2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 加熱乾燥などの加工をしていない食品。特に魚介類について言う。
  2. 陳腐化が早くすぐに価値の下がる工業製品に対する俗称生鮮食品(なまもの)が早く売らないと価値が下がってしまう、または売り物にならなくなることとかけた俗語。
  3. 柴田亜美漫画南国少年パプワくん」および「PAPUWA」に登場するパプワ島の生き物の総称。そこから転じて、得体の知れない珍妙な生き物を指して言う言葉。作中では「生物」のルビに「ナマモノ」と書かれている。
  4. メルティブラッドシリーズにおけるネタカオスの権化の事。最近では別次元にも増えた。
  5. 実在の人物を題材にした同人ジャンルや、同人誌などを指す俗語


ここでは5について記述する。

解説

「実在の人物」を題材にした二次創作のこと。
そのようなネタ、および同人ジャンル、同人誌などを総称した隠語である。

生モノnmmnとも表記され、海外ではRPSRPFなどの略称(現在はRPFが主流)がある。

主にリアルタイムの人物をネタにしたものがそう扱われる。故人についても亡くなって日の浅い人物についてはナマモノ扱いされることもあるが、歴史上の人物を題材にしたものはナマモノジャンルではなく歴史創作ジャンルに当たる(ナマモノに引っ掛けて「ヒモノ」「カワキモノ」の呼称もある)。

対象となる人物は本尊と呼ばれることもある。

バリエーション

タレントスポーツ選手俳優声優芸人など題材は様々。
最近では歌い手踊り手生放送主実況者動画投稿者アマチュア声優、海外アイドル(K-POPなど)系なども題材にすることがある。

その人物単体を萌え・同人的な視点で扱った作品や、オリジナルキャラクターと絡ませる夢向け作品もあるが、もっとも主流なのは有名人同士を妄想カップリングして楽しむ同性愛ネタ(腐向け/BL百合/GL)である。論外であるが、稀に本人や関係者に対するヘイト創作として行う例もある。

その歴史は古く、1980年代の同人バブル期には、既にジャニーズスポーツ選手などを扱ったナマモノ同人誌が即売会に並んでいた。1990年代にはオウム真理教幹部の上祐史浩と青山弁護士のBL本が出回りスポーツ紙に取り上げられた。

2000年代からは、萌え美少女化(美青年化)ジャンルが勃興。2010年代になると存命作家の名前を持つキャラクターが登場する文豪ストレイドッグス外伝など、ナマモノの要素を含んだ商業作品も登場した。またニコニコ動画やYoutube動画サイトの隆盛により、それらの投稿者をネタにしたナマモノが作られるという潮流も起きている。

また、2017年頃から台頭したバーチャルYouTuber(VTuber)も、「キャラクターのアバターを被った中の人自身による活動」として捉えることができ、これらの二次創作をナマモノの一種として捉える考えもある。
そういう意味では某ボイスドラマの二次創作もナマモノ扱いか。

テレビドラマなど実写作品を題材にした二次創作は「半ナマ」という呼称もある(上述のヒモノ・カワキモノとは無関係)が、これは(実在の俳優が演じる)「架空の人物」を素材にしているので、「ドラマ同人」などと呼ばれ、基本的にはナマモノには含まれない。

創作する上での注意

実在の人物を題材にするという特性上、当人の人格権注1)を損ねたり、当該人物の関係者やファンから怒りを買う可能性をはらんでいる。

商業作品はさすがに元ネタの本人から了承を受けているが、存命人物をネタに好き勝手やった作品が横行している同人は「お目こぼし」されているだけで、本人から抗議を受けたら作者は文句は言えないのである。場合によっては、信用毀損・業務妨害・名誉毀損等で本人から訴えられる恐れもある事を忘れてはならない(注2)。

エゴサーチをしている芸能人も多いため、ふとした所からナマモノの話題が目に入るケースは多々あり、自分を題材にした腐向けイラストなどを、自身の公式Twitterアカウントにあげたような例もある(某ハリウッドのスターなど)中には某日本の歌手のように「自分をネタにした薄い本がほしい」とかジョークにする人もいるが、これを真に受けてナマモノ同人誌を送るような行為は控えたほうが無難である。

