2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

説明

せつめい

解説のこと。また、何かを説明したイラストや小説ページに使用されるタグ。
目次[非表示]

概要

そのものがどのようなものかを伝えようとすること。解説とも。両者の差分は、説明が中立的で、解説が(解説者の立場等を加味した)やや主観的視点を含むものとされる。

かなーり野暮な言い方をすれば、まさにこのpixiv百科事典の各項目にしるされている文章こそが「説明」や「解説」の具体例といえる。

物事の背後関係経緯、作劇の世界観、それらの込み入った部分を解説するためにある程度のリソースが割かれるのはある意味でのお約束であり必要事項。
特に専門的かつマイナーな事柄は一般人が知らないことの方が多い。これらは誰か専門家が説明しなければ話しが前に進まない。「説明」あるいは「解説」とは言わば理解され難い事柄をスムーズに進めるための手順(もしくは潤滑油)なのである。

手段も会話文章イラストなどがあるが、それぞれ「相手の疑問に適宜に応対できる」「伝いたい情報箇条書きなどで一挙にまとめられる」「相手に具体的なイメージをダイレクトに伝えられる」といった差分がある。

注意

ただしこれが難しいところで、「説明」を行うのはあくまで人間であり(※近年ではAIなんてイレギュラーもあるが…)、なかには説明が下手くそな人物もいる。集団社会の不条理さがゆえに、そんな人物が説明担当者や司会進行役として抜擢されるという悲劇がしばしば発生する。
原因は様々だが、そもそも本人が無知半可通という本末転倒なケースや、その人が有能であってもインプットはできるがアウトプットができない性格だったなんてことも。

場合によっては説明自体に熱中しすぎて雑学をひけらかすのが目的と化してしまうケースも多々あり、逆に物事の進捗を大いに妨げてしまうこともある。当事者にそのつもりがなくても、まわりくどかったり内容が余談じみてくると受け取り手からはわけがわからないよ〜」くどい!」と言われてしまうことも。
この現象は、俗に脱線と呼ばれる。許容範囲を逸脱してしまえばそれは「説明」では無くなってしまい、受け取り手の理解に努めようとするモチベーションを下げてしまうのである、気を付けよう。

言うまでもないが、説明そのものが難解で誰にも理解できないものだったら意味が無い。なるべくなら、簡単かつ簡潔に、分かりやすくできるのが望ましい。

また、自信満々で説明した後にその内容が間違いだったと判明するのもよくあること。
そんな場面には、誤った説明をしたことを素直に謝る→正しい訂正を行うのがトラブル回避のポイント。
……照れ隠しなのか、まれに「ギャグよギャグ、冗談に決まってるじゃ〜んw」的な詭弁じみたコメントで誤魔化しにかかる者もいるが話しがややこしくなるので止めよう(諌め)

もちろん、無礼講や悪ノリの名目で悪質な冗談をねじ込むマネをすると名誉毀損風評被害の遠因となるケースが多数であり、決してお勧めはしない。
なにより、世の中にはまったくの嘘の説明をすることで不当な利益誘導を行う詐欺師や、出典の不確かな怪しいネタを真実だと錯覚している実質的な半可通や陰謀論者、それらを分かった上で敢えて意図的なデマ情報を拡散させたがる愉快犯といった人種がいることも留意しておかなければならない。

同時に、俗に言う不都合な真実は社会的混乱をもたらすとしてあえてスルーするか曖昧な表現に留めようとする報道しない自由や、さらに認識そのものを捻じ曲げてしまう印象操作も、その実は古くから必要悪として広く適用されてきた歴史がある。

事実上、社会で生きていくには各個人がメディアリテラシー(=情報の選別選択能力)を高めていく必要がある。
説明であれ何であれ、それを鵜吞みにはせず、本当に正解な情報かどうか確認をするのはもちろん、その情報を他者に伝える際には解りやすいよう創意工夫し、それに無責任にならにいよう心掛けよう。

要出典のネタや独自研究を敢えて挙げる場合には、※諸説あり※個人の感想ですといった注意喚起を何らかのかたちで行うのも対策の一つである。
実のところ、半ば疑似科学プラシーボ効果狙いが実態の商品等や、ほとんどセンセーショナルさだけがウリのゴシップ紙や一見マジメを装った自己啓発本の類いが後々になって炎上騒動を頻繁させているのは、これを行わずに周囲に不利益や不快感を与えてしまっているからでもある。

エンターテインメントにおいて

マンガやアニメなどでは、そのストーリーでの重要な箇所を重点的に語るための解説役が配置されることが多い。
知っているのか雷電も参照。
当該キャラがあまりにベラベラと喋りすぎて「何でお前がそんな事まで知っているのさ?!」とツッコミが入るのも今や定番。

ただし、クリエイターというひねk…もとい個性的であるのが宿命な芸術家の係累が大部分で関与している以上、こちらも「説明」に関連したトラブルが絶えない。
大量の歴史上の豆知識と作中のフィクションネタを特に注意喚起すること無く併記してしまい後々に特定の実在人物がいわれのない悪印象を世間から持たれるなどの風評被害が発生してユーザーや専門家から総ツッコミに曝されても最後まで悪びれることの無かったこの人や、
大スケールな世界観風景を形作っている中心人物なのにストーリー設定に関連したちゃぶ台返しが茶飯事で関係者との信頼関係にまで影響を及ぼしたことがある個人としても虚言癖を持つことで有名なこの人など、
例を上げていけば切りがない上に一つひとつ調べると非常に闇が深い

クリエイターが信用ならないなら、ユーザーはいったい何を信じればいいのさ?!(半ギレ)

解説動画

近年よりYouTubeニコニコ動画などの動画投稿サイトが充実してきたことで、有名無名の個人が時事ネタ流行、専門知識やその他様々なネタを配信者の独自の解釈で説明する解説動画といったものも出現し、知識の共有に幅を広げている。

ただし、これも多くの場合で配信者の個人的な持論独断と偏見、あるいは忖度の類いが含まれていることも留意しておく必要があるのは変わりはない。

(もっとも、この点は以前からあるTV新聞雑誌などのメディアでも同じ。)

pixiv上での説明

pixivの投稿においては、何かを説明していたり、説明の目的で描かれているイラストのタグに用いられる。

ダーツの説明
夏コミ新刊の説明書その1


また、マンガ形式の投稿の最初のページで説明を設け、閲覧者に注意を促す場合もある。

小説ページでも投稿小説の前書き等の形で、説明を書き連ねたものが投稿される事がある。

イラスト内に「説明」の二文字が登場しているだけというものもないわけではない…というかこのゲーム関連である。

でっでっててん♪



関連タグ

解説 解説者
誰か説明してくれよ! 説明しよう!

関連記事

親記事

日本語 にほんご

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「説明」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「説明」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 613893

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました