2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

シャドーカービィ

しゃどーかーびぃ

シャドーカービィとは、ゲーム「星のカービィ」シリーズに登場するキャラクター。
目次[非表示]

概要

 『鏡の大迷宮』にて初登場した、カービィの「悪」の側面とでもいうべき存在。
 とはいうものの、カービィ自身が表裏のない無垢な性格であるため、ダークメタナイトとは違い、ちょっとしたイタズラ好き程度の悪意しかない。
 見た目はカービィのカラーリングを全身灰色にしたもので、足の部分は黒に近い。

 迷宮の所々でカービィ達にちょっかいを出すも、黒幕ダークマインドとの決戦においては共闘。その後、これからは悪の心を持つ者から鏡の世界を守る「鏡の世界のカービィ」として戦うことを約束し、カービィ達と別れ鏡の世界に残った。

色鮮やかな世界の君



戦闘能力など

 ゲーム内では特定の場所に行くと独特の効果音と共に壁の中や何もない空間から急に現れ、さらにシャドーカービィが出ている間は画面のスクロールが固定されるため中ボス的な扱いかと思いきや体力はそこまで多くなく、一発殴れば簡単にやられて消えてしまう上、吸い込んで倒す事も可能。
 おまけに1UP、マキシムトマト無敵キャンディー等のアイテムまで落としていく(倒し損ねた場合は姿を消して逃げる)。

 他の敵キャラと異なり直接触れてもダメージはなく、戦闘能力はあまり無いように思えるが、場所によってはしばらくダメージを与えずにいると炎を吹いたりして攻撃してくる事があるため、カービィ同様コピー能力は使えるようである。
 なお、作中で使用する攻撃は炎を吐く冷気を吹き付けるカッターを投げつける爆弾を投げ飛ばすといった4パターンが存在する。
 これらの攻撃をしてくるシャドーカービィを吸い込むと、それぞれの攻撃に応じた能力を得られる。

 ダークマインドとのバトルでは直接加勢こそしてくれないものの、第二形態における戦闘に参加しているカービィが誰もマスターをコピーしていない時に画面端から出現し、マスターソードを投入してくれる。
 途中何かしらの形でマスター能力を失っても、時間が経過すると再び投げ渡してくる。

トリプルデラックス

 『星のカービィ トリプルデラックス』のミニゲーム「カービィファイターズ!」の「ひとりで」モードの7戦目最終戦にて、10年の歳月を経て再登場する。

シャドーカービィ


 鏡の大迷宮の時とは違い、体は紫色の宇宙のような異空間のような質感で目や口は白と、非常に神秘的かつ幻想的なデザインになっている。
 プレイヤーと同じコピー能力で勝負を仕掛けてきて、ここまで戦うカービィ達同様AIによって動いている。

 倒された時の消滅のしかたはダークメタナイトやブラックデデデのように鏡が割れるようなそれではなく、従来のボス格キャラのように爆発を起こして消滅する。

 なお、容姿や演出面に違いが大きく、彼専用のスペシャルページも存在していないため、このシャドーカービィが鏡の大迷宮で登場したシャドーカービィと同じキャラクターであるかはあのキャラと違い説明がない為不明であった。

 因みに、ザコ敵からミニゲーム内のラスボスに昇格したキャラは、これが初。

 なお、本作では過去に倒されたはずのダークメタナイト、さらにデデデ大王の心の闇が具現化したブラックデデデディメンションミラーから現れており、ダークマインドを倒した事で暴走が収まったはずの鏡の世界に再び異変が起きている事を示唆していると思われ、ファンの間では不穏な考察がなされる事もあった。
 上記の個体が過去にダークマインドを倒すべく共闘したシャドーカービィと同一の存在なのかは不明な事もあり、鏡の世界のカービィとして戦っているはずの彼の安否が気になる所。

スターアライズ

 Ver4,0からたまにジャマハルダの上空をワープスターに乗って横切る形で登場する。
 色合いは『鏡の大迷宮』時代の黒い色合いに戻っている。

カービィファイターズ2

本作においてはZとは異なりプレイアブル対象ではないが、ひとりでモードのラスト・ストーリーモードにおいては3度登場し、プレイヤーやあるいはバディのコピー・キャラに対応するコピーで現れる。その強さは無印時代から据え置きであり、ひとりでのめちゃむずの難易度は鬼畜の一言。ただコンティニューするほど疲れ難易度が下がっていくようだが...
ファイターズのシャドーカービィと鏡時代のシャドーカービィが同一人物であるかは不明であったが、本作の説明文を見る限り全員が同一人物であると判明している。その強さは鏡の国を守ってきた証しかもしれないとのこと。

漫画版

今日もまんまる日記!」では4巻に登場。マホロアが持ってきた呪われた鏡にカービィが映ったことで誕生した。手始めにマホロアが持ってきた闇の絆の仮面をデデデとメタナイトに装着させ、戦闘狂に豹変させてバディファイターズタワーまで連れ去ってしまう。
2人をけしかけてカービィとバンダナワドルディを迎え撃とうとするが、実力は2人の方が上だったため下克上され、黒幕にも拘らずラストバトルの前哨戦として立ちふさがる。
カービィの分身でもあるためカービィが強くなれば自身も同じ能力を獲得するため勝負がつかなかった。これこそがシャドーカービィの目的であり、カービィを強くすることで自身も強化を目論んでいた。
だが2人の勝負にワドルディが巻き添えになったことでカービィが怒り(シャドーカービィがやったと思い込んだ)、仲間を傷つけられた怒り、強敵との戦いで得た絆、そして空腹による腹ペコの連続攻撃の前に敗れ去った(いずれもまったく身に覚えがないためやられながらもツッコミを入れていた)。

関連タグ

星のカービィ カービィ ダークメタナイト ブラックデデデ
鏡の大迷宮 トリプルデラックス ミラー三人組
シャドウカービィ(表記揺れ)
マッシャー(こちらもザコ敵からミニゲーム内のラスボスに昇格している)

外部リンク

関連記事

親記事

ディメンションミラー でぃめんしょんみらー

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「シャドーカービィ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「シャドーカービィ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2091641

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました