ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要

武田鉄矢演じる国語教師「坂本金八」が主人公の学園ドラマで、元は『桜中学シリーズ』

の一つとして放送された。TBSを代表する名作中の名作。と、同時に坂本金八を演じてきた武田鉄矢の顔ともいえる。

第1シリーズは1979年10月にスタート、最終となる第8シリーズは2008年3月に最終回を迎えた。

2011年3月27日には4時間スペシャルの『ファイナル』が放送され有終の美を飾った。

チュンソフト製作の『3年B組金八先生 伝説の教壇に立て!』と言うゲームも存在する。


過去シリーズの多くの原作および脚本は小山内美江子(おさないみえこ)が、第7シリーズ第11話目以降は清水有生(しみずゆうき)が手掛けた。


第1シリーズ

1979年10月26日放送開始。

以後、基本的にドラマシリーズでは2クール(半年間)放送する事となる。

桜中学校に転任した金八は、学校や生徒が抱える問題を解決していく中、3年B組の女子生徒・浅井雪乃(杉田かおる)の妊娠が発覚。その相手は同組の宮沢保(鶴見辰吾)。この衝撃的な事件に、中絶か出産かで迷う雪乃。金八先生は徹底的に向き合う事を決め、雪乃は産む事を決意。

後の第4シリーズでは彼らの息子・宮沢歩が、SP『ファイナル』では再び夫妻が登場。

15歳の母という当時問題となっていた「未成年出産」をテーマとした衝撃的な内容が話題となり、人気が爆発。最終回では視聴率39.9%という脅威の数字を叩きだして社会現象を巻き起こした。


第2シリーズ

1980年10月3日放送開始。

今作のテーマは校内暴力教師と生徒の対立である。また、金八シリーズで初めて生徒の逮捕者が出る。

第5話で荒谷二中から桜中学に転校してきた加藤優(直江喜一)は、札付きの不良生徒。学校側が彼を『腐ったミカン』と形容した事に金八は反発する。その後、加藤が前にいた荒谷二中の不良生徒が駆けつけ、自分たちの仲間を警察に引き渡した教師に対する報復を手伝うよう迫ってくる。悩む加藤だったが、自ら荒谷二中へ出向いて教師と話をつけることを決意するが…

不良生徒の存在をみかん箱の中にある腐ったみかんが周りのみかんまで腐らせてしまうという理論で衝撃を与えた腐ったミカンの方程式、警察に捕まり連行される生徒の映像と「世情」(中島みゆき)が流れる演出であまりにも有名なエピソード『卒業式前の暴力』はシリーズを代表する神エピソードとして高い評価を受けており、日本のテレビドラマ史に現在でもその名を留めている。


第3シリーズ

1988年10月10日放送開始。第3シリーズのみ1クール(3ヶ月)放送。

金八は桜中学校から松ヶ崎中学校へ転任となったため、舞台を松ヶ崎中学校に移した作品。生徒役に萩原聖人長野博森且行などが出演していた。

第1話では、前列に着席している杉浦かよが目薬をさしその後涙を流す場面が映ってしまうハプニングが発生(通称、目薬事件)。

今作は主に目立った場面はなくほのぼのとした作品となったが、生徒一人一人に着目し高校受験までをサポートさせる金八らしさは変わらず出ており、初めて出会う教師達にも一丸となって行動していた。

桜中学が舞台ではないためか、桜中OB総出演のSP『ファイナル』ではスルーされてしまった。


第4シリーズ

1995年10月12日放送開始。

今作のテーマは生徒同士のいじめ問題

最愛の妻を乳ガンで亡くし文部省で研修を受けていた金八は、久しぶりに3年B組の担任に復帰する。しかし新3B生徒は金八先生に冷たく、クラス内ではいじめが横行していた。第1シリーズの雪乃・保の息子である宮沢歩(橋本光成)もまたそのターゲットにされていた。家庭問題で心が荒んでいた広島美香(小嶺麗奈)は、鬱憤晴らしのために他の生徒に嫌がらせをし、教師には甘い態度で接していた。


第5シリーズ

1999年10月14日放送開始。

今作のテーマは前期よりもさらに度を超えた陰湿ないじめによる支配、引きこもりによる家庭問題、少年犯罪等より多くの問題を抱えていた。そして、第2シリーズ以来二人目の生徒の逮捕者が出た。

金八の前任教師であった中野(ラサール石井)が生徒達に暴行を受けて病院送りにされ、さらに葬式用の菊の花(実は造花)を送りつけられあわや自殺に追い込まれるというシリーズ史上最悪のスタートとなった。さらに発覚を防ぐため、力づくで口封じを行う首謀者・兼末健次郎(風間俊介)達によって3B全体がグルと化してしまう。この学級崩壊寸前のクラスを金八は立て直していく事となるのだが・・・