注1) 人格権とは、法律上保護されるべき個人の人格的利益。生命・身体・自由・名誉・プライバシーなど当人と切り離せない私権。ナマモノは他人の氏名や肖像の無断使用、名誉権の侵害などに該当する可能性がある(イラストであっても名誉感情を侵害するものであれば肖像権は発生しうる)。
注2) 実在人物の名前を使ったナマモノ同人誌であっても、作品内の描写が当該人物の「実像」と誤解されないように配慮されているのであれば人格権の侵害には当たらず、ナマモノの法的リスクは他の二次創作同人誌とさして変わらないという見解もある。

対策

上記の問題を回避するため、「ナマモノジャンルは隠れるべき」というのが一般的認識。ましてやナマモノ同人誌等を題材にした本人に送りつける事など、言語道断である。本人や関係者、一般のファンなどの目に触れないようにする配慮がナマモノ同人活動における最低限のマナーである。

具体的には以下の防衛手段がある。

  • サイトが検索エンジンに引っかかることがないよう検索避けをする。
  • サイト(ブログ)にパスワードを設定する
  • pixivで活動するならマイピク限定で公開しランキング入りを避ける、Twitterなら鍵をかける
  • 小説投稿機能で投稿する小説のサムネイルは、汎用の物か自作等が望ましい。肖像権を無視したコラ画像等は題材に関係なくpixivガイドライン違反の為、絶対にやめよう。
  • 一部ではあるが、オリジナルタグをつけているナマモノ作品も存在する。ここでいうオリジナルとは一次創作と同義であり、二次創作とは大きく異なる為、オリジナルタグをつけるべきではない。こうした事例が後を絶たなかったためか、後述するガイドラインが新設されている。

上記はあくまで一例であり、配慮の仕方は人それぞれである。また配慮の仕方に対しこだわりがある人も多く、スタンスの差から論争に発展することもある。本人だけでなく、一般ファンの反感からの自衛のためにも、十分な配慮が必要であろう。

究極の防衛策は「公の場に一切出さず、自分一人で楽しむ」ことである。

なお、ナマモノではなくなるが実在の人物の名前や属性を変え、オリジナルキャラクターとして造形する手もある(この場合オリジナル創作ジャンルになる)。こうすれば元ネタがあからさまなキャラクターであっても、「別人です」と言い訳できるので、訴えられるリスクは低くなる。 参考:Prizmmy☆ PURETTY

実例

上記で説明した事情もあり、(許諾外の二次創作の投稿を禁止している)小説家になろうでも第二次世界大戦を一区切りにして存命の著名人を題材にした作品の投稿を禁止している。これに関しては(仮に)一次創作であっても例外ではないので注意。これに関連して三億円事件を題材にした作品があったのだが、現在は削除されている(書籍化が理由という説が有力)。
(参考リンク:二次創作の投稿に関して(小説家になろう)

カクヨムに関してはナマモノの投稿禁止を明言しているような規約はないが、ジャンル的な事情(二次創作)もあって投稿は推奨されない。基本的にカクヨムで許可されている二次創作は版権許諾済みの物に限られる。なお、2022年2月25日には田原総一朗氏を題材とした二次創作のコンテストを行うが、ある意味でも公式で「タブーに挑戦!?」と書いているため、イレギュラー中のイレギュラーと言えるだろう。
(※その詳細に関してはカクヨムのリンク先にて)

ハーメルン(小説投稿サイト)では、いかなる作品であってもナマモノに該当する作品は禁止されている。

pixiv内でも投稿には配慮が必要とされるジャンルだが、特に一次創作以外の投稿を禁止しているピクシブ文芸へ該当作品を投稿するのは避けることが求められていた。
(人気の二次創作の場合、小説デイリーランキング上位入りが容易、仮にランキング入りした際への対応が遅い、それが影響して二次創作小説が数日~1週間はランキング入りする為である。こちらに関しては、実際にランクインした事例も報告されている。それに加えて、ピクシブ文芸ではデイリーランクインしてもメール連絡がある訳ではないので、投稿者がミスに気づかない場合が多いのに加え、ジャンルタグ以外は作品を閲覧しないと見る事が出来ないと言う致命的な弱点がある。ピクシブ文芸は2021年3月にサービス終了をした)

