ピクシブ百科事典

マルス理論

ひとりでじゅったいぐらいたおせればいけるか

マルス理論とは、かの伝説の英雄王なりの理論である。
目次[非表示]

概要

大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL灯火の星の初報ムービーにおけるマルスの台詞から発生した理論の事である。
別表記にマルス算がある。こちらはFEHシグルド算にかけた呼称である。

今日こそ決着をつけてやる!」と空に舞う大量のマスターハンドと対峙するスマブラファイターたち。それを見つめる中、マルスが真っ先に口を開いた。

「一人で十体ぐらい倒せればいけるか?」

解説

マスターハンドといえばスマブラシリーズにおける定番のラスボス存在であり、それを10体倒せという割と過酷なノルマは視聴者に「無茶言うな」「お前は何を言ってるんだ」「脳筋」なとどいう第一印象を植え付けた。
動画中でも比較的印象に残りやすいタイミングの台詞だった事や、イケメンがいい声で何を言ってるんだというギャップもインパクトの一因であろう。

一方しかしながら、ファイターは総勢74人。10体をノルマにすれば740体は倒せる計算である事、あるいはこの絶望的な状況を攻略するという視点で見れば意外と現実的ではないかという意見もある。
(740体という計算結果はポケモントレーナーアイスクライマー、ボーイとガール2人が画面に映っているインクリングのカウントの仕方によってはある程度変動する。増える可能性を思えば原作基準の戦闘力に乏しいしずえさんなどがノルマを達成できない事を考慮してもある程度の戦力はある事になる)

そもそも彼の出身作・本家「ファイアーエムブレム」の作風自体、自軍よりも多い敵に少数精鋭で立ち向かう構造である事を踏まえれば、一人で10体倒そうという考え方も彼にとってみればそこまで不自然なものではない事が分かる。絶望的な数の敵を前にしても、冷静に敵の戦力を分析できており、それでいてなおかつ「もう駄目だ」ではなく「こうやれば倒せる」というポジティブな発想でいられるのは流石FE主人公・ロードの肩書きを背負ってきた者といった所だろう。加えて最近は百人組み手に続き元シリーズでも無双してきたばかりであり、こうした状況を彼は明確に上り詰めてきたということだ。

実際ゼルダピットが彼の言葉に反論や違和感もなく同調している所を見ると、一般人の感覚では理解しがたいだけで歴戦の英雄的には納得の行く言葉なのだろう。加えて「どうぶつの森」などの非戦闘ゲームの出身者も少なくない中、二人とも戦闘のあるゲームの主役級を人選しているのも特徴的である。

またこの台詞自体、単純に敵の総数や状況の過酷さのイメージを視聴者に植え付けるという意味でストーリー上必要な台詞だというのも事実。人語を喋りかつバックボーンからして発言に違和感のないキャラクターとして彼が担当しているのかもしれない。

同ムービーは各キャラクターの「らしさ」が詰め込まれた芸の細かい小ネタも多数登場している。この台詞もまた一言ではありながらマルスのキャラクター性やFEのゲーム性、彼の軌跡を表現しているのかもしれない。

余談

この台詞を応用して「一日で原稿10ページやればいけるか?」などの理論が出現しているが、実際のスケジューリングへの利用は注意されたし。

またネタ系全般に言える事でもあるが、ファンの中には苦手or不快に思う人もいるので、過剰な取り扱いには注意しよう。 話題にする場合は節度を持っての利用を心がけたい。

関連動画

※該当の台詞は0分26秒ごろ


関連タグ

スマブラ 大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL 灯火の星
マルス(ファイアーエムブレム) 経験者は語る

pixivに投稿された作品 pixivで「マルス理論」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 148107

コメント