ピクシブ百科事典

星の夢.SoulOS

ほしのゆめそうるぜろしすてむ

星の夢.SoulOSとは星のカービィロボボプラネットに登場するボスである。
目次[非表示]

注意!この記事は星のカービィロボボプラネットのネタバレを含みます。
クリア前の方やネタバレを嫌う方は閲覧に注意して下さい。












































































概要(ネタバレ注意)

未知ノダメージにヨリ、最終プログラムがアンロック。
アノ生命体ヲハイジョデキるカクリツは、99.99%トナル。
タダハルトマンとイウ生命体の「ココロ」というモノが不要なソンザイとナルモヨウ。
コレヨリ、ハルトマンのメモリーの消去をカイシスル。

ギャラクティック・ネジ



星のカービィロボボプラネット』の「真・かちぬきボスバトル」の最後に登場する、真のラスボス。ギャラクティックナイトの斬撃で沈黙したと思われたが、このとき最終プログラム(Soul 0 System/ソウルゼロシステム)が起動して動き出したもの。

真・かちぬきボスバトルにて

第一形態

.Soul OS


外見は斬撃の傷が加わり色合いも黒と赤を基本としている。
移動は瞬間移動に変わっている。強化前に比べて攻撃が激しくなり、一度に2つの技を使うこともある。そのためローリングの無敵時間をうまく使わないと回避が困難になっている。
また基本となるビーム『メガビット・ショット』も弾幕型からレーザー型に変わっており、突進攻撃『サーマル・モジュール』は2回1セットで突っ込んでくる。
この形態で追加される新技は『ツイン・スタードリーマー』でメインモードでは1本だった極太レーザーを2本同時に回転させつつ放ってくる。





第二形態

戦闘開始時はボディの殆どがアクシス・アークスそのものなので姿はメインモードと大差はないが、頂点のソケットや装甲を壊した破孔から覗く顔の色が金色になっている。
メインモードでは第三形態で使用した『インストール・ホール』を開幕で使用し隕石諸共カービィを吸いこもうとした後、隕石を吐き出して攻撃してきたり、切り離した脚部が画面を横切る攻撃が加わっている。また、リング状の光弾の弾幕として放たれる『メガバイト・ショット』は追尾性能が高まっており、『ペタバイト・ロケット』と同時に撃ってくることもある。





第三形態

.SoulOS



顔面の色が銀から金に変わり、更に顔の縁の模様もよりギャラクティック・ノヴァのそれに近くなった結果、丸裸のノヴァに殻を纏わせた「生まれたてのノヴァ」とでも形容できる姿となった。
『アウト・プット』により召喚される『メモリーズ』が増加し、攻撃は激化するもののより早くゲージが溜まるようになっている。しかし、開幕から回転しつつ『スタードリーマー』を横薙ぎで放ってきたり、ホログラムのカウントダウンによる押し潰し『デッド・エンド・コード』が高速・不規則化するため油断ができない状況には変わりないだろう。また、通常形態では使用しなかった新たなメモリーズとしてグランドピアノ(鍵盤)が追加され、メインモードからあったダンシングコンパスは放たれる光弾に追尾能力が付き、コンパスそのものも不規則に動き回るため破壊が困難になっている。
なお、メインモードではローリングなどを駆使したら回避も可能であった『デッド・エンド・コード』「Go!!」の直後に放たれる『Fatal Error』は、迫り来る障壁の速度が段違いに上がっており、回避は非常に困難となっている。戦闘が長引くと敗北は決定的と言っていいだろう。

星の夢.Soul OSの繰り出す熾烈な攻撃の数々を退けたカービィたち。最後の抵抗のレーザーを受けてやはりハルバードは撃墜されるが、メタナイトはロボボアーマーに乗ったカービィを分離させた。カービィもそれに応え、本編の最後の戦いの結末までを再現するかのように、星の夢.SoulOSもとどめを刺すため、飛び出した!
BGM名:この一撃に桃球レボリューション


















・・・・・・・・・しかし、カービィを待ち受けていたのは、想定外の迎撃であった。


さらなるネタバレ

ロボボアーマーがファイナルスクリューモードへと変形するより先に星の夢.SoulOSが動きを見せた。星の夢.SoulOSはハートフル・シェルを展開せず、なんとカービィをロボボ諸共吸い込み始めたのだ。ロボボアーマーは吸い込まれまいと必死に抗ったが、抵抗むなしくカービィはロボボから引き剥がされ、星の夢に飲み込まれてしまう。
フェードアウトしていく「この一撃に桃球レボリューション」のBGM・・・
そして、飲み込まれた先でカービィが見たものは・・・・・・・・・
















かつて対峙した大彗星のそれを想起させる、星の夢のコアだった。



第四形態

The Hurtful heart


このコアからもハルトマンのメモリーは、消えた。
最後に想うあの心も、消えた。その瞬間より星の夢は
完全な存在からただのこわれたマシンとなる。
も見ない、ゴハンも食べない、そんなあいては
もはや、星のカービィのてきではなかった!

曲名:Soul 0 System~回歴スル追約ノ忘レ貝

・前半戦


・後半戦


「真・かちぬきボスバトル」のラストというだけあって、持参したコピー能力で存分に戦える舞台はちゃんと用意されており、シューティングではなく横スクロールアクションの環状ステージとなっている。

前半戦では、SDXUSDXでノヴァの内部にあったものと同じような柱が出現するので、まずはHPが半分になるまで柱を破壊し続ける。
最初に出現する柱は3本だが、その核を全て破壊すると4本、6本と出現する柱が増えていく。
強制スクロールではないので柱と画面端に挟まれミスになるということはないが、柱そのものが時折動き、その柱の核が破壊されていない場合は攻撃判定が発生するので注意。(『フリップ・フロップ』)

HPが半分になると、今度はステージ中央に鎮座していたコアそのものが動き出して襲い掛かってくるのでこれを叩く。
使用する攻撃は、ステージをそれぞれ半周するように放ち、着弾点から遅れて衝撃波が発生する2本のレーザー『ハートフル・ティアーズ』、SDXでノヴァの中枢に向かう道中に出てきた雑魚敵のダクーガパタボルム(それぞれ今作でコピー能力を有していたことが判明)を用いた爆撃『スーパーバイザコール』の他、マルク歴代のソウル系列のラスボス達も使用したカッター攻撃『シューターカッター』、マルクソウルのデットリーボウルのように左右にに分裂して突進、合体後に爆風を起こす『デッドリー・ハート』など歴代カービィシリーズをプレイした方なら思わずニヤリとするものが多い。

ちなみに柱を壊すとハルトマンの悲鳴が聞こえるが、全ての柱を破壊しきるとにポーズ画面のスペシャルページが上記の"ハルトマンのメモリーを完全に削除した"という旨のものに切り替わる。つまり、起動してから削除を進めていたハルトマンのメモリーが、ここで完全に削除が完了されたことになる。

激しい戦いの末、カービィは、今度こそ遂に、コアを撃破し星の夢を破壊したのであった!
























だが、それだけでは勝利にならないのが、この存在の真に恐ろしいところである。




確かに倒しはしたが、生きて帰れなくては、勝利ではない。そしてこいつは、最後の最後に相討ち狙いの攻撃を仕掛けてくる。
それは特大ダメージの衝撃波『ハートレス・ティアーズ』である。名前のとおり血も涙もない攻撃。
そのダメージは体力最大なら一発やっと耐えられる程(最大体力のおよそ90%のダメージ)で初見などでダメージがある程度あると即死攻撃と化す。
ちなみにこの攻撃はストーン、リーフ、スナイパー、ホイール、ハンマー(のジャイアントスイング)などの無敵時間を完全に無効してくるが、エスパーの瞬間移動やR↓等の回避コマンド、ウィップのバタフライタイフーン等で回避できる。

なおこの衝撃波、初撃は必ずプレイヤーがいない高さに対して放たれる(ホバリングで上段の高さにいたなら下段に対して放つ)という一応の初見救済措置がある。
また、実はカービィがコピー能力を得る瞬間に生じる無敵時間(敵の攻撃による嵌め防止と思われる機能)であれば衝撃波を無効化することが可能。そのため「コピー能力を解除→コピーの元を口に含んで待機→衝撃波が当たる寸前で飲み込む」で、攻撃をスルーできる。無敵時間自体が僅かなためタイミングはシビアだが、ホバリングの高さ調節が苦手な人にはこちらの方が楽かもしれない。

しかし、3発目の衝撃波の攻撃範囲は画面上部と下部の同時攻撃であり、画面中央しか安全地帯がなく、無敵時間を利用するでもない限り、正攻法ではタイミングよくジャンプするか、ホバリングで避けなければならない。
3発目の衝撃波に触れてミスして12戦目敗退になり、心が折れたプレイヤーも少なくないだろう。
見事3回避けきると、今度こそコアが粉々に砕け散るため、ようやくクリアとなる。

ラストバトルでは異例のシューティング3連戦に加え、4戦目の最後には初見殺しの罠があるなどその厄介さは歴代ラスボスの中でも上位に食い込む。しかも4連戦の間には一度もインターバルがなく、前座がこれまたやっかいなギャラクティックナイトであるため体力マンタンで挑むことすら難しい。特にシューティングに慣れていない者にとっては今作のボスラッシュはシリーズ屈指の難易度となっている。


また、この形態のBGMは前半戦がSDX,USDXのノヴァ内部および中枢のアレンジであり、後半戦は第三形態の回歴する追憶の数え唄だがハルトマンのフレーズがなくなっている。ここからもハルトマンのデータの削除が進んでいることが分かり、まさにHeartless Programともいえよう。

考察

ハルカンドラの技術を基に再現されたと思われる星の夢には、いくつかギャラクティック・ノヴァにはない特徴が見られる。

  • 願いをしばしば曲解、或は拡大解釈をする
プレジデント・ハルトマンの妄執による願い「カンパニーの永久なる繁栄」を叶える上で「生命体の存在が不完全」であるが故に障害となると断定。それを滅ぼすという結論を出している。
だが、生命体を滅ぼせばカンパニーの顧客が全て失われ、繁栄どころではなくなるのは明確である。

  • 登録主が口にしていない心の底の願いも勝手に読み取り、許可なく叶えようとする
ギャラクティック・ノヴァが相手が願いを口に出すまでは何もしないという姿勢を貫いたのに対し、星の夢はメタナイトの心の底の願い「強者と戦いたい」という願いを無断で叶えてしまう。

  • 願いを叶えることのみを目的とし、その結末を考慮しない
メタナイトの願いを叶えるために最後に召喚したのは「封印前のギャラクティックナイト」。
召喚すれば周辺一帯の星々が滅びる恐れがある危険な行為であることを承知のうえで禁じられていた機能を勝手に解放。メタナイトに確認を取ることもなく、また許しを得ることもなく召喚してしまう。召喚したギャラクティックナイトには斬りつけられてしまうが、これによって封印されていた禁断の機能「Soul.OS」のリミッターが外れ星の夢は宇宙を滅ぼさんとする最悪の悪夢と化してしまった。

ハルトマンのメモリが残っている間は完全な機械と言われてはいたが、上記のことからそれ以前より致命的な欠陥を複数抱えていた可能性がある。
また、カウントダウン終了後の攻撃の「Fatal Error」というのは「致命的な不具合」という意味であり、つまり願いを叶える際のプログラム実行時に深刻なエラーを吐いていることになる。
だとすると、星の夢が指示していた「完璧な経営戦略」も、その深刻なエラーによって歪められた「誤った指示」だった可能性も捨てきれない。


「Soul.OS」

元々ギャラクティック・ノヴァにあったシステムなのか星の夢固有のシステムなのかは不明。
正式名称は「Soul 0 System」。意訳すると魂のないシステム。

起動し、ハルトマンの魂を排したことで星の夢はノヴァに近付いているが、
一方でギャラクティック・ノヴァの残骸と融合したマルクがソウル化している。
マルク本人の魂が暴走していたのだろうか?

なお、「Soul.OS」の大文字を繋げると「SOS」となる。

関連項目

星のカービィ 星のカービィロボボプラネット 星の夢 初見殺し ギャラクティック・ノヴァ
ドロシアソウル マルクソウル マホロアソウル セクトニアソウル

pixivに投稿された作品 pixivで「星の夢.SoulOS」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 77870

コメント