ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

80年代アイドル

はちじゅうねんだいあいどる

西暦1980年代(昭和50年代後半~60年代)に活躍したアイドル(主に歌手)に関するイラストにつけられるタグ。
目次 [非表示]

解説

1980〜89年に日本でデビューし、芸能活動を行ったアイドル、特に歌手活動を積極的に行った若手芸能人を総合して「80年代アイドル」と紹介する。


1980年代前半は、松田聖子中森明菜小泉今日子らを筆頭に多数の女性アイドルが生まれ、「アイドル黄金時代」と呼ばれる。また、その中でもアイドルの当たり年(デビュー年)は一般に、1980年1982年1984年1985年と言われている。


70年代アイドルの流れを組み、歌謡曲ポップスを歌う若手の歌手をアイドルと称するが、「アイドル」の語が一般に浸透したことで、さらに専門的に「アイドル」という芸能活動のスタイルそのものを指すようになったのもこの時代の特徴である。

いわゆる「バラドル」が誕生したのは80年代後半からで、(多くの場合)アイドルとしてデビューしながらもなかなか日の目を見なかったタレントたちが、バラエティ番組での「素のリアクションを楽しむ」という笑いに迎合する形で評価されるようになり、これまでの正統派アイドルとはまた違ったジャンルのアイドルも注目されるようになった。


しかし、1980年代終盤に入るとバンドブームの煽りを受けてロックバンドが台頭。またゴールデンタイムにおける歌番組の相次ぐ終了により、“プロのアイドル”の時代は終わりを迎え、「アイドル冬の時代(または「アイドル氷河期」)」に突入した(一部では、1986年に起きた岡田有希子の自殺が芸能界の暗部を露呈させ、アイドル衰退のきっかけになったとの見方もある)。

ただし、80年代後半は折からの「美少女ブーム」、「モデルブーム」もあり、男女共に(比較的低い年齢層の)モデルや俳優が芸能界で活躍し始めた時代でもあるため、これまでのアイドルのパフォーマンススタイルが変容していただけで、アイドルという存在自体が終わったというわけではないといえる。


1990年代に入ってからデビューした、80年代アイドルのような路線を引き継ぐアイドルとしては高橋由美子がおり、『20世紀最後の正統派アイドル』と称された。


当時のアイドル達は引退した者もいるが、芸能界に残った者は本格的にミュージシャンや俳優にシフトしたり、バラエティ系のタレントに転身したりと、それぞれに新しい形で活動している。また、結婚・出産した者の中には、既に子が二世タレントとして活動している者もいる。


30年以上経った現在でも、アイドルたちの魅力や楽曲・パフォーマンス、そしてそれらのプロデュースに魅了され、愛好するファンは多い。

家庭用ビデオテープ普及後ということや、レコードカセットテープに加えCDの登場もあって、映像や音声が鮮明な形で数多く残されており、当時の熱狂の追体験も容易となっている。

たびたび音楽番組などで取り上げられることや、影響を受けたアイドル・アーティストの活躍もあり、若い世代のファンも増えている。


活躍したアイドルの一覧

ここでは代表的なアイドルについて記載する。

デビュー年については、基本的にはその年の1月1日から12月31日の間を示し、アイドルのデビュー年の基準として一般的な日本レコード大賞における対象年度(※前年11月~当年10月のデビュー、楽曲リリース)とは異なることに注意が必要となる。


一部「子役・俳優などとして既にデビューしていたが、歌手デビューによりアイドルと呼ばれるようになった」人物は※で補足する。基準としては「もともと歌手が本業ではなく、その後の芸能活動も歌手以外の活動が中心である」、「芸能界デビューから概ね1年以上経ってから歌手デビュー」といった点が挙げられる。


女性


※1:女優デビューは1978年の『野生の証明』。その後も女優活動が中心である。

※2:内海和子(元子役)、工藤静香(ミス・セブンティーン出身で加入前に歌手デビューしている)など、グループ参加前から芸能活動を行なっているメンバーも在籍していた。

※3:83年に女優デビュー。80年代から90年代は事実上アイドル扱いで歌手活動を行った。

※4:70年代から旧芸名で子役として活動。その後87年に現在の芸名に改名し、歌手デビュー。

※5:もともとはティーンモデル・女優として活動し、一時期アイドルとして歌手活動を行っていた。

※6:チャイルズとしては85年から活動。87年から初代いいとも少女隊となり、88年にレコードデビュー。

※7:86年から「モモコクラブ」会員としてモデル活動やテレビ出演をしていた。88年に歌手デビュー。


男性


※1:いわゆるたのきんトリオ。野村は83年にバンドでレコードをリリースしたほか、ソロ歌手としても同時期にデビューしている。

※2:渡辺・嶋共に81年に俳優デビューしている。渡辺は文学座出身で、現在も俳優活動が中心。嶋は横浜銀蝿の弟分扱いで、81年に発売された横浜銀蝿のレコードに参加しているが、ここではソロデビューの年を基準とした。

※3:初代いいとも青年隊。ソロデビューの年を記載。

※4:子役として70年代(真田は60年代後半)から活動。本業はあくまで俳優だが、一時期アイドル扱いで音楽業を行った。

※5:俳優デビューは『ビーバップハイスクール』で、同作の挿入歌で86年に歌手デビューしていた。

※6:セピアは路上パフォーマンス集団「劇男一世風靡」から有志を集う形で結成された派生ユニット。幕末塾も同じく路上パフォーマンスをしていた若者の中から有志を集う形で結成されたが、よりアイドルグループとしての向きが強い。


関連イラスト

花の82年組!


関連タグ

80年代 昭和

関連記事

親記事

アイドル あいどる

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 87105

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました