ピクシブ百科事典

ソウルオブニル

そうるおぶにる

『星のカービィ スターアライズ』に登場する存在。
目次[非表示]

空虚なる破神に生まれ出でし魂、降臨…!


※この記事はネタバレが多く含まれています。閲覧の際にはご注意ください。
































































魂沌(こんとん) ソウルオブニル

概要

THEアルティメットチョイスの隠しコース「魂が飛び出る辛さ」で戦う事のできる強化版エンデ・ニル
その体内に2回目に吸い込まれた時に戦うコア(第四形態)が、このソウルオブニルに変化する。

無論、ソウル化しているという事で、攻撃パターンがどれもエンデ・ニル名義だったバージョンよりも激しくなっており、4つに分裂したり、水を出現させてこちらの攻撃を制限させた上で上空からのレーザーを撃ってきたり(この時水中にいるとレーザーの電流で感電ダメージを受ける)、ソウル定番のシューターカッターといった、新たな技を使用する。
なお、アップデート第三弾によって行動順が変化している。

ブラックホールも使用するがオリジナルの仕様となっており、自身の小さい分身を生み出してそれらがブラックホールに変化する。吸い込まれても派手に異次元に取り込まれて爆発を起こしたりはせず、レバガチャで脱出を早めることもできる。

長期戦になるため、タイムボーナスが尽きるまでの時間は11分40秒とかなり長く設定されている。

ちなみに、ソウル前が紫色の様な、ドロシアソウルを意識した姿になっているのに対し、こちらの色は灰色……すなわち、英語版パッケージのGB版初代カービィの色に近い

劇中では闇の物質によって破壊神として生まれた存在なのだが、実は集うエネルギー次第で様々な存在に成りうることが後述するスペシャルページで明かされた。

備考

今までのソウル化が、願いが暴走し自我を失った骸だったのがほとんどに対し、ニルの方は(アルティメットチョイスの説明を読む限り)曲がりなりにもハイネスによって生み出された新たなる魂であると考えられる。
今までのソウルは姿が全体的に変わるのだが、ソウルオブニルは一部だけとなる。

ポーズ画面の解説

お伽噺話か、夢物語かも分からない…その伝説の書には
まだ、続きがあった。集うエネルギー次第で、
ニルは様々な そんざいに なりうる かもしれない、と。
友もなく、闇の物質に 生まれた彼もまた、銀河をさまよい
いつしか、新たな生を うける日が 訪れるのだろうか。
はるかな星々をめぐって。その時は、友として……!

考察

今作もいくつかの過去作品の要素を散りばめた特徴が見られ、正体についての説も多い。

  • カービィとダークマター一族は同じ存在から生まれた
解説文の「集うエネルギー次第でニルは様々な存在になりうる」だが、これについてカービィのような正義または善のエネルギーがあれば、カービィのような存在が生まれ、悪のエネルギーがあれば、ダークマター一族のような存在が生まれるとの解釈も出来る。
また、この説を正しいとすると、カービィはダークマター族と同じ存在であるという可能性が高まる。
事実、ダークマター族であるグーイは原作だとカービィと同じコピー能力を持っているのだから……!
ダークマインドダークゼロなど、同族と思われる存在も同じなのかは不明。

  • ニルはポポポ説
解説文の意味深な文や容姿と顔の表現から「カービィにそっくり」と言われているが、実は初代カービィは開発中ポポポという仮名があった。しかし、HAL研究所と海外の諸事情で没となり、この名称は歴史から葬り去られてしまう。公式サイドでエンデ・ニルとポポポの関連を説明していないことから、ユーザー間では「ポポポに闇の物質が入り込んでエンデ・ニルとして生まれてしまった」「ニルがifのカービィである」「ハイネスがポポポを蘇らせようとした」など、色々な考察が為されている。

またハイネスは「一族を皆ことごとく封印し銀河の果てヘと追いやった! それでも飽きたらずか歴史からその存在さえ一片も残らず消し去ろうとしたぁ!」と発言しているため、おそらく没となったキャラクターは任天堂(HAL研究所)によって葬りさられたと解釈できる。名前の「終焉」と「無」の意味とポーズ画面の文章から、ティンクル・ポポだった頃の開発の打ち切り=終焉、企画が白紙=無にされたことを暗示しているとも考えられる。

今作自体、カービィシリーズにおけるファンサービスは過去最大の規模となっており、ヘルパー搭載はSDX/USDXとGCで開発中止になったカービィゲームから、そして設定資料で没となったボスや過去作品に出ていたキャラクターなどを多分に意識した要素が全面に押し出されている。
没要素やシリーズ全体を意識して作られたコンセプトも、このような説が生まれる土壌となったようだ。

  • エンデ・ニルとの名前的つながり
ドイツ語では、エンデは「終焉」、ニルは「無」を意味している。しかしこれを日本語の語呂合わせにすると「縁で似る」になる。外見上似ているキャラとして挙がるのがポポポであり、これもポポポ説を強める一因となった。
またニルを数字の語呂合わせにすると「26」と読めるのだが、これはティンクル・ポポが発売予定になってからちょうど26年になったことと重なるため、これもポポポ説を後押ししたらしい。

2018年11月30日に配信されたアップデート第三弾にて登場した星誕の解説や、撃破特典として使用可能になる初代スキンのカービィからも、この説は更に濃厚になりつつある。

関連イラスト

イロンナカオ
また会う時には



関連タグ

スターアライズ エンデ・ニル ソウル(カービィ) ポポポ
ドロシアソウル マルクソウル マホロアソウル セクトニアソウル 星の夢.SoulOS

関連記事

親記事

エンデ・ニル えんでにる

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ソウルオブニル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 65115

コメント