ピクシブ百科事典

太田プロ

おおたぷろ

日本の芸能事務所「株式会社太田プロダクション」の略称。
目次[非表示]

概要

1963年創設。1960年代初期のトリオコント・ブーム、1970年代末期の第一次ものまねブーム、1980年代の漫才ブームを通じ、関東圏における老舗の芸能事務所として数々のお笑いタレントを輩出している。

1988年には看板タレントのビートたけしたけし軍団を引き連れ独立、片岡鶴太郎が活動の軸足を俳優業へシフトする等の影響もあり、一時は吉本興業も凌ぐと言われた程の勢いは低下したものの、たけし・鶴太郎と共に三本柱の一角であった山田邦子や、ダチョウ倶楽部松村邦洋等の中堅格の頑張りで持ち堪え、また近年では有吉弘行土田晃之劇団ひとり柳原可奈子といった新鋭の躍進などもあり、依然第一線の影響力を持つ。

守備範囲の拡大

現在はお笑いのみに留まらず、つるの剛士川島なお美斉藤慶子高島礼子といった俳優や、文化人系タレントのマネジメントも幅広く手掛けている。
後者で特筆すべき点としては具志堅用高渡嘉敷勝男竹原慎二セレス小林畑山隆則川田利明など世界王者級の元格闘家を多数抱えている事が挙げられる。

アイドル事務所として

 近年はAKB48の一部メンバー(ちなみに「Notyet」のメンバーは全員この事務所である)が在籍している事から、アイドルファンからも注目されている。
 特に前田敦子大島優子の2大エースの存在は大きく、第3回総選挙までは全てこの2人のワンツーフィニッシュであった。
 さらに第5回では指原莉乃が優勝、前田(第1・3回)、大島(第2・4回)と併せて太田プロ勢が歴代女王の座を独占している。
 しかし、第6回ではプロダクション尾木所属の渡辺麻友が1位を獲得した事で、太田プロ女王の神話は崩れてしまった。

太田プロ総選挙

 AKB総選挙の前後に合わせて、2011年から行なわれるようになったイベント。しかし「総選挙」とは名ばかりで、実はこれ、有吉弘行が自身の独断と偏見によってTwitterで発表している太田プロタレントのベスト20のランキングなのだ。2014年分終了時点での結果は、以下の通り。

順位/回数第1回第2回第3回第4回
1上島竜兵(ダチョウ倶楽部)上島竜兵(ダチョウ倶楽部)大島優子(AKB48)大島優子(AKB48)
2前田敦子(AKB48)/山田邦子山田邦子上島竜兵(ダチョウ倶楽部)前田敦子
3大島優子(AKB48)前田敦子(AKB48)有吉弘行有吉弘行
4神奈月有吉弘行前田敦子上島竜兵(ダチョウ倶楽部)
5有吉弘行片岡鶴太郎片岡鶴太郎劇団ひとり
6ターザン山本大島優子(AKB48)/劇団ひとり中村橋之助具志堅用高
7高島礼子松村邦洋劇団ひとり山田邦子
8松村邦洋山本寛斎/土田晃之土田晃之/松村邦洋神奈月
9片岡鶴太郎/つるの剛士笑福亭笑瓶神奈月片岡鶴太郎
10ナオミ・キャンベル指原莉乃(AKB48)指原莉乃(HKT48)土田晃之
11指原莉乃(AKB48)ターザン山本山田邦子指原莉乃(HKT48)
12土田晃之彦摩呂/柳原可奈子ターザン山本笑福亭笑瓶
13渡嘉敷勝男/川田利明寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)つるの剛士柳原可奈子
14山本寛斎川島なおみ横山由依(AKB48)ナジャ・グランディーバ
15北原里英(AKB48)デンジャラス川田利明横山由依(AKB48)
16寺門ジモン(ダチョウ倶楽部)肥後克広(ダチョウ倶楽部)ノッチ(デンジャラス)つるの剛士
17劇団ひとりヤマザキモータース川島なお美/渡嘉敷勝男平子祐希(アルコ&ピース)
18柳原加奈子横山由依(AKB48)酒井健太(アルコ&ピース)入山杏奈(AKB48)
19ノッチ(デンジャラス)北原里英(AKB48)入山杏奈(AKB48)吉川正洋(ダーリンハニー)/北原里英(AKB48)
20肥後克洋(ダチョウ倶楽部)神奈月山本寛斎川島なお美

関連タグ

元所属

ビートたけし・・・上記の通り独立、現:オフィス北野所属。
たけし軍団・・・同上。
爆笑問題・・・現:タイタン所属。
太田光代(当時は松永光代)・・・現:タイタン社長。爆笑問題・太田光夫人。
大川興業・・・現:大川興業株式会社所属。
江頭2:50・・・同上。

pixivに投稿された作品 pixivで「太田プロ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5790

コメント