ピクシブ百科事典

ヨロイツチグモ

よろいつちぐも

ヨロイツチグモとは、仮面ライダー響鬼に登場するオリジナル魔化魍の一体にして魔化魍ツチグモの強化形態の名称である。

身の丈(身長):30尺(約9m)、目方(体重):2000貫(約7.5t)

概要

仮面ライダー響鬼』二十八之巻「絶えぬ悪意」、第二十九之巻「輝く少年」に登場。
奥多摩榧ノ木地方の気温27℃、湿度70%の環境によって成長した魔化魍ツチグモ亜種にして、洋館の男女たち魔化魍強化実験の1つであるヨロイ強化用ので生み出される完全な武者童子と鎧姫を生み出す実験過程で誕生した実験の完成型。

強化された事で従来のツチグモよりも凶暴性が増しており、子供の柔らかいを好む性質を持つツチグモと違って男性の肉なども無差別に食すようになっており、から吐き出す蜘蛛の糸で相手を絡めとるよりも鋭いに喰らいつく攻撃を得意としている。
また、全身が赤茶色っぽい強固な皮膚で被われており、音撃に対する耐性が強化されており、鋭鬼威吹鬼轟鬼の三重音撃に耐える程の防御力を持つが、幼体時は羽化したての昆虫の様に体色がっぽく、身体も柔らかい為、成長し切って皮膚が硬質化するまではよほどのことがない限り地中に身を潜め、外敵や餌の確保は武者童子と鎧姫に任せているという狡猾さを兼ね備えている。

劇中では威吹鬼・轟鬼の連携プレーで鎧姫が斃された事を察知し、幼体時の姿で武者童子を助けるために出現し救出すると地中へと撤退。
その後、成体へと成長し、3人の音撃戦士たちと交戦を得て中で響鬼紅と対峙するが、最後は清めの音である『音撃打 爆裂真紅の型』を叩きこまれ浄化され、木端微塵に吹き飛び消滅した。

なお、洋館の男女にとってはヨロイツチグモを生み出す事すらも実験の一環だったらしく、実験の失敗を受け、少なくとも劇中ではそれ以降はヨロイ強化用の塊を用いた魔化魍が生みだされる事はなかった。

関連項目

魔化魍 ツチグモ(魔化魍) ヨロイツチグモの武者童子と鎧姫 仮面ライダー響鬼

コメント