本シリーズから、学園祭でソーラン節を踊るようになった。かなり大変だったとか。


第6シリーズ

第6シリーズ2001年10月11日放送開始。

今作のテーマは下記の性同一障害・犯罪者の家族に対する人権の自由を描いたストーリーである

性同一性障害を抱えた鶴本直(上戸彩)、父が殺人の罪で服役中の成迫政則(東新良和)。この二人の転校生を中心に第6シリーズは展開していく。

なお、鶴本直は第7シリーズで性転換手術を受け、男性となった。


第7シリーズ

2004年10月15日放送開始。

今作のシリーズは麻薬の依存中学生への薬物蔓延というテーマで史上最も暗いシリーズとなった。さらに第5シリーズに続いて3人目の生徒の逮捕者が出て、そのまま桜中学に戻れず少年院へ送られるという悲しい結末を迎えた。

桜中学に忍び寄るドラッグの魔の手。丸山しゅう(八乙女光)の父親が覚せい剤に手をつけ、家庭が崩壊。母親から虐待を受け、覚せい剤絡みでヤクザに追われ、親友の小塚崇史(鮎川太陽)が飛び降り自殺を図って意識不明の重体となり、精神的に追い詰められていたしゅうは自ら覚せい剤に手を出すようになってしまう。

このシリーズの途中、これまで脚本に関わっていた小山内美江子がスタッフと確執を生み離脱。第7シリーズでは危うく打ち切りの危機となった。


第8シリーズ

2007年10月11日放送開始。

今作のシリーズは人種差別や普及したインターネットを悪用し生徒や教師の誹謗中傷を記載した裏サイトを巡り様々な問題に立ち向かう。

第1話で金八が生徒一人ずつに渡したノートに書き綴られてるは「世界に一つしかないノート」。本シリーズでは、生徒一人一人が主役としてスポットを変え続けていく。

脚本は第7シリーズの途中より引き続き清水有生(原作は小山内)。しかし、第8シリーズでは視聴率が2ケタを切る週が続くなど苦戦を強いられた。そのせいかファンの間では黒歴史とされている程。


3年B組金八先生 ファイナル 最後の贈る言葉

2011年3月27日放送。4時間スペシャル。

素行不良で各中学を盥回しにされてきた不良生徒・景浦裕也(岡本圭人)は、桜中学に転校後も教師に暴力を振るったり、『ハレ晴レユカイ』を踊る生徒にはガンを飛ばし、寝転んでいる生徒にはカツアゲを繰り返し、得た金をゲームセンターで使う日々だった。景浦のせいで受験勉強に支障をきたすと不快に感じた3B生徒達は景浦を裏で排除しようと画策したり直接関わろうとしなくなる。その後、理科の教師に再度暴行を加えた景浦は警察に補導されるが、鑑別所送致で再び3B教室へ戻ってくるも反省の色がまるで見えていない。そんな景浦を見かねた桜中学のOBが動き出す。

その一方で、金八は定年退職を間近に控える中、狭心症で病院に運ばれてしまい…


登場人物

(演:武田鉄矢)

主人公の中学教師。専門は国語


金八の喧嘩仲間かつ友人で、シリーズに一貫して登場した自転車のお巡りさん。階級は巡査。

良くも悪くもお節介な性格で、何か地域で問題が起きるとすぐに首を突っ込もうとする。

金八を追い掛けようとして自転車から転倒するのがお約束。

175Rの「贈る言葉」や勇者ヨシヒコにもこの役で登場している。

ファイナルでは金八と同じく定年退職を迎えることが明かされ、定年後は交番指導員となって引き続き地域で活動していくと語っている。


生徒達

【第1シリーズ】

十五歳の母。中学受験に失敗以来、父から疎まれるようになったその寂しさから宮沢の子を妊娠、無事に出産し母となる。

卒業後はインテリアデザイナーに就職した。


ツッパリ少女。「顔はやばいよ、ボディやんな、ボディを」の人。


【第2シリーズ】

  • 加藤優(演:直江喜一)

「腐ったミカン」などの名言を残した問題児。卒業間際に荒谷二中に殴り込んだため逮捕されるが金八や校長らの説得で釈放された。第4シリーズでハゲて太り、ファイナルでそれをネタにされたこともある。現在はタンク製造会社の社長を務めており既婚者。


第2シリーズの主要生徒の1人で、迫田八重子(演:川上麻衣子)とは幼稚園時代からの幼馴染である。

当初は加藤と対立していたが、後に親友となる。中の人は1999年に借金と貧困を苦にして自殺を図りこの世を去った。


【第3シリーズ】

  • 水野君恵(演:岸雅)

金八と真野、山津が赴任した第3シリーズの年度に松ヶ崎中学に転入した。

小学校時代と前の中学校時代に酷いいじめを受けたことが原因でクラスに溶け込むことができず、転入時から保健室登校をしている。


  • 山田裕子(演:浦明子)

父子家庭。小料理屋「ぼたん」でバイトをしており父はアル中で死去。ファンの間では第8シリーズの北山大将の女子生徒版と言われている生徒。


【第4シリーズ】

  • 広島美香(演:小嶺麗奈)

クラスのボス的存在だが、兄の素行不良や両親の離婚等で家庭崩壊に追い込まれてしまう。

高校入試で厚化粧して乗り込んだことも。2年時の担任にヤリ●ン呼ばわりされていた悲しい過去を持つ。


  • 宮沢歩(演:橋本光成)

第1シリーズで浅井雪乃が出産した子どもが成長した姿。



【第5シリーズ】

表向きは優等生だが、気に入らない教師や生徒に巧妙な嫌がらせを行う不良。家庭内暴力を起こす引きこもりの兄を持つ家庭環境に大きな問題を抱えていた。取り巻きのクラスメイトを増やし嫌がらせをするがそれらが生命に関わる大事に陥ったためクラス代表の1人として金八から体罰を受け、クラスが纏まってから今までの行為がたたって孤立した。姉との死別などといった過去を振り切れず自棄になることが多かったが金八の真摯さを感じ、尊敬するようになる。その後、今までの行いを悔い前任の中野先生やクラスメイトに詫びる決意を表すが、その矢先に暴走する兄と母親を止めようとした際に誤って母を刺してしまい、警察に追われる羽目になる。そして、金八の説得で警察に出頭しそのまま鑑別所に送られた。その後、弁護士の立ち会いの元で保釈が認められたものの学校に戻る事は出来ずそのまま家裁判決を待つこととなる。そのため卒業式は校長室で実施となった。

最終話で審判の結果無罪となり家族仲も修復され、クラスメイトたちにこれまでのことを心から謝罪し和解する。その後は教師になるために大学に進学した。


  • 小野寺良輔(演:香川佑太朗)

発達性障害を持つ、将棋が大好きな眼鏡少年で『デラ』と呼ばれている。かつて桜中学で校長を務めていた大西豊に好意を持つが故に、当シリーズにおける3年B組の生徒としては最も心優しい性格である。兼末に脅された塩沢好太が大西の生命に関わる大事を起こしたときは、病院内で塩沢に憤慨する余り、暴言を吐くほど荒々しい一面を見せている。また、兼末らがこの事件で金八から体罰を受けるホームルームの時は、入院中の大西に付き添うために病院に残っていた。それから最終的に塩沢と和解し、大西が肺炎で亡くなったときは彼の葬儀で弔辞を読み、金八や塩沢と共に火葬場まで付き添い、そこで大西が荼毘に付されるのを見届けた。その後、大西の墓前で単位制高校に進学したことを報告した。


【第6シリーズ】

性同一性障害。かつての山田麗子を彷彿させる超ロングスカートで登校し学校中とお茶の間を驚かせた。彼のモデルとなったのは虎井まさ衛と言う実在する作家で、乙武洋匡を尊敬している。


  • 成迫政則]](演:東新良和)

静岡から転入、姉は集団強姦致死事件に巻き込まれ死去。父は姉を死に追いやった不良の取り巻きの一人を殺害した罪で服役中。その為、第1シリーズで家庭科担当の池内が身元引き受け人となり、現在は二人で生活している。

ファイナルでは法律事務所の弁護士を務める傍ら景浦に勉強を教えていた。


【第7シリーズ】

  • 飯島弥生(演:岩田さゆり)

発達性障害、スペシャルオリンピックス聖火ランナーを務めた。

お菓子作りが得意で後にその才能を生かすためにパティシエととして就職。

「みんなと一緒」が口癖。


シリーズ最大のトラウマを植え付け、お茶の間を地獄絵図に変えたシャブ少年。父親が事業失敗で莫大な借金を抱え込んだ以降、麻薬依存に陥るようになりそのやり場の無いストレスで母親から暴力を振るわれるようになる。さらに父親が麻薬の件で暴力団から追われる羽目になり、彼等からの暴行も受けるようになる。その後、金八の手助けのお陰で暴力団らは逮捕されるが同時に父親は麻薬使用、母親は虐待と犯人隠避の罪で両親共に逮捕されてしまい一人になってしまう。更に自身の軽率な言葉で親友を自殺未遂まで追い込んでしまい、その後悔と両親が消えた寂しさから自信も麻薬に手を染めてしまう。その結果、麻薬中毒に陥り大金欲しさに生徒の金を盗み出し、その件について金八から咎められると麻薬による幻覚と幻聴から教室内で暴走の末取り押さえられ、金八自身も麻薬がこれほど人格を狂わせてしまうのを必至に訴えかけた。そして、駆けつけた警察に逮捕され、裁判の結果少年院に送られる事となり卒業式には参加できなかった。少年院出所後は薬物依存症の当事者を支える中間施設に入所。新聞配達員を経て農業などで更生したようである。


