ピクシブ百科事典

ダークマインド

だーくまいんど

「星のカービィ 鏡の大迷宮」におけるラスボス 色々な意味でしぶとさに定評がある
目次[非表示]

概要

星のカービィ鏡の大迷宮に登場した敵キャラクター。
同作の黒幕であり、ラスボスとして登場する。

2種類(細かく分けると3種類)の姿を持つ。
第一形態がナイトメアウィザードに、第二形態以降がゼロに似ている。

詳細

「ダークマインド」の名の通り、悪い心を操る力を持っている。その力で「映した者の望みを叶える」と言う鏡の国の秘宝「ディメンションミラー」を暴走させ、鏡の国を悪い心が渦巻く世界に変え、そこから全てを支配しようとした。
また、「鏡」を操る能力も持つ。
普段はナイトメアを思わせる意匠の鎧に身を包んでおり、真っ赤な球状のコアに蠢く瞳が見える。また、常に一対の鏡を周囲に浮遊させている。
GBAシリーズ以前のボスの中では屈指の攻撃パターン数を誇り、またそのしぶとさは近年のラスボスにも劣らない。

なお、シリーズ恒例として専用コピー「マスター」を一戦目から使えるが、特に使用が強制されるわけでもなく、ほかのコピーを使う手段も存在する。
もっとも、よほどの腕かあるいは拘りがあるわけでなければ素直に使っておくのが無難である。
ちなみに、もし戦闘中に失くしてしまっても、第一形態戦では戦闘開始前に入手でき、第二形態戦では逐一シャドーカービィが届けてくれる。

第一形態

Battle Against the Dark Mind


前述の通り、ナイトメアによく似た鎧のようなものを身に着けている。
両者とも素早いワープと弾速の早いスターバレットを主な武器としているなど、何らかのつながりを感じさせるが、指先から星を発射するナイトメアに対しダークマインドは弱点でもあるコアの目玉から星を発射している。
常に一対の鏡「ダークミラー」を展開し盾の様にこちらの直接攻撃を遮り、戦闘を重ねるとこの鏡も攻撃に使用してくる。
撃破されると鏡のように砕ける自らの幻影を生み出す能力を持つ。
ダークメタナイトを倒すと姿を現し、最初はこの幻影をカービィに差し向けてくる。

この第一形態との戦闘は四戦構成となっていて、内三戦は幻影との戦いとなる。
本体・幻影共に弱点は攻撃時に曝け出すコア。ここを叩くことで大ダメージと怯みによる攻撃のキャンセルを誘発できる。
攻撃前に白いオーラを纏ってチャージする特徴がある。
なおスターバレットは吸い込んでコピーでき、色に応じて特定の能力を拾得できる。

  • 一~三戦目(幻影)
ワープ移動とスターバレット発射で攻撃してくる他、二戦目以降は鏡の回転攻撃が加わる。
常時攻撃可能だがダメージはそこそこ程度。
完全な連戦ではなく、一戦ごとに通常ステージのようなコースでの小休憩を挟む。途中で回復アイテムなども拾えるが、段階を追うごとに絶妙に嫌らしい道筋と配置になっていく上、戦闘ステージも半端な足場や水場など障害が増えていく。
そしてこれらを乗り越え四戦目にしてようやく本体が現れ直接対決となる。
  • 四戦目(本体)
本体との決戦ではダークマインドの攻撃も本格化し、連続ワープからのスターバレット連射や全体攻撃「クラッシュボム」といった攻撃パターンでこちらを翻弄してくる。
このクラッシュボムは時限式で体力も設定されている。がんばり吸い込みなら吸い込むことでクラッシュをコピーできる他、攻撃して破壊することもできる。
先述の通り弱点はマントの下のコアだが、四戦目は白いオーラを纏っていない状態で攻撃すると、虚像を身代わりにして回避されてしまう。
この四戦目を征するとついに本性を現し、最終決戦に。

100%クリアで解放されるミニゲーム「勝ち抜きボスバトル」では、この第一形態との戦闘が一回に省略されている。
戦闘ステージは本編一戦目と、行動パターンは本編四戦目と同じ。

第二形態

カービィとダークマインド


本物の第一形態を破ることで本性を現し、3のラスボス「ゼロ」を赤くしたような姿になる。
目から発射する各種の光線と一対のダークミラーを用い、さまざまなバリエーションの攻撃を仕掛けてくる。
画面にして半分近くを占める巨体を誇る。本体にぶつかってもダメージ判定はないが、逆にこちらからもダメージを与えられない。
ダメージを与えられる部位は瞳。しかし元々高いタフネスを誇る上に一撃を受けるたびに目をつむって追撃を回避してくるため、瞳狙いでは中々体力を減らせない。
攻撃時にのみ出現させるダークミラーが弱点になっていて、相手の攻撃を回避しつつカウンターを喰らわせてやることで大ダメージにつなげることができる。ただし、一定ダメージを受けたダークミラーは破裂し、破片となって襲い掛かってくるので要注意。

特に鏡を使った戦法に長けている。鏡面の反射でレーザーの軌道を変える「ダークレーザー」の他、第一形態の様に鏡をぶつける「ミラーアタック」も回転や移動に捻りが加わり回避の難しいものに。
さすがにゴルドーは出さないが鏡からザコ敵を召喚することがあり、特に召喚と同時に高速で体当たりしてくるウィリーが鬱陶しい。
ダークマインドには攻撃のパターンが存在し、体力の減少に応じて既存の攻撃を強化したり、第一形態と同じく「クラッシュボム」を使用してくる。
また、特に注意すべき以下の二つの攻撃も解禁される。

ダークビーム

ダークマインドが誇る大技の一つ。激しい振動と共に画面上部に移動し、上空から極太のビームをぶっ放してくる。
作中唯一メモリ2つ分という大ダメージ(体力を最大強化した状態でも全快状態の5分の1)を誇る上、3種類もの発射パターンを持つ。
最終的に画面全体をくまなく照射するパターンもあるので、予備動作が見えたら確実に回避できるようにしたい。

リバースワ-ルド

ダークマインドの大技の一つにして、自身を象徴する切り札。
画面を上下反転させるという驚愕の技。ダメージこそないがまさに初見殺しで、しかも画面に反し十字操作は反転しない(=左右逆の操作を強いられる)ため、狂った視界の中おぼつかない動きでダークマインドの猛攻を掻い潜らなければならないのだからたまったものではない。
後に同じ技を駆使する後輩が登場したが、反転中にこそ攻撃を激化させてくる点であちらとは一線を画す。

第三形態

第二形態を倒すと、全体的に体が小さくなり、纏うオーラも赤から白になった状態で逃亡を図り、これを追撃する形でおなじみのシューティングに移行する。ちなみにシリーズでは珍しい縦シューティング。
攻撃方法はスターバレットと突進のみだが、相変わらず多彩な攻撃パターンを持っており、カービィシリーズ中ではかなり厚めの弾幕を張ってくる。特にサブゲーム「勝ち抜きボスバトル」ではまさに最後の難関と言った具合になる。
ストーリー本編では、ダークマインドのHPを0にするとそのままスタッフロールに移行し、ついでにダークマインドに攻撃を当ててスコアを計上するミニゲームに突入する。カービィは攻撃を受けてもダメージを受けないが、怯んでしまい一時的に攻撃できなくなるのでハイスコアを目指す場合は回避も過たずこなそう。
高速で流れるクレジットを眺めながら星当てをする様はシュール以外の何物でもない
スタッフロール終了後、一定時間が経過するか最後にトドメの一撃を加えることでダークマインドが爆発、ついに完全撃破となる。

戦闘BGM

  • 第一形態戦

四戦すべてで通常のエリアボスと同じものが流れる。

  • 第二形態戦
ここからダークマインドの専用BGMが流れる。曲名は「ラストボス/第2形態
疾走感と共にラストボスとしての緊迫感も感じさせる曲で、大きく盛り上げるパートこそないが自然とリズムに乗ってしまうような軽快さを持つ名曲。
そしてなんと、同ゲームの海ステージ「OLIVE OCEAN(オリーブオーシャン)」のステージBGMのアレンジでもある。
  • 第三形態戦
最後のシューティングも勿論専用BGM。曲名は「ラストボス/第3形態
曲名からわかる通りダークマインドの第三形態BGMという位置づけなのだが、如何せんスタッフクレジットのBGMという印象が強く、そのためファンの間でも「第2形態」と「第3形態」のどちらが「鏡の大迷宮ラスボスBGM」なのかということで意見が割れることもある。当然ながら「両方共」が正解である。
ピコピコといった感じのメロディを繰り返す軽やかな曲で、シリーズの他ゲームでならミニゲームBGMとしてそのまま流れても違和感がない。
(上:第二形態、下:第三形態)


