ピクシブ百科事典

中島みゆき

なかじまみゆき

日本を代表するシンガーソングライターの一人である。
目次[非表示]

来歴

1952年2月23日生まれ、北海道札幌市出身。
1975年、シングル『アザミ嬢のララバイ』でデビュー。

1970年代・1980年代・1990年代・2000年代、2010年代にわたって、作詞・作曲を手掛けた作品がオリコンシングルチャート1位を記録しているソロ・アーティストである。

近年は、楽曲『』で有名。

人柄

特に初期の楽曲は歌詞の内容が暗いものが多かったため、陰のある人物に思われる事もあるが、トークではそれとは裏腹に陽気な一面を見せる。
中島の担当していたラジオ番組を一度でも聞いたことのある人間であれば、彼女の軽快かつ芸人顔負けのトークで本気で笑わせに来た夜を思い出すだろう。
ただしこれも完全な素というわけではないらしく、親しい人物からは「人見知り」という評価も聞かれる。

吉田拓郎小田和正さだまさしを初めとした数多くの大物ミュージシャンの他、芸能人、コンサートの演奏スタッフ等、数多くの人間に慕われている。特にさだまさしとは互いにファンであることを公言している。
松山千春告白された事もあったらしいが当然振った。言うまでもなく残当
松任谷由実とはデビュー時期が近いにも関わらずベクトルが真逆に近いこともあり、メディアやファン同士の間ではライバル視されることもある(本人からはコメント無し)。

その一方で、メディアへの露出には慎重になるタイプでもあり、一時期TV出演から大きく遠ざかっていた時期もあった。
そのため、2002年の紅白歌合戦地上の星を歌った際には、若い世代にも既に有名だったにもかかわらず初めて動く中島を見たという人も多かった。

慎重な性格ゆえに長い歌手生活の中で目立ったトラブルも全く無く、2000年以降も順調に活動を続けておりファンもいまだに多い。
また、長い活動の中で時代に合わせて(芯は変わらないながらも)新しいテーマ・新しいスタイルを取り入れ続けているため、各世代にファンがいるのも特徴。

主な楽曲

1970年代

  • 時代』:2ndシングル。
1975年の『第6回 世界歌謡祭』でグランプリを受賞した中島みゆきの出世作であり、初期の代表曲。

  • 『わかれうた』:5thシングル。
自身初のオリコンシングルチャート1位を獲得。
70万枚以上を売り上げ、1978年度の年間チャートで10位を記録した大ヒット曲。

  • 世情』:4thアルバム『愛していると云ってくれ』収録曲。
ドラマ『3年B組金八先生』の挿入歌として知られる。

  • 『りばいばる』:7thシングル。
オリコンチャートでは11位ながら、30万枚以上を売り上げた。

1980年代
  • 『ひとり上手』:9thシングル。
40万枚以上を売り上げ、中島みゆきの代表的楽曲になっている。

  • 悪女』:11thシングル。
1970年代の『わかれうた』に続き1980年代でオリコンチャート1位を獲得した作品。
80万枚を超えるセールスを記録し、1982年度の年間チャートで6位を記録した大ヒット曲。

  • 誘惑』:12thシングル。
前作に続く好セールスを記録し、1982年度の年間チャートで17位を記録。

  • 『あした』:24thシングル。
オリコンチャートでは18位ながら、33週にわたってチャートインするロングヒットとなった。

1990年代
  • 永久欠番』:19thアルバム『歌でしか言えない』収録。
歌詞は東京書籍から発行された中学3年生向けの国語の教科書『新しい国語』に掲載された。

  • 『浅い眠り』:28thシングル。
ドラマ『親愛なる者へ』主題歌。
中島みゆき初のミリオンセラーシングルとなった作品。
1992年度の年間チャートで10位を記録した大ヒット曲。

ドラマ『家なき子』主題歌。
1980年代の『悪女』に続き1990年代でオリコンチャート1位を獲得した作品。
『浅い眠り』に続いて2作目のミリオンセラー。
1994年度の年間チャートで5位を記録した大ヒット曲。
ファイト!』は、1983年発表の10thアルバム『予感』収録曲で、シングル『空と君のあいだに』の両A面としてリカットされた作品。

