ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

亜空の使者

あくうのししゃ

亜空の使者とは『大乱闘スマッシュブラザーズX』の一人用モードのことである。
目次 [非表示]

概要

英語表記:The Subspace Emissary

一人用の横スクロールアクションゲーム。

前作のアドベンチャーモードが数十分のストーリーしか無かったのに対し、今作はストーリー展開に沿った形でキャラクターを使用し、ステージをこなしていく。

また、二者択一のムービーも用意されており、全て見るには最低でも2週する必要がある。

ムービー及び絵コンテはufotableが制作している。


さらに、1人用モードとして『ボスバトル』というシステムが存在する。

『亜空の使者』のボスキャラにマスターハンドクレイジーハンドを合わせた総勢10体のボスとの勝ち抜き戦を行うというもの(対戦するボスの順番はランダムで選ばれるが、最後のタブーのみは固定されている)で、回復アイテムは休憩所におかれたハートの器3個のみ、コンティニューはできず、1ミス=失敗というハードなゲームモードである。特に最高難易度の『ゲキむず』は非常に難易度が高く、本作最大のやりこみ要素として有名であった。


未だに語り継がれるコンテンツであり、桜井氏も亜空の使者に関して様々な裏話を語っているが、ストーリーは良い外注先が見つからず(そもそも全ファイターに格を落とさない見せ場を用意しながら破綻しないストーリーを作るというのも無茶だが)制作チームでの内作になった事、通常のファイターとは別でパラメータを設定している点等、様々な苦労を挙げており、かなりの難産だった事が窺える。

その為か、次回作の『大乱闘スマッシュブラザーズ for Nintendo 3DS / Wii U』ではアドベンチャーモードが廃止され(代替モードとして『for Nintendo 3DS』では「フィールドスマッシュ」が、『for Wii U』では「ワールドスマッシュ」が用意されている)、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』のアドベンチャーモード「灯火の星」は「『亜空の使者』のようなストーリーモードでは無い」と明言されている。


ストーリー

フィギュア達の集まる「この世界」。ここでは彼らは戦うときに実体化し、戦う。負ければフィギュアに戻される。そんな乱闘の世界に平和が続いていた。

だが、平和な「この世界」に突如として現れた亜空軍。

戦士達は彼らの野望を止めるべく、各地で戦いを開始するのであった…。


関連イラスト

スマブラアニメ風(まとめ)スマブラアニメ風2

亜空の戦士達【スマブラアニメ企画】さて、どうする?

vsリドリー戦場の砦

The Subspace Emissaryちょっと亜空行ってくる


関連タグ

大乱闘スマッシュブラザーズX 亜空軍 スマッシュプレート


灯火の星:次々回作品のアドベンチャーモード。

関連記事

親記事

大乱闘スマッシュブラザーズX だいらんとうすまっしゅぶらざーずえっくす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1446740

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました