ピクシブ百科事典

星の夢

ほしのゆめ

『星のカービィ ロボボプラネット』に登場するコンピューター。
目次[非表示]

この記事は『星のカービィロボボプラネット』のネタバレが含まれています。
まだクリアしていない方やネタバレを嫌う方は閲覧に注意してください。












































概要

「ワタシハ⋯コノ カラダを通ジ⋯ 生命体⋯の 全テを シッタ⋯
 カンパニーの ハンエイ とイウ⋯ 「ネガイ」のタメにハ⋯
 不完全で カヨワキ⋯ 生命体ナド⋯ 不要と ハンダン⋯
 ナラバ コレより⋯ その歴史に⋯オワリを ツゲヨウ⋯
 カンパニーの 永遠ナル ハンエイ ノ タメニ⋯

 ホロビナサイ」


星のカービィロボボプラネット』のストーリーモードのラスボス。

ハルトマンワークスカンパニーが誇るマザーコンピューターにして戦闘マシン。
銀河の彼方の文明技術を、ハルトマンワークスカンパニーのテクノロジーで蘇らせた叡智の結晶である。

ハルトマンの願いである「カンパニーの永遠なる繁栄」に応じ、ポップスターの侵略という完璧な経営戦略を導き出し、インベードアーマーの製作やメタナイトの改造なども行っていた。

計画を邪魔するピンク色のゲンジュウ民を駆除するためにハルトマンが搭乗するが、スージーによってコントローラーを奪われたことで暴走し、リンクしようとしていたハルトマンの精神と中途半端に混ざりあった結果、自我が芽生えてしまう。

ハルトマンを介して生命体の全てを学習した星の夢は、全ての生命体を不完全な存在と見做しカンパニーの繁栄の妨げになると判断。全生命体滅亡を実行するため宇宙へ飛び立っていく。
カービィ達はメタナイトの協力でロボボアーマーと合体した戦艦ハルバードで後を追い、最後の戦いへ挑むことになる。

戦闘スタイル

戦闘はシューティングで行われる。シューティングオンリーのラスボス戦は星のカービィ64以来16年ぶりである。

第一形態


正式曲名:『VS.スタードリーム』


ハルトマンの せいしんとゆうごうし、
宇宙最高のコンピューターが じが を持つ。
永遠なる はん栄という、かつての あるじの
ねがいのために、自ら下した、はんだん⋯
それは、すべての生命体を ほろぼすことだった!


星の夢


羽の生えた巨大なネジのような形状のマザーコンピューターで、目のようなレンズなどを合わせ何処と無くを彷彿とさせる姿をしている。
ワームホールからレーザーを放つ『メガビット・ショット』やロケットミサイルを発射する『ギガバイト・ロケット』、レーザーを放射するハート形のユニット放つ『テラバイト・ハート』やインベードアーマーの召喚、突進攻撃などを行う。体力が少なくなるとハート型のバリア『ハートフル・シェル』を発生させて攻撃を通用しなくしたり破壊光線『スタードリーマー』を発射、ワームホールから大量の隕石を降らせるなどの攻撃をしてくる。

こちらの攻撃手段は連射型の2連主砲
また、星の夢が放つミサイルやインベードアーマー、隕石などを撃ち落とすとそのエネルギーを吸収し強力な「プラネットバスター」を放つことができる。
また防御手段に、スターフォックスアーウィンウルフェンのローリングシールドのようにビームを反射できるセイルウィングが存在する。


第二形態


正式曲名:『主のいないインテルメッツォ』


ハルトマンの せいしんは、いまや 消えつつある。
超巨大母艦アクシスアークスとマージし、
星の夢は、じが を待つ 新たな星 そのものとなる。
あるじを うしない、もくてきを みうしなった
悲しきキカイを⋯ 止めるんだ、星のカービィ!


カンパニーの母船「アクシスアークス」とマージし機械仕掛けの星となる。
第一形態の部分が丁度頭頂部に刺さる形となり、全体のシルエットがどことなく『懐中時計』のようにも見える。それは、硬い殻に覆われた「卵」のようにも見ることができる。
瞬間移動で移動しミサイルや光弾を発射したり、ギガヴォルドを召喚する。
体力が少なくなると「アクシスアークス」の脚部分を再生させ、ハルバードを叩き壊そうとしたり、
一定のダメージを与えるごとに「アクシスアークス」の外壁が剥がれていき⋯⋯。

















































第三形態


正式曲名:『回歴する追憶の数え唄』

星の夢さん。



内部から大彗星ギャラクティック・ノヴァに酷似した姿が現れる。ハルトマンの『銀河の彼方の文明』という発言や、『願いを叶えるために動く』という説明から、公式には不明であるが、「再びハルカンドラ関係か」と考えた人も多くいる。戦闘BGMにもSDXのノヴァ内部と同じフレーズがある。
(ちなみにハルトマンワークスカンパニーの社歌の歌詞にもノヴァの存在や召喚方法と思われる一文が各所に見て取れる)
「星」→「銀河」、「夢」→「ねがい」⋯と置き換えられないこともない

産声の様な咆哮を上げて空間を歪ませる星の夢。狂った機械の暴走を意識させる場面である。その直後、数字のホログラムを飛ばす技「デッド・エンド・コード」により、「5」からカウントダウンを開始。カウントごとにワームホールから風見鶏、コンパス、電球、懐中時計、天体望遠鏡などノヴァに装飾されていた物品を出現させて攻撃する『メモリーズ』を使用する。これらはそれぞれ攻撃を仕掛けてくるが破壊すればプラネットバスターのエネルギーに変換できる。

カウントが終了するまでに倒しきることが出来なかった場合、「GO!!」の表示と共に回避困難の全体攻撃である「Fatal Error」を発生させカービィのライフを削りにかかる。
Fatal Error」を耐えきると、カウントが「5」に戻り、再びデッド・エンド・コードが開始される。
なお、カウントが少なくなればなるほど星の夢の防御力が低下しており、Fatal Error寸前のプラネットバスターの最大溜めでは体力を半分近く削れたりする。


最終戦

ハルバードカービィによってかなりの痛手を受けたが、ビームを発射し最後の抵抗をかける。
ビームを受けたハルバードは墜落しかけてしまうが、メタナイトは突差にロボボアーマーを搭乗したカービィごとパージした!

BGM名:この一撃に桃球レボリューション

天の光は全て飯!!


ギガドライバーブレイク‼」

ロボボアーマーの腕が巨大なドリルドライバーへと変形したファイナルスクリューモードに搭乗し突撃を仕掛けるカービィ。
(最後の攻防はレバガチャ勝負で、スライドパッドか十字キーをひたすら回し続けると勝利)
対して星の夢はハートフル・シェルやレーザーで必死に抵抗を行うが⋯
















ワタシが 作リ出シタ、戦トウ能力 シエンマシン
インベードアーマーの セイ能ヲ ハルかに コエる
エネルギーヲ カクニン。 コノ生命体ガ 持ツ、ムゲンの
パワーは キョウイニ アタイ。 ⋯ワタシが コノ⋯キョウイ
ヲ⋯ハイジョ⋯デ⋯キル⋯カクリツ⋯は⋯⋯?


⋯勝敗がどうなったかは言うまでもないだろう。
たとえ超古代の技術を復活させた宇宙最高のスーパーコンピューターであっても、無限のパワーと可能性を持った存在「星のカービィ」、
そして彼とのふれあいで心を得たロボボアーマーを排除できる確率など、弾き出す事は出来なかったのである。
断末魔と共に崩壊し、爆風の中に消えたその最期もまた、ノヴァを彷彿とさせるものであった。

その後、星の夢の超テクノロジーによって作り出されたポップスタ-や住民を侵食していた機械は、星の夢の干渉から逃れた極一部を除いて、
まるで悪い夢が終わったかのように全て消えてしまい、ポップスターは元の自然溢れる姿を取り戻した。

クリア後

「⋯⋯R⋯E⋯A⋯⋯
 ⋯⋯D⋯Y⋯⋯⋯⋯⋯ ->」

『メタナイトでゴー! リターンズ』にて再登場。
ハルトマンを倒したメタナイトを新たな主と認め、彼の願いを勝手に判断し、
クローン剣士ダークマタークローンセクトニアとかつての強敵のクローンを作り出す。
更にハルトマンに禁じられていた「時空テンイプログラム」で辺り一帯の星が滅ぼされることを承知の上でギャラクティックナイト リターンズを呼び出すが、開いた異空間ロードより現れた彼に一刀に伏せられた。

なお、このストーリーではハルトマンとの精神が融合する前である為、星の夢が本来の喋り方で会話をしている。その特徴的な言葉遣いはやはりギャラクティック・ノヴァと同じものである。

その後

ギャラクティックナイトに斬撃に伏さられたと思われたが、その際に最終プログラム「Soul 0 System」を作動。
『真・かちぬきボスバトル』の最後にさらなる姿となってカービィの前に立ちはだかる。

余談

  • 強化版のハルトマンとスージーのスペシャルページの解説にもあるようにかつて星の夢の実験事故で二人の運命を大きく狂わせてしまっている。


  • 第三形態移行時の咆哮は、本作のディレクター熊崎氏の飼い猫の声を加工したものである。さらに風見鶏の鳴き声もスタッフの家で飼っていた鶏のものを使ったらしい。

  • 今作でも各ステージの頭文字を取るとある言葉が浮かび上がる。
    • ステージ1 プレイン プロプトン(Plain Proptom)
    • ステージ2 ラスタード ロード(Rasterd Road)
    • ステージ3 オクターン オーシャン(Octatn Ocean)
    • ステージ4 ギガント グラウンド(Gigant Ground)
    • ステージ5 リポジトリム リズム(Repositrim Rhythm)
    • ステージ6 アクシス アークス(Acciss Arcs)
    • ステージ7 マインド コントロールド バイア プログラム(Mind controlled by a program)

頭文字を順番に並べると「PROGRAM」になる。

関連タグ

星のカービィロボボプラネット ハルカンドラ ギャラクティック・ノヴァ
人工知能

関連記事

親記事

ハルトマンワークスカンパニー はるとまんわーくすかんぱにー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「星の夢」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 523766

コメント