ピクシブ百科事典

概要

主にSNSブログ等を使い、自身をアピールする。

個人向けのインターネットオタクの趣味でしかなかった西暦2000年前後、女性であることを公表してネットで活動する女オタクは珍しく、それだけで男性ユーザーからはアイドル扱いされる事も少なくなかった。これを本物のアイドルと区別するために「ネットアイドル」と呼ばれるようになった(「女っ気の無いネット上だからチヤホヤされるのであって本物のアイドルには遠く及ばない」と言う揶揄も含まれている)。

ネット初期から広告代理店がいろいろ仕掛けていたがこれは上手く行かなかった。ネットアイドルの成功例として知られるのが眞鍋かをり中川翔子だが、彼女達の場合、元々本物の芸能人であり若干ニュアンスが異なる。

インターネットの一般化により女オタクは珍しくもなくなり、更には本物のアイドルもブログ等を公開するのが常識となる。ニコニコ動画踊り手歌い手などもいたが、男オタクからの支持は薄くネットアイドルというジャンルが一時冬の時代を逢える。

2010年代後半にYoutubeTiktokインスタグラムなどで、世間一般での知名度は無いがネットでは有名という人物がちらほら現れ、ネットアイドルというジャンルも復活した。

なお、バーチャルネットアイドルVTuberの大半は「美少女設定のキャラ(中身は)」による運営。存在自体が揶揄だからか、毒舌幼女(と言う設定)が多め。我々の業界ではご褒美です
バーチャルネットアイドルの頃は一枚絵だったが、Vtuberはポリゴンモデルでアニメーションするのが普通になった。また(声優を雇ったり、ボイスロイドを使ったりで)声も付くようになっている。

関連項目

オタク オタサーの姫
コスプレ
ネカマ - かつてネット上で女性を装う人種をこのように呼んだ。
バーチャルネットアイドル ちゆ12歳 - 初期ネットアイドルのパロディ。言葉使いは丁寧だが、所謂「オブラートに包んでいる」だけで内容は毒舌。2018年にはVTuberデビューもはたした。

関連記事

親記事

アイドル あいどる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivで「ネットアイドル」のイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで「ネットアイドル」の小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42947

コメント