  • 『旅人のうた』:32ndシングル。
ドラマ『家なき子2』主題歌。
前作『空と君のあいだに/ファイト!』に続き、1990年代でオリコンチャート1位を獲得した作品。
3作目のミリオンセラー。
前作に続く好セールスを記録し、1995年度の年間チャートで28位を記録。

2000年代
  • 地上の星/ヘッドライト・テールライト』:37thシングル。
NHK『プロジェクトX〜挑戦者たち〜』主題歌。
1990年代の『空と君のあいだに/ファイト!』『旅人のうた』に続き、2000年代でオリコンチャート1位を獲得した作品。
通算オリコンシングルチャート100位圏内チャートイン183週を記録。
本曲で2002年末に『第56回NHK紅白歌合戦』初出場を果たし、130週目でオリコンチャート1位を記録。
プロジェクトXの題材にもなった黒部ダムから中継され、歌詞を間違えたことも有名。

ドラマ『Dr.コトー診療所』主題歌。
20万枚以上を売り上げ、中島みゆきの代表的楽曲になっている。

2010年代
NHK連続テレビ小説『マッサン』主題歌。
本曲で2014年末に『第65回NHK紅白歌合戦』に、2002年以来12年ぶりの出場を果たした。

  • 』:1992年発表の20thアルバム『EAST ASIA』収録曲。
1998年にシングル『命の別名』の両A面としてリカットされた作品で、
カバーやコマーシャルがきっかけで2010年代に知られ、
2015年度のカラオケランキング年間3位を記録。
2017年、JASRAC賞で金賞を受賞し、国内作品1位を獲得。
2018年、有料音楽配信認定で100万DLを超えた作品としてミリオン認定された。

  • 『慕情』:45thシングル。
ドラマ『やすらぎの郷』主題歌。
『地上の星』以来14年振りに、有線J-POPリクエストランキング1位を獲得。
同ランキングで1位を獲得したのは、『悪女』(1981年11月)、『浅い眠り』(1992年9月)、『地上の星』(2003年1月)の3曲。

主な提供曲

1970年代

  • 『あばよ』:研ナオコに提供。オリコンチャート1位を記録。
研ナオコ最大のヒット曲となった。
『かもめはかもめ』、『窓ガラス』も提供しヒットした。

  • 『しあわせ芝居』:桜田淳子に提供。
桜田淳子の代表曲のひとつ。

1980年代
増田恵子最大のヒット曲となった。

  • 『春なのに』:柏原芳恵に提供。
『カム・フラージュ』、『最愛』も提供しヒットした。

  • 『FU-JI-TSU』:工藤静香に提供。オリコンチャート1位を記録。
提供曲『MUGO・ん…色っぽい』、『黄砂に吹かれて』もヒットし、オリコンチャート1位を記録。

1990年代
  • 『ルージュ』:1979年発表の6thアルバム『おかえりなさい』収録曲。
1977年にちあきなおみに提供した作品で、1992年にはフェイ・ウォンが「容易受傷的女人」のタイトルでカバーし、アジア圏で大ヒットした。
また、その年の香港の音楽賞を総なめにした。

  • 慟哭』:工藤静香に提供。オリコンチャート1位を記録。
工藤静香最大のヒット曲となった。
提供曲『私について』もヒットし、オリコンチャート1位を記録。

2000年代
  • 宙船』:TOKIOに提供。オリコンチャート1位を記録。
着うたダウンロード件数は100万件を突破。
ジャニーズ事務所所属アーティストの楽曲で、着うたダウンロードがミリオンを突破したのは、この曲が初。

2010年代
  • 『泣いてもいいんだよ』: ももいろクローバーZに提供。オリコンチャート1位を記録。

関連タグ

音楽 邦楽 歌手 シンガーソングライター ヤマハ
オールナイトニッポン 月曜日

pixivに投稿された作品 pixivで「中島みゆき」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 317666

コメント