2022年7月28日付けでプライバシーポリシーを改定しました

詳細

ピクシブ百科事典

コンドーム

こんどーむ

避妊や性病予防の目的で用いられる薄いゴム製の袋。『株式会社オカモト』の商標
目次[非表示]

概要

俗に「ゴム」「スキン」「チン○サック」「近藤さん」などと呼ばれる。
最もポピュラーな避妊具で、性行為感染症防止の観点からも使用が推奨されている。
なお、「コンドーム」は株式会社オカモトの商標登録商品なので、他メーカーの同様避妊具をコンドームと呼んではいけない……のだが、「キャタピラ無限軌道)」と同じ理由で一般名詞になりつつある。どうしてこうなったか……。同社はいつの間にかオカモトラバーズ研究所を設立した。
ちなみに現在のオカモトは認知度を上げるため、自社自らYouTubeチャンネルを持っている。


更にオカモトではコンドームバトラーゴローと言うコンドームを題材にした衝撃のバトル系アニメ作品を作ってしまった。いったい、どうしてこうなったのだろうか……。続編もある。

コンドームバトラー ゴロー予告編

コンドームバトラー ゴロー Revive予告編


解説

ゴム、もしくはポリウレタンの薄膜で出来ている袋状の避妊具。性交時、勃起したペニスに被せることにより、精液が膣内に流れ込むのを防ぐ。
また、女性の内に装着する女性用コンドームも存在するが、ほとんど普及していない。

成立には諸説があるが、古くは古代エジプト期から存在したらしく、動物の腸や膀胱を利用して作られていた。現在のラテックス製は二十世紀に入ってポーランドにて発明されたものである。
さすがHENTAI国家というべきか、日本のコンドーム製造技術は定評が高く、薄さと丈夫さの両立をめざし各社がしのぎを削っている。オカモトは中でも評価が高く、イギリスのデュレックスとシェアを二分している。…さすが変態紳士の国×2。
近年では表面に塗布する潤滑ローションに殺精子剤を含ませた製品なども登場している。

その他

オナホ同様、『機動戦士ガンダム』などのパロディ物も存在する。
当たらなければどうということはない」と言わんばかりである。

今日の必須アイテム



関連動画

オカモトの動画パロディ



余談

フルメタル・パニック!』の主人公相良宗介曰く、「水が1リットルも入る優れもの」らしい(実際に耐久力はかなり強く、物にもよるが、実際に水を入れてみたところ3リットル近くも入ったという報告もある。そして実際の戦地で使われていた実績もあるらしい)。また、彼は「水筒を紛失した時に役に立つ」とも言っていた。
実生活においては災害等の非常時の水の備蓄には便利かもしれない。
他にも、銃口に被せることで銃身に水や埃が入るのを防ぐという使われ方もするらしい。
まぁ、いずれにせよ本来の使い方ではないのだが…。

旧陸海軍でコンドームが売買されており、それぞれ「突撃一番」「鉄兜」の名称である。
前線という極限状態において生物の保存本能が働くためか、特に性欲の処理は重要な問題であった。
日本国内の各地に存在した遊郭では、軍人は特にお得意様であったという。

2012年のロンドンオリンピックで15万個のコンドームが配布されたことは有名。4年間の重圧から解放されてハジける、という事情と、同時に五輪の広告塔で知名度を上げたいという思惑が一致している様子。オリンピックの公式スポンサーにも名を連ねている。
コンドームをリリースするオカモトによるプロモーションビデオ。ビリーズブートキャンプを意識したパロディでYouTubeにて使い方を『コンドーム・トレーニング・キャンプ』と題して公開されている。

その他のコンドーム系タグ

使用済みコンドーム 咥えゴム ゴム着用
ゴム射 咥え使用済みゴム ゴムから精飲
破れゴム ゴムに穴 避妊具 突撃一番 ゴムフェラ コンドーム・トレーニング・キャンプ

キラーコンドーム…コンドームをモチーフにしたクリーチャー。

関連タグ

 性行為 SEX…関連タグのまとめあり
妊娠 避妊 妊娠検査薬
性行為感染症 性病 AIDS
ゴムの日 ゴム 樹脂

ビオランテ:撮影用の人形は、一部にコンドームを素材として用いていた。具体的には、植獣(第2形態)の口角の粘膜部分。

外部リンク

オカモトの公式サイト
オカモトコンドームズ(YouTubeチャンネル)
中絶女性の2人に1人はコンドームを使用!なぜ妊娠?
コンドームまとめサイト(2ちゃんねる)

関連記事

親記事

避妊 ひにん

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 348034856

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました