ピクシブ百科事典

DMMGAMES.R18

でぃーえむえむげーむずあーるじゅうはち

DMMGAMES.R18とは、デジタルコンテンツ販売ECサイトの運営会社「DMM.com」のアダルトゲーム事業である。
目次[非表示]

概要

日本のデジタルコンテンツ販売ECサイトの大手運営会社「DMM.com」のアダルトゲーム事業部門。
本項では、「DMM.R18」時代に展開されたゲームについても記載する。

オンラインゲーム

機種はブラウザスマホケータイゲームの3種類。なお、ケータイゲームでは二次元のアダルトゲームだけになっている。
(過去には、3機種全てで二次元AV女優のジャンルが存在していた)

※「★」は一般版あり。ただしDMMアカウント自体が18歳未満での取得が禁止なので、どのみち18歳未満はプレイできない。
※ブラウザゲームにはインターネットエクスプローラーEdgeが対象外なゲームもあればクロームが対象外なゲームもあって統一されていない。登録前に必ず「サポート」の「対応環境」はチェックしよう。

オリジナル作品


半オリジナル作品


オリジナル作品(AV女優を題材にした実写物)

※ピクシブ内で投稿可能な二次元化を含む作品のみ。最古作品である『ガールズ・ヘルファイア』は肖像権の関係もあり、関連イラストはない。ある意味でも公式がナマモノジャンルに進出している一例になるだろうか。


オリジナル作品(スマホ限定)


サービス終了した物


同社でオンラインゲーム化した版権作品


同社でオンライゲーム化した版権作品(サービス終了)


サービス終了後、他社でサービスが始まった物


他所でサービス中の物がDMM.comでも展開している作品


DMM.R18オンラインゲームのトリビア

  • ペロペロ催眠」「ロードオブワルキューレ」に関しては実写AV版(DMM.R18企画の公式作品)も存在する。当然、R-18なので閲覧注意。
  • 過去に別の会社がリリース(あるいはサービス終了)した作品が一時的に復活したケースがあるが、逆にDMM.comでのサービス終了後に別会社(主ににじよめ)でサービス再開と言う事例も出てきている)。
  • AV女優を題材としたブラウザゲームも存在(上記のガーディアンミストレス等)するが、こちらに関しては肖像権等の関係でpixiv上でイラスト化される事は非常に稀である。二次元化等であればイラストが存在する可能性は否定できないが……。2016年6月現在「ガーディアンミストレス」以外に二次元化は存在しない。基本二次元作品だがゲストとして二次元化したAV女優が出演した作品も存在するが、二次元化されていないAV女優が二次元キャラと共演する作品も稀に存在する。
  • AV女優を題材にしたゲームでは、作品によって作品Aではノーマルカード扱いのグラフィックが、作品BではSRだったという事例も少なくない。これは肖像権やソシャゲに出演させる事に積極的ではないAVメーカー等の事情による物。この辺りが、二次元題材の作品と大きな違いとなるだろう。
  • DMM.R18ではブラウザゲーム以外にもスマホゲームも力を入れており、スマホでプレイ可能な作品のほか、上記のようにスマホ限定の作品もある。特に「おさわりアイランド」「レッドコラプション」等はスマホからブラウザに逆移植された作品である。
  • 2016年夏現在「学園もの(純学園もの、学園バトルもの問わず)は1年に満たずに終了する」と言うジンクスがある。まともに続いているのは「恋ヶ崎女学園」と(実写物の)「先生、学校でしようよ」ぐらいであり、全体で見ると人気作とは言い難い「恋ヶ崎女学園」がDMM.R18における学園ものの王者だったりする。
    • と書いた直後に『スクールさーばんつ!』が始まり、その後も1年以上続く学園物が登場するようになった。ただし揃いも揃って「キャラクターの種類はあまり増やさずに、同じキャラのシチュエーション違いをメインとする」と言う恋ヶ崎と同じ方式なのは偶然なのだろうか?
  • 蒼の彼方のフォーリズム-ETERNAL SKY-は当初、通常版・R-18版のAndroid版は楽天アプリ市場からリリース予定だったが楽天アプリ市場のサービス終了に伴いAndoroid版の通常版はGoogle Play、R-18版はDMM.R18で配信されることになった(Apple版は当初から通常版のみのリリース)。
  • マジックミラー号これくしょんは、マジックミラー号を所有するソフトオンデマンド公式作品。登場キャラは初期ではオリジナルの二次元キャラのみ。バージョン更新によってSOD所属の現役AV女優が参戦し、いつの間にかイベントもAV女優メインとなってしまっていた。以前はコミュニティ限定だったのだが……。それが理由かどうかは不明だが、サービス終了がアナウンスされた。しかし、2018年、「マジックミラー号のAV監督になろう!-マジかん-」としてキャラクターやシステムを完全に一新してサービスが開始された。ナビゲーターは変わらず望月りさが務めている。
  • 千年戦争アイギスでは、R18版が提供されていない御城プロジェクト:REとコラボを複数回行っているが、城プロ由来のアイテムはR-18版への引き継ぎが出来ない。一般版限定コラボの場合は、こうしたケースが複数で存在する。後にアイギスではアルスラーン戦記ともコラボを行ったが、こちらもR-18版への引き継ぎは出来ない。
  • 2017年になってからは、AV女優を題材としたソーシャルゲームは新規でサービスされている物は少なく、上半期でも2~3作品程度しか事前登録告知がなかった。代表取締役が交代した事と関係があるのでは……とも言われているが、真相は定かではない。2017年9月では遂に二次元作品の事前登録が圧倒的というか独占に近い状態となっている。
  • 2018年も二次元系のみでAV女優題材の作品は皆無になる可能性もあったが、「ドピュっと!!ヤリコンパス」(以前に展開していたラブコンパスのリメイク)の事前登録を開始、現在サービス中。こちらの作品は3次元カテゴリーの為、pixivでは無縁の作品かもしれない。その後、ハーレムコロリッジというボイスありの作品まで8月にリリースした。
  • 2018年11月、いくつかの作品で『角川スニーカー文庫』とのコラボを行った。DOAX以外のコラボ該当作品は全てR-18版も存在する作品なのに……と言う声もあった。しかし、このコラボは蓋を開けるとR-18版でも使用可能な一方、アダルトシーン未収録、ボイスなしと言った物であった。R-18版でもダミーキャラに差し替えられないという部分は、上述のアイギスで行われたアルスラーン戦記及び七つの大罪コラボと事情が異なるのかもしれない。


関連タグ

DMM.com

pixivに投稿された作品 pixivで「DMMGAMES.R18」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3075

コメント