ピクシブ百科事典

ローア

ろーあ

天かける船 ローア(Lor Starcutter)とは星のカービィwiiに登場する空飛ぶ船。
目次[非表示]

概要

マホロアの所持する空飛ぶ帆船のような宇宙船。
とある日にカービィの住むポップスターへ不時着する。その際、オール・左右のウイング・エンブレム・マストの5つの部品と、120個のエナジースフィアを失う。
これらのパーツの回収が当面のカービィ達の冒険目的となる。ローア本体は紛失したパーツの位置情報をサーチする機能がついており、こうした万が一の事態に備えた設計がされていることが読み取れる。
また、作中におけるカービィ達の拠点であり、マホロア曰く戦闘能力も持っているとのこと。船内ではマホロアの手によりチャレンジコースやコピーお試し部屋、ミニゲームが用意されているほか、マホロアと会話もできる。

心持つ船

太古の人々が作り上げた特別な船で、マホロアいわく、「利用者の心を反映して外見や能力が変化する」らしい。
ちなみに、ハルカンドラの火山でランディアと共に眠っていたローアをマホロアは掘り起こし改造、自分の船として利用していた。物語冒頭で墜落したのはランディアによる攻撃を受けたためである。
後にカービィ達がマホロアと対立した際には敵キャラクターとして登場し、色が禍々しいものとなり戦艦のような攻撃をしかけてくる。一部の技には過去のシューティング戦のオマージュと思われるものも。マホロアの言った「時には戦うこともできる」という発言がこんな形で実現するわけである。
また、先述の「利用者の心を反映」するだけでなく、船自身も独自の意思を持っているらしく、エンディングでは誰も操縦していないはずのローアが航行している。というよりランディアに導かれてカービィを救出しに行ったため、彼らを新たな利用者として認証し正義の心を取り戻した可能性が高い。もしくは彼らこそが本来の持ち主だったのかもしれない。
カービィ救出後、ローアは再びポップスターを離れる。ランディアと共にそのままハルカンドラへと帰っていったのか、それとも、異空間へと消えていったマホロアを探しに旅立ったのか。
もしも後者であったなら、ひょっとすればローアとマホロアに再び出会えるかもしれないだろう。

後の作品

本編に絡んでいるかは不明だが、ロボボプラネットにてギャラクティックナイトが次元を切り裂いて異空間の波で攻撃する際に低確率で空間内を航行している姿が確認できる。ここまでならただのサプライズであるが、ロボボプラネットではとある事故異空間ロード放り出された人物がいる事を考えると裏方で重要な役割を担っていた可能性がある。

スターアライズにおいては、マホロア主導のフレンズ能力として登場。フレンズたちを船に乗せて突撃させる「トベマホローア」というもので、ブンナゲフレンズなどでしか壊せないブロックを破壊可能。マホロアは仲間をブンナゲられないので、これで代用できる。そしてこれは、ローアが「プレイヤーサイドで戦闘能力を発揮した」初めてのシーンとも言える。
また、遥か、きらめきの勇者たちのマップでは稀に遠景をこの船が飛んでいることがある。

関連タグ

マホロア ランディア カービィ 星のカービィ 星のカービィWii ハルカンドラ

関連記事

親記事

星のカービィWii ほしのかーびぃうぃー

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ローア」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 137776

コメント