ピクシブ百科事典は2023年6月13日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

タイムマシーン3号

たいむましーんさんごう

タイムマシーン3号(タイムマシーンさんごう)は、太田プロ所属のお笑いコンビ。オンバト+第2代チャンピオン。
目次 [非表示]

メンバー

山本 浩司(やまもと こうじ、1979年6月22日 - )

新潟県新潟市出身。

身長172cm、体重63kg。

ツッコミ担当、立ち位置は向かって左。

実家は美容室を経営している。

ネタ中、時より関に対しボケのようなツッコミを入れたり、ボケて関にツッコまれるというパターンもある。

2011年頃からは特にボケる頻度が高まったことから、「元ツッコミ」と自称することもある。

小沢一敬スピードワゴン)と仲がいい。

高校時代はサッカー部員(副キャプテンで新潟県大会ベスト4。)で、セルジオ越後を抜いたことがあると豪語している。現在はオールスター感謝祭の赤坂ミニマラソンに出場し、高成績を収めている。

邦画・洋画問わず、映画をよく見ている。

自宅で観葉植物を育てている。

backnumber清水依与吏にそっくりで、テレビ朝日のトイレで出くわした時に謝罪した。


関 太(せき ふとし、1979年8月5日 - )

群馬県吾妻郡六合村(現中之条町)出身。

身長163cm、体重111kg。

ボケ担当、立ち位置は向かって右。

本名:関 智大(せき ともひろ)

舞台衣装は年中半袖短パン姿。

ハチミツ二郎(東京ダイナマイト)主催の二郎会の主要メンバー。

小太りな体型で眼鏡を掛けていることからシルエットが秋元康にそっくりなため、よくバラエティ番組で秋元のモノマネをしている。

2015年に結婚し、現在2児(第1子は生まれてまもなく急逝)の父親。


芸風

大抵肥満体の芸人は、ボケ担当の相方にいじられる(三拍子など)という手法が主流だが、自身がボケ担当の関は、自らネタにしたボケをする(他に肥満側がボケのコンビとして響が存在する)。

過去には、登場時のツカミとして、関が「がんばれ半袖、負けるな短パン!」と言っていた。(2008年M-1敗者復活戦では言っていたが、2009年M-1敗者復活戦では言っていない。)

関のオタク系みたいな印象からか、ドラゴンボール、クマのプーさんなどのアニメネタが多かったが、近年ではそういった傾向は薄れている。

漫才の主旨への引きが「俺の架空の彼女がさぁ……」の関の発言で始まるネタがあったが、近年は見られない。

関がヒューマンミスのボケに対し、水戸黄門のうっかり八兵衛からとって「ハチベェ、ハチベェ」といっていた。

関がネガティブな状態になり凍える。そして「体が寒いんじゃない。(露出している腕を摩って)ここが寒いんだ」とボケる。

ネタ中に関の体型ネタを多用する。主な例として、途中から食べ物が出てくる、力士のように接近してくるなど。

山本の顔の長さをいじることもある。

2005年の第5回M-1グランプリのファイナリストであり、以降敗者復活戦の常連であったことから、漫才師としての印象が強いが、過去に発売されたDVDに収録されているネタのボリュームは、むしろコントに偏っている。


エピソード

コンビ名の中の「3号」は関が一日に食べるご飯の量(3合)からついたらしい。「タイムマシーン」の方は弾みでつけた。

「関 太」はハチミツ二郎(東京ダイナマイト)が命名して、芸名を変更した。


前事務所所属の歌手松浦亜弥には、年齢も芸歴もタイムマシーン3号のが古参であるにもかかわらず、番組出演などで同席するとしばしば素の対応をしてしまい、「松浦亜弥さん」とさん付けで呼ぶ。事務所退所後も所属タレントたちとの交流はある。

その後、現事務所に所属した直前に当時所属していた女優前田敦子のシングル曲が「タイムマシンなんていらない」だったため、困惑していた。


DVD「青春18キック」に収録されているギターを弾き歌う二人の特典映像に、当時の山本の恋人が映っている。

同期のオードリーナイツと比べると知名度はやや低いため、2010年12月14日放送の「ロンドンハーツ」で田村淳からは「無名な芸人」、彼女がいるが二股行為を行うかを実験した山本を「芸人ではなく、あくまで一般人として見るように」と言われている。


