ピクシブ百科事典

C-C-B

しーしーびー

C-C-Bとは昭和60年代に活動していたバンドである。
目次[非表示]

略歴

元々はCoconut Boys(ココナッツボーイズ)という名前でベース渡辺英樹リーダー)、ドラムスりゅうこうじギター関口誠人を含む5名で結成、昭和58年に「Candy」でメジャーデビュー。
その後2名が脱退しキーボード田口智治とリードギターの米川英之が加入。翌年の「Boy's Life」までこのバンド名前を使用。
昭和60年にリリースされた3枚目のシングル「Romanticが止まらない」の時にC-C-Bと改名。ちょうどその頃髪をカラフルに染めていたことで知られるが翌年には黒に戻したためこの期間は意外と短かった。
ただこの時期に知名度が大幅に上がったため現在でもこのイメージで語られることが多い。
昭和61年には9枚目のシングル「ないものねだりのI want you」でオリコン1位を獲得するがこれを最後に関口が脱退、バンドは4人となる。
その後も活動を続けるが平成元年に15枚目のシングル「Love is Magic」を最後に10月9日日本武道館公演で解散。

2005年には缶コーヒーWONDAのCMに「Romanticが止まらない」が起用されりゅうが当時のイメージそのままにドラムを叩きながら唄っていた。
その後、プロボクサー内藤大助が入場曲に「Romanticが止まらない」を起用した事で注目が集まり、2008年に渡辺・りゅう・関口の三人で再結成する。

2015年にしばらく休止していたライブ活動を再開するが、その最中にリーダーの渡辺が急逝、活動存続が危ぶまれている。

特徴

メンバー全員にヴォーカルの肩書がつく珍しいバンドでありツインもしくはトリプルヴォーカルの曲がかなり多い。中には複数の歌詞が並行し1人で唄うのは不可能なものもある。またヴォーカルを交代して別ヴァージョンとして収録された曲も存在する。

元々は渡辺、りゅう、関口がヴォーカルをとることが多く米川や田口が唄うことは少なかった(全く無かったわけではない)が関口脱退後、彼のパートを振り分けるなどしてこの2人が唄うパートも増えた。4人時代の曲には全編にわたって米川がメインヴォーカルを執るものもある。

メンバー

ベース&リーダー:渡辺英樹(わたなべ ひでき) 髪色→オレンジ 2015年の再結成ライブ最中であった6月12日に大動脈解離で救急搬送され、同年7月13日に多臓器不全により55歳の若さで逝去。
ドラム:りゅうこうじ 髪色→ピンク、オレンジ 旧芸名は笠浩二。眼鏡は実は伊達メガネレンズは無かったがこの顔で有名になり外すに外せなかった。当時を知らない世代からは彼がメインボーカルを担当した「Romanticが~」のイメージが強すぎるため、C-C-Bは彼のみがメインボーカルのバンドだと勘違いされがち。バンド解散後~再結成の間もバラエティに単独で出演し「Romanticが~」を歌うことが多かった。
サイドギター&サックス関口誠人(せきぐち まこと) 髪色→緑 りゅうに「ゴムくん」と呼ばれていた。

元メンバー

リードギター:米川英之(よねかわ ひでゆき) 髪色→黒(メンバーで唯一1度も染めなかった)
キーボード:田口智治(たぐち ともはる) 髪色→紫(後ろ髪のみであまり目立たなかった) 2015年7月2日に覚醒剤所持で逮捕される。

関連動画



関連タグ

青髪
紫髪
緑髪
ピンク髪
オレンジ髪

近藤真彦:加入前の田口がバックバンドで演奏していた。1996年紅白歌合戦では田口と渡辺が共に演奏した。
爆風スランプ2012年、トリビュートアルバムに「Runner」で参加(関口以外の4人+ファンキー末吉)。
稲垣吾郎SMAP×SMAPでりゅうに扮しエアドラムを叩くC-C-B吾郎というキャラを演じる

pixivに投稿された作品 pixivで「C-C-B」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 56687

コメント