余談

「”ダーク”マインド」という名前と「球体状の体に一つ目」という外見から、ダークマター達「暗黒一族」の一員ではないかと言われている。
暗黒一族は人々の悪い心が具現化したものだと言われており、ダークマインドの「悪い心」を操る能力との関連を匂わせる。
また、マインド(mind)の対義語がマター(matter)であるため、2のダークマターや3のゼロとは系統の異なる同族、あるいは鏡の世界における暗黒の存在なのではという考察もある。
その他、ナイトメアに似た鎧の意匠から、より広い意味で「邪悪な存在が鏡に映った姿」という考えも存在する。
いずれにせよ、その本質は「鏡の中のわるいこころ」というもののようだ。

さらに余談ながら、ダークマインドの瞳は縦に切れた外見をしており、瞼も左右に開閉する。
カービィシリーズに数多く存在する一つ目キャラだが、多くは上下に開閉しており左右というのは非常に珍しい。

その他作品での活躍

参上!ドロッチェ団

お宝を集めて開放できるグラフィックピースの一つに写っている。
形態は第一形態で、公式イラストの大きくマントを広げコアを露出した状態の物。

なお、同作と「鏡の大迷宮」はお宝のコレクションシステムが似通っており、特にコレクションのカラースプレーで操作するカービィを着色できるのは他にはない共通点。

ウルトラスーパーデラックス

コレクションアイテムなどを含め、本人やその周囲の登場は全くない。
しかし今作にて初登場したデデデ大王強化体・マスクドデデデがかぶる仮面は、ダークマインド第一形態の鎧がモチーフであるという。
「大迷宮」ではシリーズ唯一デデデが登場しなかったゆえの選抜らしい。

トリプルデラックス

重要アイテムであったディメンションミラーと共にレアキーホルダーの一種として登場。こちらも第一形態。
今回のビジュアルは、腕を組みマントでコアを隠したゲーム中の待機状態の物。

と、これだけかと思いきや
本編クリア後の「デデデでゴーDX」モードにてなぜか「ディメンションミラー」が登場し、さらにダークメタナイトが復活。
それだけではなく、なんと新たにデデデ大王の心の闇を具現化、ブラックデデデを生み出してしまった。
ダークメタナイトはダークマインドがミラーを暴走させた結果メタナイトの心の闇が具現化されて生まれた存在であり、今回同じ経緯でブラックデデデが誕生したことでプレイヤーに不穏な気配を感じさせた。

そして熊崎Dのインタビューによると、
ディメンションミラーがセクトニアの玉座の間にあるのは、美しさを求める彼女の為にタランザが回収、献上したためであるという。
しかし彼の誠心とは裏腹に、鏡の魔力に魅せられたセクトニアはその心を醜く歪ませ、やがて本編の「絶世独立なる妖艶の悪女」へと変貌してしまったのだという。
要するに、ディメンションミラーこそがTDXの事件全てのそもそもの元凶であったのだ。
ダークマインドが消滅し、暴走も収まったはずの鏡が起こした悲劇。ダークマインドが遺した怨念によるものなのか、それとも…

みんなで!カービィハンターズZ

ヘビィハンマーのレア9防具として、ダークマインドの第一形態を模したものが登場。
目の部分がバイザーになり、マントが髪の毛のような質感で再現されている。ちなみに武器のハンマーは二枚のダークミラーをマスクドデデデの「ニューデデデハンマー」のように貼り合わせたもの。蓋が開いてビームとか撃てそうな外観をしているが、残念ながらそういった機能はない。
装備の説明文によると、金色の鏡の中に存在する「鏡の国」には、「かつて、国を支配せんとした『悪の心』が存在したが、4人のヒーロー一振りの剣によって打ち砕かれた」という話が伝わっているという。

レア8・9装備はボスを中心に過去のキャラクターがモチーフとなっていて、先述の通りダークマインド第一形態はハンマー使いのデデデ大王とも縁があるので選抜に違和感はないのだが、他ジョブのレア9装備のは解放時点で既にゲーム中に登場しているので、どことなく浮いた印象を受ける。
そう、思っていたのだが…リンク先ネタバレ注意!

The Mask of Dark Mind
暗黒武装



関連タグ

星のカービィ
鏡の大迷宮
ナイトメア ダークマター ゼロ
シャドーカービィ ダークメタナイト

pixivに投稿された作品 pixivで「ダークマインド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 146542

コメント