賞レースの戦績

爆笑オンエアバトル

2009年2月19日放送の爆笑オンエアバトルにおいて20連勝を記録。これは流れ星の20連勝に並び、歴代1位の記録(流れ星は無敗の連勝記録であり、オフエア経験者では最長)。

また同放送分において、オーバー500の獲得数が9回となる。これはパンクブーブーの11回に次ぐ記録であり、歴代2位の記録。

爆笑オンエアバトル第9回チャンピオン大会では、1位のNON STYLEとボール2個差でチャンピオンを逃した。ちなみに、この大会でネタを披露した直後、関は審査員に対し本音交じりの冗談からか「一ヶ所でも面白くないところがあったらボールを流さないでください。お笑い界のレベルが下がります」と発言をしていた。


M-1グランプリ

M-1グランプリは第5回大会(2005年)で初めて決勝進出。審査員の渡辺正行からは「漫才のテクニックはあるんだけど、デブネタ一本通しなのは厳しい。見た目だけのネタになっちゃうので、もうちょっと発想とか、捻りとか、展開が欲しかったですね」、中田カウスからは「ネタを細かく細かく繊細に積み上げていましたが客席の盛り上がりに欠けていた」、と評され、結果は7位だった。また、この年からスタジオが変わったためにハプニングが多く、得点発表の際、前の順番だった品川庄司の得点を表示してしまったため、メンバーは崩れ落ちるほどショックを受けてしまい、本当の得点が再度表示された時には「あぁ…。これが現実ですよ…。儚い夢でしたよ」と、完全に諦めているようなコメントをしていた。ちなみに、このハプニングの箇所はDVDではカットされているため、まるで最初から結果を諦めていたかのようになっている。大会委員長の島田紳助からは「来年、再来年に期待したいですね」と激励されたがその後は2010年まで一度も決勝進出できなかった。しかし、第7回M-1グランプリで準優勝したトータルテンボスがよしもとオンラインにて、2010年度のM-1決勝進出者を見て「なぜ毎年タイムマシーン3号がM-1決勝にいけないのか分からない。スベる訳がない」と語っているなど、漫才師の実力は高く評価されてた。

出場資格が「コンビ結成15年以内」に変更され、ラストイヤーとなった第11回大会(2015年)では10年ぶり2度目の決勝進出した。8番目で登場し、「言葉を太らせる」という漫才を披露し、会場を大いに沸かした。多くの審査員から高得点をつけられるも徳井義実(チュートリアル)からは最下位のハライチを下回る「88点」をつけられた。それが影響したのか、その時点で2位だった銀シャリ(818点)に2点及ばず816点で暫定3位となる。その後の敗者復活のトレンディエンジェルに抜かれてしまい、4位に終わった。


オンバト+

2011年7月の第1回チャンピオン大会に出場し、最終戦のファイナリストとなるが、惜しくもトップリードに破れて2位に終わる。

2012年3月の第2回チャンピオン大会に出場し、最終戦のファイナリストとなり念願の初優勝を飾る。ちなみにオンバト+第2回チャンピオン大会では井下好井と獲得キロバトルが同じであったが最高キロバトル数が井下好井のほうが上だったため、視聴者投票1位としてシードエントリーとなった。


キングオブコント

2010年、2012年と準決勝までは進出するが、決勝には至らず。

2013年~2015年はエントリーしていない。

2016年は4年ぶりに出場し、決勝進出を果たす。結果は4位(ファーストラウンド445点、ファイナルステージ448点、計893点)。

2018年にも出場するが準々決勝で敗退。この年を最後にキングオブコントには参加していない。


THE SECOND~漫才トーナメント~

2023年は、『ノックアウトステージ32→16』でスリムクラブに勝利したが、『ノックアウトステージ16→8』で金属バットに敗北し、ベスト16で敗退。

2024年は、『ノックアウトステージ32→16』でヘンダーソン、『ノックアウトステージ16→8』で囲碁将棋に勝利し

、『グランプリファイナル』に進出。『グランプリファイナル』1回戦でザ・パンチに敗れた。


芸歴

2000年5月頃 東京アナウンス学院のクラスのあまり者同士でコンビ結成。

2003年 第3回M-1グランプリ 準決勝敗退。

2004年 第2回お笑いホープ大賞決勝進出。

2004年 第4回M-1グランプリ 準決勝敗退。

2005年 第3回お笑いホープ大賞決勝進出。

2005年4月16日放送の爆笑オンエアバトル(NHK総合)では東京収録最高記録の537KBを獲得。

2005年10月1日放送の爆笑オンエアバトルの、山口県で行われた大会では、ますだおかだ以来、番組史上2回目の満点となる545KBを獲得した。また、同日に4連続オーバー500も達成した。

2005年 第5回M-1グランプリ(2005年12月25日放送)では初の決勝進出(7位)。

2006年 第6回M-1グランプリ 準決勝敗退。

2007年 爆笑オンエアバトル第9回チャンピオン大会ファイナル2位。

2007年 第7回M-1グランプリ 準決勝敗退。

2008年 爆笑オンエアバトル第10回チャンピオン大会ファイナル4位。

2008年 第8回M-1グランプリ 準決勝敗退。

2009年 爆笑オンエアバトル第11回チャンピオン大会ファイナル2位。

2009年 第9回M-1グランプリ 準決勝敗退。

2010年 第9回漫才新人大賞優秀賞受賞。

2010年 キングオブコント2010 準決勝敗退。

2010年 第10回M-1グランプリ 準決勝敗退(予選12位)。

2011年 オンバト+第1回チャンピオン大会ファイナルステージ2位。

2012年 オンバト+第2回チャンピオン大会 優勝。

2015年 M-1グランプリ 決勝4位

2016年 キングオブコント2016 決勝4位

2023年 THE SECOND ノックアウトステージベスト16

2024年 THE SECOND グランプリファイナル進出 (1回戦敗退)


出演番組

日本テレビ

NHK

TBS

フジテレビ

youtube

芸人の中でも、youtubeに力を入れており、メインチャンネルの登録者は90万人、サブチャンネルの登録者は10万人を突破している。

開設当初は、他の芸人同様ネタ動画を投稿していたが、最近では企画がほとんどである。

たまたま遭遇した場合などを除いて他の芸人とコラボをすることはほとんど無く、主に関と山本、黒ギャル(撮影・編集担当。二人の専門学校時代の後輩)の3人で運営している。ただし小石田純一は定期的に登場する。

動画内の字幕は関が赤枠に白、山本が青枠に白、黒ギャルが黒枠に黄色になっている。


主な企画

ドッキリ系

大抵は関が山本にドッキリを仕掛ける。そのほとんどは「朝活しようと言って朝にカツを揚げる」、「朝マックを買いに行こうと言って朝にMacを買いに行く」などのダジャレが多い。

たまに山本が関に逆襲する。

パチスロ系

ドッキリの1つ。山本の家に強制的にスロットを導入する。山本も最初は嫌がるものの、何やかんや楽しんでいる。

新店舗ハンター

ケンタッキー牛角スターバックスなどのチェーン店の新店舗に一番目に並び、その店の最初の商品を食べようという企画。その後も本店ハンター期間限定ハンターなどの派生系も登場している。

山ちゃんクッキング

料理が趣味な山本が、関に自慢の手料理やカルディで売っていたよく分からない料理を振る舞う企画。関が山本にメニューをお願いする場合もある。この企画が身を結んだのか、デリッシュキッチンの公式youtubeで冠番組を手に入れた。

関が変装して山本に食べさせる企画

そのまんま。VIVANTや踊る大捜査線、名探偵コナンなどのパロディで、関が山本をいろいろな店に連れまわし食べさせる。

たまに変装無しで連れまわすこともある。

スタバメッセージチャレンジ

スターバックスにて注文時に芸能人だと気づいてもらい、紙コップにメッセージを書いてもらおうという企画。

初期はコンビでチャレンジしていたが、2回目挑戦前に関がプライベートで達成した為、以降は山本中心で継続している。

当初はメインチャンネルでアップしていたが、3本目からはサブでアップしている。

敢えてグルメ

天下一品のこってりではなくあっさり」や、「CoCo壱のカレーライスではなくハヤシライス」など、飲食店の定番メニューではなく、敢えてメインじゃないメニューを食べてみようという企画。

関連人物

有吉弘行

現事務所の先輩。

お侍ちゃん

前事務所仲間。

アルコ&ピース

現事務所の外様仲間。

関連タグ

お笑い芸人 漫才 コント

アップフロント 太田プロダクション

タニタ

関連記事

親記事

太田プロダクション おおたぷろだくしょん

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 82922

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました