ピクシブ百科事典

灯火の星

ともしびのほし

「灯火の星」とは、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』における1人用モードである。
目次[非表示]

ファイターを全滅させ、フィギュアの身体を奪った、光の化身“キーラ”
新たな創世を狙うキーラに立ち向かうため、ファイターとスピリッツを解放してすすめ!

概要

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の新システム「スピリッツ」におけるアドベンチャーモードの副題。
英語版は『World of Light』。
スマブラX』の「亜空の使者」とは異なり、ストーリー描写はゲーム内にはあまり盛り込まれず、「スピリッツボード」と共に前作までの「イベント戦」を大幅拡張したモードとしての役目を担っている。

ストーリー

光の化身“キーラ”によりフィギュア達の身体が奪われてしまった「この世界」が舞台。
プレイヤーはキーラによる拉致を免れたカービィをファイターとして操作し、捕らえられたファイターのコピーボディに憑依させられて暴走するスピリッツや、キーラに操られたファイターたちのボディを倒して解放していく。

システム

基本システムは『スーパーマリオブラザーズ3』に近い。
複雑に枝分かれした「この世界」を移動し、道をふさぐスピリッツやファイターとのバトルをこなして行動範囲を広げていく。
特定のスピリッツを持っていないと進めない道もあり、多くのスピリッツを持っていたほうが有利。

マップで表現された「この世界」は原作ゲームの様々な要素を織り交ぜた世界観をしており、中には原作ゲームを部分的に再現した箇所もある。

セーブデータはソフト1本につき3つ。
難易度設定は「やさしい」「ふつう」「むずかしい」とVer4.00 で追加された 「とてもかんたん」 の4種あり、いつでも変えられる。

スピリット戦

「スピリッツボード」と同様、ファイターのボディに憑依したスピリットとスピリッツバトルを行う。スピリッツバトルについては「スピリッツ(スマブラ)」の項を参照。
勝つとスピリッツを仲間にできる。
クリアの上ですべてのスピリッツに勝つ必要はない。
特に階級がレジェンドのものはぶっちゃけキーラより強く設定されているものも混じっているため、準備が整っていないなら倒さず避けて進んだ方が良い。

初撃



登場するスピリッツはマップごとに固定。「スピリッツボード」と異なり、何度でもノーリスクでリトライでき、バトル後のミニゲームも不要。ただし持ち込みアイテムは使えない。
キーラの魔手から逃れたはずのカービィもボディとして出てくるのはご愛嬌。
また、システム上コピーファイターのボディが本体という事になってはいるものの、ステージギミック、モンスターボール、アシストフィギュアのスピリッツは別に肉体を失っている訳ではなく、自身も生身で戦闘に参加し襲ってくる。

ファイター戦

カービィ以外のファイターたちと戦う。ルールは1ストック制。ステージは終点化で固定。
勝つとファイターを仲間にできる。
クリアの上ですべてのファイターを解放する必要はない。

赤目


なお、ファイターの解放は今作において隠しファイターを使えるようにする方法のひとつで、「灯火の星」で仲間にしたファイターは、乱入戦を経ずに「大乱闘」など他のモードでもすぐに使えるようになる。
逆にDLCファイターは他のモードでは無条件で使用可能だが、このアドベンチャーでは「ファイターを10人仲間にする」ことが必須となっている。

ボス戦

条件を満たすことで出現するボスと戦う。ルールは従来のシリーズと同様、ファイター側がストック制・ボス側が体力制。
クリア上、すべてのボスに勝つ必要がある。
一部のファイターはボスに変身しており、上記のファイター戦を兼ねている。

施設

スピリッツの中にはマスタースピリットがおり、彼らとのスピリッツバトルに勝つことで施設が開放される。
一見暗いストーリーに反して、マスタースピリット達の雰囲気は明るい。

商店SPでアイテムやスピリッツを購入できる。
訓練場アタッカースピリットを預けて自動でレベルを上げられる。
探索場スピリットを一定時間預けてアイテムを入手できる。
道場スピリットを一定時間預けて能力を変化させられる。

詳細は「スマブラSPに登場するスピリット一覧」を参照。

スキルツリー

報酬などで手に入るアイテム「スキルのかけら」を消費してスキルを開放できる。スキルでファイターの能力を底上げできるため、開放するほど有利になる。
習得したスキルは任意でON/OFFが可能。

ボス(ネタバレ注意)


余談

最初のファイター

本作のディレクターである桜井政博はカービィの生みの親でもあるが、カービィを最初のファイターに選んだ理由について、桜井自身は「最初の段階ではカービィ、パルテナ、ベヨネッタと決めていたが初心者向けではないパルテナとベヨネッタが最初のキャラのも無理があり、誰でもやさしいものにする等、企画の観点から消去法でカービィとなった」と『ファミ通』のコラムで語っている。
初公開のPVではあたかもカービィが主人公のような演出がされていたが、PV以外でカービィの見せ所がある訳ではなく、ステージを進めれば別のファイターを仲間にして切り替えられるため、特にカービィが主人公というわけではない。

サブタイトルのアナグラム

サブタイトルの『灯火の星』を逆から読むと、『星のカービィ』になる
(灯火の星→星の火灯→ほしのかび→星のカービィ)。
ただし、これは桜井曰く後から気付いていたものの偶然だとしている。

ムービーについて

ファイターたちがキーラに光線を撃たれている際に、シュルクの右後ろへの警告の折にリンクマリオの左から右に移動している。この位置はカービィがいた位置のちょうど光線側になっており、シュルクの警告とリンクのジャストガードのおかげで、逃げる手段を持っていなかったマリオではなく、ワープスターを持っていたカービィが逃げることができたのではないかとの推測もなされている。

また、各ファイターの倒され方にはいくつかネタも仕込まれている。ファイターたちがなすすべもなく消滅していく中、スネークWiiFitトレーナーの行動にクスリとさせられた視聴者も多いのでは?

前作の『3DS/WiiU』に引き続き、前々作の『X』にあった「亜空の使者」のような明確なストーリー描写はない。
この理由について桜井は「苦労して作ったムービーもインターネット上に勝手にアップロードされてしまいます。ユーザーの感動は最初の1回きり。それがゲームでない場所で切り出されることは遊んだプレイヤーのご褒美になりえないと感じたのでやめることにしました」と、ユーザーによる「亜空の使者」のネタバレなどが理由であるとコメントしている。
スマブラX時代には発売日にシナリオのネタバレを動画サイトにアップするのはやめろという旨の発言もしている。
一方、ゲーム動画のyoutube投稿機能を実装するなど動画公開自体にはかなり肯定的な姿勢を見せている。あくまで初見を奪う形でのネタバレを問題視しており、発売から時間が経過し最終面の展開が周知された現在では特に初見の楽しみを奪ってしまう事は無いので、極端な自重はもう必要ないと考えられる。

関連動画



関連タグ

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スピリッツ(スマブラ)
命の灯火 光の化身キーラ 闇堕ち
クロスオーバー

マルス理論

関連記事

親記事

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「灯火の星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1431973

コメント