【ファイナル】

  • 景浦裕也(演:岡本圭人)

小学生の時に最愛の父を亡くし、母親と二人で暮らしている。

父の死をきっかけに中学生になってからグレ始め、やがて暴行や恐喝をする問題児となっていった。

電流実験でクラスメートを庇い理科教師に暴行を加え、警察に連行される。

受験勉強を条件に復学し、金八と同居する事となるが歴代卒業生らの助けにより徐々に更生していく。

小さい頃は亡くなった父と同じくゴルフが趣味だった。


その他

  • 池内シカ((演:都家かつ江(第1シリーズ、スペシャル1)、千石規子(第2シリーズ)、大路三千緒(スペシャル2)))

第1シリーズと第2シリーズで金八が下宿をしていた雑貨店の「池内商店」の経営者で、池内友子の母親。

第2シリーズとスペシャル2の演者が別人なのは、都家女史が病気療養中で降板した為。

スペシャル2の放送前に都家女史が死去した為、スペシャル2~スペシャル3の間に死去した設定となった。


  • 道政利行、道政明子(演:山木正義(利行)、大川明子(明子))

第4シリーズ以降の坂本家と桜中学の生徒の各家庭、教職員が買い物で利用する「スーパーさくら」の経営者。

妻の明子(旧姓:大川)は第2シリーズの卒業生で結婚前は看護婦をしており、ある時入院した利行が明子に惚れて結婚した。

夫の利行も桜中学の卒業生である(明言されたのは小説版のみ)。


  • 安井院長(演:柴俊夫)

第5シリーズの安井ちはる(演:岡あゆみ)の父親で、同シリーズ後もファイナルまで坂本家と桜中学の生徒や教職員の掛かりつけ医院として登場する、安井病院(移転新築した第7シリーズ以降は総合病院に昇格)の院長。

ファイナルでは娘のちはるも同病院の医学療法士となっており、第6シリーズでは第4シリーズで桜中学の体育教師だった三宅範正(第7シリーズ以降は未登場)が、同病院の院内学級の教師となって勤務していた。

兼末健次郎の母方の伯父が高校の同級生だったことが縁で兼末家と家族ぐるみで付き合いをしており、兼末家の子供達のことも幼い頃から知っており、第5シリーズ時の兼末家の家庭事情を知る数少ない人物だった。

第6シリーズでは悪性リンパ腫を発症した金八の息子の幸作の治療に全面協力し、第7シリーズでは覚醒剤事件で逮捕された丸山しゅうの体内から覚醒剤を抜く治療を引き受けた他、桜中学で行われた緊急保護者会に出席して、未成年者の薬物汚染の現状についての説明を行い、ファイナルでは金八の狭心症の検査を担当した。


  • 兼末雄一郎(演:須藤公一)

第5シリーズのキーパーソンである兼末健次郎の兄で、年齢は第5シリーズの時点で21歳。

東大に現役合格するほどの秀才だったが、入学後に人間関係の悩みや家族との関係悪化も影響して部屋に引きこもり、家庭内暴力を振るうようになってしまい、この事が健次郎の心に大きな影を落とす一因となった。

深夜になるとジョギングをする為に度々家を抜け出して町を徘徊しており、その姿を見た大森からは「怪物」と呼ばれて追われており、周囲にはアメリカに留学していると語られていたが、ある時大森に追われている最中に道政夫妻が運転する軽トラックと交通事故を起こして顔を見られ、嘘であることが露見してしまう。

退院後に家を出て一人暮らしを始めようとするも、息子を手放したくない一心で心中を仄めかして包丁を持ち出した母と揉みあいになり、止めに入った健次郎が誤って母親を刺してしまう結果となってしまった。

事件後家族と和解して新聞配達のアルバイトをしながら、服部肇が園長を務めるフリースクールを手伝うことになり、本来は弟思いの優しい性格の持ち主だった為、フリースクールの子供達からも慕われていた。

第5シリーズと第6シリーズの間に制作されたスペシャル10と第6シリーズにも登場しており、東大に復学した後もボランティアでフリースクールの手伝いを続けている様子が見られた。

成迫政則が父親の事件に関与した悪質な出版社を相手に名誉毀損の訴訟を起こすことを決めた際には、自身の体験を成迫に話し、服部達と共に彼を応援することを快諾していた。



関連タグ

TBS ドラマ 金八先生 伝説の教壇に立て!

中学校 教師 中学生

おっさんホイホイ

パロディ

金髪先生 3年B組一八先生

3Z銀魂

ニャンパチ先生妖怪ウォッチ

関連記事

親記事

TBS てぃーびーえす

子記事

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 176863

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました