ピクシブ百科事典

工藤静香

くどうしずか

日本の歌手、タレント、画家。木村拓哉の嫁。

概要


日本歌手タレント画家。夫は木村拓哉で、二児の
1970年4月14日生。東京都出身。青森県育ち。
を描くことが趣味だったが、2010年の第95回「二科展」絵画部で特選を受賞している。

明石家さんまとんねるずなど芸能界の交友も広い。
フジテレビで放映されていた『とんねるずのみなさんのおかげです』では何度も石橋貴明からセクハラを受けていた。

中学2年生の時に「ミス・セブンティーンコンテスト」で特別賞を受賞し芸能界デビュー。
高校進学後の1986年に『夕やけニャンニャン』のオーディションに合格し、おニャン子クラブの会員番号38番となった。
バイク好きなどヤンキー風のキャラで人気を獲得し、一時期はヤンキーの好きなアイドルの代表格であった。「ろくでなしBLUES」には彼女をモデルとしたアイドル「工藤静香子」の婚約報道でキャラクターがショックを受ける、というエピソードがある(彼女が結婚する相当前に描かれた話ではあるが)。
1987年にソロデビュー。特に「FU-JI-TSU」「MUGO・ん…色っぽい」「黄砂に吹かれて」「慟哭」「雪・月・花」など、中島みゆきが手がけたヒット曲を多数もつことで知られるが、工藤自身デビュー前より中島の楽曲に深く影響を受けたことや、ソロデビューした時のポニーキャニオンのディレクター・渡辺有三氏(当時中島のディレクターも務めていた。)のバックアップで、工藤のバックバンドには中島のバックバンドを務めた当時の日本有数のミュージシャン(後藤次利坪倉唯子青山純など)が多数ついたことが、後の工藤がソロシンガーとして成功した一因となった。また、中島との交流も多く、作詞・作曲提供や歌唱アドバイスを受けるなどいわば友人にして師弟関係とも言える。その他の代表曲に「恋一夜」「くちびるから媚薬」「千流の雫」「7」「優」など。
1989年のアルバム「Harvest」収録の「いつまでも二人で…」から自ら作詞も手がけるようになり、作詞の名義は「愛絵理」を使う。前述の「千流の雫」も愛絵理名義であり、リリース当時オリコンチャート1位を獲得している。
アニメのタイアップでは『ドラゴンボールGT』のED「Blue Velvet」などがある。
1996年に公開された主演映画「爆走!ムーンエンジェル~北へ」では自身が描いた元絵をベースに関口工芸関口操の手によって描かれた中型トラックベースのデコトラ「ルナ号(正式ニックは綾太郎)」のハンドルを握る(一部シーンは本人が運転している)他、音楽も担当している。

2000年に木村拓哉と結婚し翌年に長女を出産。
2002年に産まれた次女は2018年に「Kōki」名義でモデルデビューしている。

関連タグ

荻野目洋子 小泉今日子

関連記事

親記事

おニャン子クラブ おにゃんこくらぶ

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「工藤静香」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 47434

コメント