ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

有馬かな

ありまかな

有馬かな(Kana Arima)とは、漫画『【推しの子】』に登場するヒロインの1人。
目次 [非表示]

ここはプロの現場なんだけど!

遊びに来てるんなら帰りなさい!


お願い

私と一緒に良い作品を作って

アンタとなら出来ると思うの


アンタの推しの子になってやる


プロフィール

初登場原作:第1章(6話)/アニメ:第1話
年齢(第1章)4歳、(第2章以降)16歳→19歳
身長150cm
イメージカラー(サイリウムの色と同じ)
CV潘めぐみ
原菜乃華

概要

かつて「10秒で泣ける天才子役」として一世を風靡した高校生女優。子役としてのピークを過ぎてからも細々と役者の仕事は続けていたが、かつてのような勢いはない。


子役時代に出会った星野アクア星野ルビーの兄妹と高校で再会したことが切っ掛けで、止まりかけていた彼女の芸能人生が再び動き出すことになる。


人物

身長150cmの小柄な美少女。屋内でも被っていることが多い帽子(主にベレー帽)がトレードマーク

冷静でドライな性格だが、言葉遣いが辛辣。感情が高ぶるとつい出てしまう癖らしいが、治る気配は無い(本人も欠点として気にしている)。


真面目で自他ともに厳しい努力家の優等生タイプで、学業の成績も良い。人の長所と短所を見極め適切なアドバイスが出来る指導力があり、後輩の面倒見も良いなど先輩や指導役としても優秀。

逆に、チョロくて流されやすいので押しに弱く、頼まれると断れないという弱点があり、アッサリ折れる展開も多い。


自ら「性格が終わっている」と卑下する通り、性格はかなり歪んでいる。普段は気丈に振る舞っているが、情緒不安定で表情がコロコロ変わり、態度も手のひらを返すように揺れ動く。外部リンク

一見自信家のように見えるが、過去のトラウマのせいで根はかなり臆病でネガティブ。不安を隠すためにその場しのぎの嘘で強がったり、心の傷を笑顔で隠すために自虐ネタにしたりと、常に自分を偽っている

母親に見捨てられた境遇から、承認欲求の強い典型的なメンヘラだが、同時に人の好意に素直になれないツンデレでもあるため、かなり面倒臭い。

役者としてのプライドが高いため、自分の演技が他よりも劣っていると感じれば、納得するまでリテイクを要求するなど、非常に負けず嫌いでもある。


天才子役と呼ばれるのに相応しい才能と実力の持ち主だったが、初登場したときの彼女はすっかり大御所気取りで、バーターで急遽映画出演が決まったアイアクアをコネと見下すような問題児だった。その後、旬が過ぎると強すぎた自己主張が仇になって、すぐに仕事を失ってしまった。

子役時代の経験から「役者に大事なのはコミュ力」「上手い演技≠良い作品作り」と学び、協調性を身に付け我を通さず、大人たちに使って貰い易い演技をするようになる。

しかし、幼い頃から演技に対する熱意や執着は誰よりも強かったため、演技力よりも話題性やコネなどを優先する現場には不満を感じている。


趣味・嗜好・その他

一番の趣味は「読書」で、仕事の無いときなどは事務所のソファなどで『よくわかる〇〇〇〇』という雑学書を何冊も読み漁っている。これは芸能界で生きていくために必要なトークネタを集めているだけで、進学などのために勉強しているわけではない。


興味が無いのがYouTubeTikTokのようなSNS系。

主にエゴサ以外での利用に興味がなかったためか、苺プロで、腹面筋トレ系YouTuberぴえヨンや、インフルエンサーMEMちょと出会うまで、動画配信などは殆ど観たことがなかった。B小町ネットアイドルとしてデビューしたことで、ようやく身近なものになった。

子役出身なので精神的に早熟なためか小中学生の流行などにも疎い。


嫌いな食べ物はピーマンなのだが、子役時代に歌った『ピーマン体操』でむちゃくちゃ我慢して食べた結果、今では見るだけで蕁麻疹が出る程になった。


子役時代に稼いだ貯金があり、ちゃんと運用までしているため、売れない役者と言っている割に、良いマンションに住んでいる。

一流のタレントである為には、身の回りの物も1級品で揃える必要がある」「安い女と思われたら終わり」と意外と金がかかるタイプ。『B小町ch』でルームツアー動画を撮ることになった時も、始めは「私生活の切り売り始めたら終わり」と反対していたが、ルームツアー動画が良い節税方法になると知った途端に、手の平を返すように賛成した


恋愛に対しては「ずっと恋愛とかは、してはいけない」と考えていたアクアに対して、「恋愛の自由は基本的人権」とサラッと答えるなど、かなりフリーダム。

傍目からは奥手に見えるが、直接または遠回しにアクアに自分の気持ちを口に出して言わせたり、気を引くために煽ったりするなど意外と頭脳派な一面を持つ。逆に無視されたり距離を置かれたりすると、落ち込んで考え込むようになる。

アプローチが苦手なように見えて、実際は「私を見ろ」という顔をしているときが、周りからは最も輝いて見えるなど、無自覚に人を惹きつける才能がある。しかし、いつも間が悪いため結果的に空回りに終わることも多い。

少し妄想癖があるためミコちゃん同類の疑いがある。


アイドルとしての有馬かな

当初はフリーで活動し、役者一本で続けるつもりだったがアクアのゴリ押しに負け苺プロと契約し、アイドルに転身することになる。彼女としてはいずれ役者に復帰することが前提のため、気持ちは役者のまま。


彼女を値踏みしたルビー曰く、アイドルとしては「こってりしたオタク」に好かれるタイプとのこと。

B小町の3人の中では最も芸歴が長く、真面目で面倒見の良い常識人(=ツッコミ役)なため、リーダー的存在となっている(アクアからはルビーだけではなくMEMちょのことも頼まれている)。


役者と並行して歌手活動をしていた時期があり、カラオケで97点という高得点を出すなど歌唱力が高い。しかしいくら曲を出しても、売れなかった経験からB小町のセンターを務める気は無かった(唯一のヒット曲であるピーマン体操も彼女にとっては黒歴史の一つ)。

結局、残りがヘタウマ音痴しかいなかったため、消去法でセンターを務めることになるが、はじめは大き過ぎる責任感から不安しかなかった。


B小町のメインであるダンスは未経験だったが、元々役者修行で毎朝欠かさず走り込みを続けていたため、B小町の中では一番小柄ながら、体力や身体能力は一番高い。さらに飲み込みも早かったので特訓の結果、歌いながらでもミスなく踊れるまでに成長した。


この様に、何も結果を出せなかった低迷期のせいで本人は過小評価しているが、実際は演技だけではなく、歌もダンスも一流という万能型の天才である。


容姿・歌・ダンスとアイドルとして必要な才能を、全て併せ持っていた彼女だったが、初めはアイドル活動そのものに消極的だった。

目標も決められないまま初ステージを迎えたが、見事なヲタ芸でB小町を応援するアクアをステージ上から目撃した際に、「アクアの推しの子になる」という目標が出来て、新生B小町のセンターとしてグループを引っ張っていくことを決意する。


女優としての有馬かな

アイドル活動を開始した後も、役者としての活動は続けている。


役者として一番得意なのは、芸歴=年齢で積み重ねてきた知識と経験を活かした『受けの演技』である。これは過去に自己顕示の強い演技をし続けて仕事を失った彼女が、芸能界で生き残る為の戦略であり、芸歴10年の一流役者でも舌を巻くほど自然なアドリブを決めるなど、周りの演技力や状況に完璧に合わせることが出来る。


しかし過去のトラウマが原因で、自分から前に出ることに酷く臆病になっており、地味でパッとしない演技ばかり続けていた。たとえ自分が脇役で終わっても、「それで良い作品が出来るなら構わない」という、悪く言うと独善的な考えに陥っていた。


周りの役者達に合わせて演技力を調整する癖は悪いことばかりではなく、主役を務める看板役者、姫川大輝に合わせたときは、ライバルである黒川あかねやその場にいた劇団ララライの一流役者たちのやる気に、火を点けるほど見事な演技を披露した。要するに周りの演技力や環境と、彼女の気持ち次第で、彼女の評価は大きく変わる。


役作りなどは基本に忠実で、「自分の中にあるものが何か正しく理解すること」「アレが好き、コレが嫌いなどの感情を膨らませたり抑えたりすれば良い」「演技は結局人格が出る」など、演技を楽しむために一番必要な感情人格を大切にしている。

役者も一人の作家であるべき」という持論があり、「その場その場をミスなく演じるのではなく、作劇的な盛り上げに加担するべき」と主張している。


ネタバレ

彼女の本当の魅力は、目を焼く程に眩い太陽のような『巨星(スター)の演技』。


実は天才子役と持て囃されていた頃の彼女は、何も考えず好き勝手演技していただけで、「私は特別に可愛い」という嘘を信じ込ませてしまえる程の『説得力』を持っていた。その説得力を鏑木Pは『スター性』と呼んでいる。つまり彼女の本当の魅力は「知識」や「経験」で培ったものではなく、「本能」や「体質」のように、本人でも自覚できないような天性のもの

アクア達のアシストのおかげで、子役時代のように前に出て演技が出来るようになり、彼女のスター性はアイドル活動にも好影響を与えるようになった。


彼女の『巨星の演技』は、天才アイドル・アイの人格や感情すら完全にコピーした、憑依型演技の天才黒川あかねにも投影不可能な代物。何も考えずに身勝手に演技をしているだけなので、プロファイリングによる解析すら不可能。これが黒川あかねが有馬かなを『天才』と認める理由である。


何もかもが規格外に思える彼女の『スター性』だが、積極的に前に出て「私を見て」という身勝手なパフォーマンスが出来ないと上手く発揮出来ない。深いトラウマや考え事などですぐに消極的になってしまう現在の彼女には、少しハードルが高くなっている。


余談

彼女が自身の『スター性』を最大限に発揮しているときは、彼女の瞳にも星が映るのだが、アイ達と同じ六芒星ではなく、十字型の星が無数に散らばっているような模様をしている。

実は漫画家のアビ子先生も感激したときなど、感情が高ぶった際に瞳に同じ十字型の星が無数に映っている。瞳の模様の違いが何を意味しているのかは不明。


人間関係

子役時代に共演し、天狗になっていた自身に挫折を与えた存在。彼との出会いは非常に印象的だったようで、高校で再会したときは、彼が芸能界に残っていたことを非常に喜んでいた。

自身と同じく前も後ろも真っ暗な芸能界で、必死に努力してもがいていた彼にシンパシーを感じていたが、アクアとの2度目の共演で、彼のアシストが自身の演技力や作品の本来の魅力を引き出し、良い作品が出来たことで心境が大きく変化する。

アクアに苺プロのアイドルグループ(=新生B小町)にスカウトされたときは、初めは嫌々だったが、次第に「アクアの推しの子になるため」とアイドル活動に前向きになった。


すれ違いなどで気不味い雰囲気になることもあるが、基本的にお互い遠慮なく、気楽に話し合える仲である。お互い早熟で趣味も近い事から話も弾む。


アクアの妹で芸能科の後輩。初対面でいきなり有馬に対して暴言を吐き、再会した時も態度が悪かったため、初めは彼女のことを快く思っていなかった。しかしお互い口が悪く上品とは言えないなど、似たもの同士のため息はぴったりだった。夢見がちな彼女に対して、現実的なかながツッコミをいれることが多い。


何だかんだ言いながらも、素人なのに大きな才能を見せる彼女に対して、芸能界の先輩としてアドバイスしながら面倒を見ているうちに、打ち解けていった。打ち解けた後はお互い強く信頼し合うなど、姉妹の様な仲になっている。


同じB小町のメンバー。お互い年齢の事で苦い思いをしたり、早熟のかなと精神年齢が近いということもあり、出会った初日から意気投合、B小町のメンバーとして快く受け容れる。


2人で少し抜けているルビーの面倒を見たり、チャラ男から守ったりするなど、共にアクアやミヤコの代わりにルビーの姉役を担うことが多い。また、かな自身も暗く落ち込んでいるときなどは、彼女に慰めてもらうなどかなにとっても姉のような存在である。


同業者にして『今ガチ』でアクアと共演した女優。

元天才子役と言われたかなから見ても、彼女は「天才」であり、その存在を疎ましく思う程意識している。ネットで炎上し騒ぎを起こした時も、「(芸能界から)リタイアすればよかったのに」と辛辣。


"仕事上"で彼女がアクアと付き合うことになったのが、アクアとの不仲の原因になったこともある。

あかねも子役時代に天才子役だったかなに仕事を独占された経験から、かなを目の敵にしている。商売敵にして恋敵という、まさに因縁のライバルである。

一方で、かなは彼女が役者を志す切っ掛けとなった存在でもあり、現在も密かに憧れを抱いている(アクア曰く元ファンの反転アンチ)。


子役時代に1度だけ共演したアイドル。当初はコネで役をもらったと見下していたが、共演後その認識を改め、売れるべくして売れた「本物」と振り返っている。実際に共演したホラー映画ではアイが主役を食う名演技を披露し、ブレイクする切っ掛けとなった。

ちなみに情報誌『ダ・ヴィンチ』の2024年1月号に掲載されたアイのインタビューで、やる気に火が点いたのは有馬の演技に対する真剣さを目にしたことが理由と述べている(同時に有馬から「もうちょっと真面目にやってください!」と叱られたことも明かしている)。


モデル?

有馬かなのキャラクター像のモデルとなった人物の一人として、かつてジュニアモデル・子役として活動し、現在は女優・声優・タレントとして活動する春名風花が挙げられている。

実際に、春名は当作品に取材協力として一部参加している。


余談

人気について

劇中で「10秒で泣ける子役」を「重曹を舐める子役」と言い間違えられたシーンをきっかけからファンからの愛称が「重曹ちゃん」になり、作者も認知した結果作中でも使われるようになり、公式愛称としても使われるようになった。

アニメ化決定後はエイプリルフール企画で『重曹のイメージガールに決定!』と弄られたり、重曹のコラボ商品を本当に発売したり、アニオリで『実際に重曹を舐めている場面のイメージ映像』が作成されたりと公式のキャラ弄りがより深刻化してしまっている

とはいえキャラ人気は紛れもなく本物であり、アメリカの大手アニメメディア「Anime Trending」が主催する2023年春アニメをノミネート作品とした「Spring 2023 Anime Awards」において、女性キャラクター部門および女性脇役キャラクター部門の双方で堂々の1位を獲得している。


有馬かなはメインヒロイン?

  • メンゴ先生はインタビューに対して
    • 「『【推しの子】』のヒロインの中でも一番アカ先生の“真ん中に存在する女性”が有馬かな」

と答えている。


と回答。

有馬かなの人物像が、『かぐ告』の登場人物たちの特徴を重ね合わせたような物なのも、全て赤坂アカ先生の考えによるものだということ。


※原作6巻時点 詳細ページ


関連イラスト

有馬かな有馬かな 2

10秒で落とす天才女優


関連タグ

推しの子 B小町 重曹を舐める天才子役 ロリ先輩

星野アクア 星野ルビー MEMちょ 黒川あかね

アクかな 目がしいたけ※ネタバレ注意

関連記事

親記事

推しの子の登場人物 おしのこのとうじょうじんぶつ

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 48897228

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました