ピクシブ百科事典

灯火の星

ともしびのほし

「灯火の星」とは、『大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』における1人用モードである。
目次[非表示]

ファイターを全滅させ、すべての生物の身体を奪った、光の化身“キーラ”
新たな創世を狙うキーラに立ち向かうため、ファイターとスピリッツを解放してすすめ!

概要

スマブラシリーズのコレクション要素となるフィギュアを廃止した代わりに実装された、
大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL』の新モード『スピリッツ』内に復活したアドベンチャーモードの副題。
英語版は『World of Light』。
スマブラX』の「亜空の使者」のようなストーリー描写はゲーム内にはあまり盛り込まれず、ゲーム性としては「スピリッツボード」と共に、前作までの「イベント戦」を大幅拡張したモードとしての役目を担っている。

光の化身“キーラ”によりほぼすべてのファイターが破滅的大敗を喫し、ファイターたちも含む生命の身体が奪われ、全てが消滅してしまった世界が舞台。
プレイヤーは唯一消滅を免れたカービィをファイターとして操作し、捕らえられたファイターのコピーボディに憑依させられて暴走するスピリッツや、キーラに操られていると思わしきファイター達を倒して解放していくことが当面の目的となる。

堕つる女神
闇ゼルダ姫


利用されてしまったファイター達は、目が赤く妖しく光っているのが特徴。

詳細は明らかになっていないが、ボスとしてリオレウス亜空軍ガレオムが登場する。

余談

サブタイトルの『灯火の星』を逆から読むと、『星のカービィ』になる
(灯火の星→星の火灯→ほしのかび→星のカービィ)。
※但しこれは公式発表があった訳ではなくあくまでも受け取り側の推測。

ファイターたちがキーラに光線を撃たれている際に、シュルクの右後ろへの警告の折にリンクマリオの左から右に移動している。この位置はカービィがいた位置のちょうど光線側になっており、シュルクの警告とリンクのジャストガードのおかげで、逃げる手段を持っていなかったマリオではなく、ワープスターを持っていたカービィが逃げることができたのではないかとの推測もなされている。

また、各ファイターの倒され方にはいくつかネタも仕込まれている(詳細は光の化身キーラにて)。
歴戦のキャラクターたちがなすすべもなく消滅していく姿に絶望する中、スネークWiiFitトレーナーの行動にクスリとさせられた視聴者も多いのでは?

注意

初公開のPVであたかもカービィが主人公かのような演出が見られたことや、本作のディレクターである桜井政博はカービィの生みの親でもあること、先述のタイトルのアナグラムもあり、発表時は(良くも悪くも)「スマブラというよりカービィの新作では?」という反応が強かった。
これについて「亜空の使者」に続くカービィの優遇として難色を示すユーザーの声もある。一方では様々な理由付けをして「カービィこそ主人公に相応しい」という声もあるが、その中にはカービィを持ち上げすぎて他のキャラを軽んじてしまってる意見も出ている。また、桜井があえてこの采配をしたことを深読みし、テーマを考察するユーザーもいる。

しかし、このモードの詳細は現在明らかにされておらず、発売前の段階で優遇かそうでないかを決めつけ合うのは不毛である。桜井も「これだけはゲームを購入して、みなさんに楽しんでいただきたい」とコメントし、詳細の説明を避けている。
スマブラに限らず、クロスオーバー作品でのキャラクターの扱われ方はデリケートな話題なので、議論をするにしても他人に不快感を与えないよう注意をした方がいいだろう。

関連動画



関連タグ

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL スピリッツ(スマブラ)
カービィ 星のカービィ 命の灯火 光の化身キーラ
亜空の使者:前作のアドベンチャー

マルス理論

pixivに投稿された作品 pixivで「灯火の星」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 336820

コメント