ピクシブ百科事典

タランザ

たらんざ

タランザとは、「星のカービィ トリプルデラックス」に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

概要

トリプルなD


「星のカービィトリプルデラックス」の敵役として紹介されているキャラクター。
彼に攫われたデデデ大王を助ける事が、今回の冒険の目的となっている。

特徴

「タランザ」という名前や、6つある身体から分離した手のひら(足を合わせれば8本)、丸みを帯びた腹部、マントの背中の模様など、全体的に蜘蛛を思わせるデザインをしている。
顔は茶色で、目は白い丸が二つ。口はにやりと笑った形で、牙らしきものが見える。
銀髪のおかっぱで、更にぱっつんアホ毛を標準装備している。その髪にも、前に二つ、後ろに四つ、オレンジ色の目のようなものがついている。また髪の隙間からはのようなものが覗いている。

ちなみに、1面ボス「ウィスピーフラワーズ」の説明で「」と記述されている。

英語版での綴りは、そのまま「Taranza」。

熊崎ディレクターいわく、「銀髪のインテリお坊ちゃん」。
名前は毒蜘蛛のタランチュラ(tarantula)が由来だが、「チュ」では響きが可愛すぎる為に、得体の知れないミステリアス感を出す為に「ザ」という語尾にしたとの事。

ドジだが基本的に真面目で一途な性格。
『TDX』及び公式ツイッターでは同等~目下の者に対しやや高飛車な一面も見せている。

『デデデでデン』では彼のお面を被った際専用ボイス(玩具のようなキュッという音)が使われたが、その後は採用されず代わりに笑い声のような合成音が使われている。

登場作品での動向


トリプルデラックス

ストーリーの冒頭でデデデ大王を雁字搦めに拘束し誘拐。追いかけるカービィに「あやつりのまほう」を用いて各ステージボスをけしかけ、行く手を阻む。
そして最終ステージでは、デデデ大王を魔法で操りカービィと同士討ちさせてくる。一度倒しても第二形態があるのはお約束。

デデデ大王を下界の勇者と呼んでおり、彼を操る事で下界を征服しようとしていた事が明らかになるが、カービィがマスクドデデデを倒したのを見て、どこかで聞いた様な台詞と共に驚き、本当の下界の勇者がデデデ大王ではなくカービィであった事に気がつく。
慌てて自らの主であるクィン・セクトニアに助けを請おうとするが、数々の敗北で見切りをつけられ「みにくきタランザ」「使えぬおろか者」呼ばわりされた挙句、吹っ飛ばされてしまう。
この時の「ぐふぁぁぁっ!!」という叫び声がなかなかシュールであり、昔の漫画ゲームを思い出した人もいるだろう。
かくして彼は死んだ……と思いきやラストバトルで大王と共にカービィを助太刀する、というカービィシリーズには珍しい立ち位置のキャラとなった。
最終的にはカービィたちと共に生きて下界に降り立った(スタッフロール後でもさりげなくカービィ達と一緒に手を振っている)。

その後、「真・格闘王への道」では決戦前のムービーでセクトニアフラワードがきせきの実を喰らい、更にそれらをセクトニア本体が取り込み、魂のない悲しき骸セクトニアソウルとして蘇ったのだが、このきせきの実を用意したのが誰なのかは不明。
セクトニアに帰ってきてほしいと願ったタランザが用意したのではないかと推測される事はある。


口調は「〜なのね」「〜のね」と、語尾に「ね」を付ける事が多い。
しかしどこぞの誰かのように「だよぉ」と言うなどいまいち安定していないが、全体的には人を小馬鹿にしたような軽薄な喋り方をする。
「このタランザ」と名乗りきちんとした一人称代名詞が登場しないため、二次創作では作者ごとに異なる解釈がされることも。
公式ツイッターで行われた敵キャラグランプリではカタカナ表記で「ボク」という一人称を使っていた。
後述のとおりメディアミックス作品では「ワタシ」「(この)タランザ」で統一されている。
なお目上の存在には敬語で話す。

本編外のボス説明において、クィン・セクトニアと元々仲が良かったことが記述されているが、今では主従以外の関係は失われてしまった。

・・・以上が彼の全出番である。おわかりいただけただろうか?これ程鳴り物入りで登場しておきながら、彼自身とは一度も戦っていないのである。(一応過去のシリーズには最後まで交戦しない敵幹部も居た事には居たが、終始メッセージ内の出番であり本人が直接登場はしていない)
行く先々で垣間見る妖しげな術の数々にどうやって戦おうか想像していたプレイヤー達は、見事に肩透かしを食らった。

も~れつプププアワー!

