ピクシブ百科事典

ワープスター

わーぷすたー

『星のカービィ』シリーズに登場する乗り物。またはシリーズの版権管理会社。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 星のカービィシリーズに登場する乗り物本稿で解説
  2. 星のカービィシリーズの版権を管理している企業名。正式には株式会社ワープスター。任天堂の関連企業。同様の会社である株式会社ポケモンも参照。
  3. NECが発売しているブロードバンドルーターのブランド名(Aterm WARPSTAR)


概要

カービィやその仲間たちが乗ることができる星型の乗り物。ステージ間の移動などに使われる。ワープの名を冠しているが、基本的にはあくまで空中を経由した高速移動手段に留まっている。一見しただけでもかなりのスピードが出ているのが分かるが、まったく振り落とされる気配を見せないあたり、やはり彼らはただものではないようである。
攻撃で破壊されることもあるが戦闘後には復活をしている。
乗り方はカービィは基本的にワープスターに掴まる(ムービーなどでは上に乗る)
グーイは逆さまにぶら下って乗る。2・3の仲間達とSDX・USDXのヘルパー達はカービィの隣に乗る。

なかなか真っすぐ飛んだりはせず、時には搭乗者を振り落とさんがごとき変態飛行を披露したり、
シリアスな場面では曲芸飛行を繰り広げて回避行動をとるなど、まるで自意識があるかのような描写がよく見られる。
少なくともエアライドにおいては性格的なものが設定されている。これはワープスターに限らず他のエアライドマシンも同様である。

その他の作品において

カービィのエアライド

エアライドモードにおいて、最初から使えるマシンとして登場。
性能としては平均的なもので、どのコースでもそつなく走行できる。
シティトライアルでは、全体的な性能が低いが旋回性能に優れる「ライトスター」と、飛行能力に特化した「フライトワープスター」という派生機体が登場する。
後者はドライブモードでしか使用できない。

アニメ版

カービィのパワーの源とも言われており、1話では傷ついたカービィがこれを見ただけですっかり元気になっていた。
しかしこの描写は1話限りだったので定かではないが、いつかワープスターが欠けてしまったとき、修復するまでメタナイトが無理に戦わせようとしなかった辺りやはりそうなのであろう。

大乱闘スマッシュブラザーズ

初代からカービィの登場演出として登場。

DX以降の作品でアイテムとして登場。
取った瞬間に効果が発揮され、上空に飛び上がった後に地上へ急降下し、落下地点にいる相手にダメージを与える。
落下地点は飛び上がっている時に調整する事が可能。

SPECIALのアドベンチャーモード『灯火の星』では、OPムービーでカービィがキーラの全体攻撃から逃れるため、名前の割に大半のプレイヤーに想定されていなかったワープ機能をお披露目することになった。
その際、歴代でも最高速度を叩き出していると思しき描写があり、ワープ寸前にこれまでにない高音でワープスターが全速力を出している。
普段のふざけた飛び方が嘘のように余裕の無い飛行姿を晒し、墜落するかのように一直線に不時着し消滅するも、最後の希望の星はその身を挺して守り切った。

このワープ描写についてだが、週刊ファミ通12月13日号での桜井政博氏のコラムにて、第1作目からワープスターはワープできるという事実が改めて説明されている。恐らくは、初代星のカービィにおける「バブリークラウズ」での移動シーンや、USDXのOPの最後の演出(いずれも星が八方に散らばり、カービィが消失する)が該当のワープシーンにあたるだろう。


関連イラスト

空とぶ煎餅
☆



関連タグ

星のカービィ
エアライドマシン

pixivに投稿された作品 pixivで「ワープスター」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 241903

コメント