆虫綱)とは全く別の分類群に属する(クモ綱)。
昆虫の体は「頭・胸・腹」の3パーツで6本脚と触角を持つのに対し、クモを含めて、クモ綱に属する動物の体は「頭胸・腹」という2パーツのみ、そして触角は無く、常に8本脚である。

ウミグモという海洋生物も存在するが、そちらもクモでない全く別のグループである。

生態

巣穴から伸びるセンサーの糸にかかった虫に襲いかかるものや水中にドーム状の巣を作るもの、糸の先端に粘液を付けて振り回して獲物をくっつけるものなどユニークなクモも多い。

繁殖は、いわゆるペニスとして使われる器官は無く、雄は触肢に精子を蓄える構造を持ち、それを使って精子を雌の生殖孔へ突っ込む。さらに雌には「貯精嚢」と呼ばれる精子嚢があって、精子はしばらくそこへとどまる。

雄が交尾の後、雌へわが身そのものを提供するクロゴケグモ(「黒の未亡人」を意味する英語名「Black widow」の由来)、が孵化してしばらくするまで母親が密閉された空間で世話をし、その後ママはお子さんに食われるカバキコマチグモイワガネグモ等、特異な生態を持つものがある。
一部のクモは子グモのときに糸をタンポポの綿毛のように使い、風に乗って世界中に散っていく。その習性はまるで空を飛ぶ風船のように、バルーニング(Ballooning)と呼ばれる。

一般的な扱い

昆虫とは異なる容姿・クモの巣に代表される捕食性から様々な神話伝承のモチーフとなっている。
そこから不気味さを見出す人も多く、G毛虫と並んで不快害虫扱いされることも多い。

生物として広く知られているが、人間に影響を与えるほどの毒を持つ種類は僅かである。
また、嚙み付くのは逃げ道のない場合に使う最終の防衛手段であり、人間を自発的に襲い掛かるクモは存在しない。

なお、害虫を積極的に捕食することから多くのクモは益虫に分類される。しかし、殺虫剤や農薬に弱い種が多く、不十分な農薬散布を行うとクモだけ全滅し、害虫がかえって増殖することがある。

コウモリと同じく、地域や時間帯によって縁起の良し悪しにばらつきのある生き物で、日本においては朝に見かける蜘蛛は神様の使いで縁起の良いものとされ、殺してはいけないという言い伝えがあり、一転して夜の蜘蛛は縁起が悪いとされる。また、午前に現れた地域によっては財布や懐に入れる所もあるという。(それって冷静に考えたら蜘蛛が潰れてしまうので本末転倒なのでは)
一方、西洋においては基本的に気味の悪いものとして扱われるが、背中に十字架模様のある蜘蛛は神聖なものとして扱われ、やはり殺してはいけないと伝えられている。
また、『辛坊強さ』や『女性またはグレートマザー』の象徴とされる事も。

また、アメリカ土産の『ドリームキャッチャー』という悪夢から身を守り、善い夢を捕まえるこのお守りは、蜘蛛の巣を模した物で、元はネイティヴアメリカンが蜘蛛の姿をした神『イクトミ』からのお告げによって作られた物が始まりとされている。
HUNTER×HUNTER』では幻影旅団のことを蜘蛛と指すことがある。

著名な蜘蛛

古蜘蛛亜目


原蜘蛛亜目


新蜘蛛亜目


蜘蛛をモチーフとしたキャラクター

その見た目から悪役になることが多い一方、意外と味方である蜘蛛も多い。
当然、ほぼ全員が糸に関連した能力を持つ。

神話・伝承・妖怪


海外


仮面ライダーシリーズ


スーパー戦隊シリーズ


メタルヒーロー


ウルトラシリーズ


その他特撮


アニメ


ゲーム


その他


関連イラスト

くも
蜘蛛


ジョロウグモ
タランチュラの体



関連タグ

節足動物 鋏角類 クモ綱
 益虫 害虫
蜘蛛の巣/クモの巣 蜘蛛糸/蜘蛛の糸 web 水蜘蛛

別表記

くも クモ

pixivに投稿された作品 pixivで「蜘蛛」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5140313

コメント