も~れつプププアワー!』にも、付録冊子内の漫画にて登場(後に単行本第9巻に収録)。
一人称は「ワタシ」で、「クフフフ」と笑い、ゲーム本編より更に露骨に語尾に「のね」をつけ、「ヒミツの計画」の為に、デデデ大王を攫おうとする。
最後はカービィのビッグバンすいこみで漫画のコマごと吸い込まれ、デデデ大王ともどもカービィの腹の中に囚われてしまった。

後に再登場した際、いちいち自分でやったことで痛い目にあうドジっ子属性持ちな事が発覚した。
好物はドーナツで、飲み物は紅茶派。
また日記が趣味(尤も今回は誰かさんのおかげで、半ば恨み帳のようになっていたが)である事もわかった。
またセクトルディを部下にしているらしく、「さま」付けで呼ばれている。
なおこのセクトルディが、タランザの自らのドジによる余りにも無残な姿を見て、「女王さまが見たらなんというか……」と呟いているため、も~ププ世界にも彼女がいるらしい事が発覚し、その登場が待たれていた。
そして、満を持して登場!!…したのだがなんと彼女はサディストであった…(タランザもドMだったことが判明し、満更でもない模様→Mンザ

他にも彼の日記には、彼女との楽しい日々も綴られている模様である。

小説版

角川つばさ文庫出版の小説では第6巻で登場。
登場時点でセクトニアは倒されたあとだった。
当初はマホロアが助け出して欲しいと言っていた友達だと思われていたが、実際にはマホロアがディメンションミラーを盗もうとしてこの場からいなくなりたいという願いが鏡の力に誤作用を起こして鏡の国に閉じ込められてしまう。
情緒不安定なせいか一人称がコロコロ変わる。基本的に退行してるときは「タランザ」、セクトニアの従者として話すときは「ワタシ」で、セクトニアのことも呼び捨てだったり「クィン・セクトニア様」だったりする。

みんなで!カービィハンターズZ

今作ではカービィたちに直接戦いを挑んでくる。エネルギー弾をとばす、網でカービィを捕らえる、宝石の塊をぶつける、などの攻撃を仕掛けてくる。また彼を模したヒールドクターのそうびも存在。

ダークタランザ



さらに彼の闇の心を投影したコピー体のダークタランザも登場する。
カービィ達に追い詰められ、キングD・マインドを召喚するが、どこぞのマザーコンピューターの如く切り捨てられた。また、「使えぬおろか者などいらぬわ・・・」に見えた人もいるようだ。というか、たぶんこっちを意識してると思われる。

スターアライズ

当初は、ストーンコピー能力でタランザと彼によく似たキャラ(恐らく、本来のセクトニアの可能性が高い)を石像で見る事が出来た。 そして......



2018年11月8日に、公式Twitterでマホロアスージーと共に無料アップデートの第3弾でドリームフレンズとしてプレイアブル化される事が発表され、同年11月30日に実装された。

通常版
そんなの お見通しなのね、と 「トリプルデラックス 」の
ちょっぴり ドジな インテリおぼっちゃんが 天空から
地上に こうりん! あぁ、 女王さまに 会いたいのね...
すぐ想いに ふけっちゃう、 そんな ロンリーインセクトが
フレンズになって 何かを さがしに 旅に出るのね!

星のタランザ あの花に会うために
...きっと、 きせきは 起きるのねっ!

ただ、 会いたくて 「トリプルデラックス 」から 銀ぱつ
おぼっちゃんが きせきが かなうという、 あの祭だんを
目指す! じつは彼も けつ末は わかっている。 けれども
光を目指して 飛び立たないでは、 いられなかった...!

今作の新能力「スパイダー」の技やカービィハンターズZで使用したスーパータランザボウルタランザウェブホールド、ワールドツリーを盾にするいとしのワールドツリーや、クィン・セクトニアの幻影であるクィンズファントムで攻撃する戦法が用いられている。
設置系主体で一見地味だがそれなりの威力と攻撃範囲を持つ。
ただし無敵突進技が無いのに注意。

また、「星の◯◯◯◯」では、登場作品の性格を反映して、「奥行き」をテーマにしたギミックが多く登場するのが特徴。画面奥から敵が襲ってきたりするのはもちろんだが、一見すると道を塞いでいるゴルドーのうち大半が背景にいたというシーンも(原作ネタそのまま)
3Dワープスターだけはどうしようもないため大砲で再現している。

同モードでのでのサブタイトルは"あの花に会うために"であるなど、セクトニアへの想いを今なお引きずっている事から、ファンの間では未練タラタランザと言われている。PVでは、セクトニアの幻影に近づこうとするが、自分の作った幻影にも触れる事が出来ず、花のように散ってしまう(この時の花弁の色はオレンジと青である)。まさに鏡花水月である。

例のあのキャラとの関係

ある場所で彼とかつてのラスボスの絵が並んで飾られているが、本編で彼らの関係は描かれていない。

関連項目

トリプルデラックス マホロア
クィン・セクトニア タラセク

pixivに投稿された作品 pixivで「タランザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2576912

コメント