該当ジャンルをどうしてもやりたいと言う場合は、ピクシブ文芸のチェックを入れないのがトラブル回避等の点からも有効だろう。

ピクシブ文芸への二次創作誤爆等が相次いだ結果、『小説の表現内容について』(ガイドライン下の部分)が11月15日に追加された。そこには実在する人物(芸能人、配信者等)を題材とした作品をオリジナルタグを付けての投稿は不可であり、ジャンルの設定解除も行う事が明記されている。

DLSiteでは(当人の合意を得ているか、萌化・声優ネタなど肖像権などを侵害しないものはともかく)存命中、または最近亡くなられた人物を題材にした創作物は禁止されている。

DMM(現FANZA)では、ナマモノに当たる創作物は禁止されている。

アリスブックスでは、現在存命中の実在の人物を扱った創作物は取り扱いがなされない。なお、アリスブックスはポケモンジャンルも禁止している(補足すると、ポケモン同人誌事件は背後に暴力団がいると思い込まれて捜査された経緯があるので特定のジャンルが危ないということとは無関係である。参考まとめアーカイブ)。

メロンブックスではナマモノ同人誌の取り扱いはなされないが、とらのあなでは禁止対象ではない。

ウマ娘プリティーダービーは、ウマ娘自体は人物には当たらないものの、元ネタとなった競走馬の所有者や企業などが絡んでくるため、事実上のナマモノジャンルの様相となっている。このゲームでは公式から二次創作で題材となる競走馬のイメージを損なう表現を行わないよう注意喚起がされていたが、ウマ娘を題材にしたエロ同人誌などが多数出回ったことから、改めてガイドラインを設け、「暴力的・グロテスクなもの、または性的描写を含むもの」を明確に禁止とすることになった。

FANZAGAMES(DMMGAMES.R18)ではAV女優を題材とした実写ソーシャルゲームがいくつかサービスされている。公式が性的表現を含むナマモノを作っている例外的事例と言えるだろう。しかし、メーカーによっては出演NG(最初から登場しない)だったり、時期によってガチャ排出がなくなるケース(出演女優の契約終了等)もある。

Pixivに見るナマモノ活動

センシティブな創作である以上、「多くの人の目に触れてはいけない」が大前提である。
漫画形式にしてサムネイル表示されないよう工夫をする等の手段もある。

Pixivでは「ナマモノ」タグをつけているだけのイラストも散見され、本人達の名前に加えCP名や「腐向け」タグをつけるだけでは棲み分けとして機能しない。

しかし、百合創作においては、腐向けほど棲み分けという考え方が周知されていないということもあり、「ナマモノ」タグすらついておらず、本人の名前も堂々とタグ付けされていることがある。特にナマモノタグではなく、RPSタグをつけている場合、堂々と実在アイドルのタグ及びカップリングタグをつけているケースもあり、それらの作品が実際にpixiv上の小説デイリーランキングにランクインするという事例もあった。

ニコニコ動画などにおける「実況」などの顔を出さないジャンルにおいても同様で、「から姿を想像して描く」以上の領域に踏み込むことになる。pixivのアカウントを持っている実況主も少なからずいることを忘れずに。

検索に引っかかるpixiv百科事典にCPの項目を作る行為などもなるべく避けるべきである。
二次創作の問題点については二次創作の項目も参照のこと。

表記ゆれ

生物 生モノ 生もの なまもの nmmn

関連タグ

二次創作 同人 RPS 半生 三次元
生鮮食品 食べ物 食材 食品  生魚  生肉 野菜 生野菜 果物
新鮮 グロ 生ゴミ 有機物
バーチャルYouTuber pixivマナー

関連記事

親記事

二次創作 にじそうさく

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ナマモノ」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ナマモノ」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1092335

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました