ピクシブ百科事典

東大王

とうだいおう

TBS(系列)で放送されているクイズ番組。
目次[非表示]

概要

4人の東京大学出身の秀才が、12人の芸能人と対決するクイズ番組。
元々は2016年10月に特番として放送されたもの。2017年4月にレギュラー番組に昇格している。
2018年9月までは日曜日20時台の放送だったが、2018年10月より水曜日19時台の放送に移動となった。ただし、水曜日の19時台(~21時台)はTBSのローカルセールス枠であるため、ほとんどの系列局で不定期番組に格下げ、さらにはプロ野球中継に差し替える予定がある系列局も存在することから、まともに放送するのはTBSを除いてはテレビユー山形テレビユー福島テレビ山梨チューリップテレビの、東日本の系列局4局のみとなってしまった。なお、これら4局同様TBSと同時ネットで放送しはするテレビ山口に関しては、年何回かは土曜朝のローカルバラエティ番組「ちぐまや家族」の1時間バージョンを放送するために返上することがあるので、準定期番組と言うことになる。

MC

メインMC。
東大王メンバーを大切にしており、父親みたいな立場で見守(現に東大王メンバーと同年代の子を持つ)。

サブMC。
ツッコミを入れながら的確に進行する。問題のネタにされることもしばしばある。(答えが彼のイメージ調査を流す問題、直近の記憶力を試すためにポンチョを纏いネクタイの色を答えさせるなど)

現東大王チームメンバー

メイン画像手前→奥の順番で紹介する。

  • 伊沢拓司(キャッチコピー:東大最強の知識王)
開成高校時代に高校生クイズ2連覇と言う輝かしい実績を誇る、文句なしのエース。
レギュラー版初回放送で後述の鶴崎を下し2代目大将を襲名した。
早書き問題では圧倒的な正解率と入賞率で他を圧倒。その知識の幅広さも特徴。
現在はwebメディアQuizKnock立ち上げ人・編集長として、ツイッターやYouTubeなどでクイズの面白さを広げる活動も精力的に行っている。
実は歌が上手い。駒場祭(東大文化祭)でフォークギターの弾き語りライブを行ったことがある。
実は現東大王メンバーの中で唯一の皆勤賞だったりする。
2019年3月に東大大学院を卒業見込みで、東大王チームも同タイミングで引退することが発表されている。卒業後は実業家としてQuizknockの運営に集中する予定。

  • 水上颯(キャッチコピー:東大医学部のプリンス)
山梨県出身。その伊沢を直接対決で下し、現在東大王チームの3代目大将。日本テレビ系列「頭脳王」では2連覇を果たしている(3回目の挑戦時も2位)。
伊沢が立ち上げたQuizKnockのライターでもある。
その甘いマスクから女性視聴者からの支持率が高い。
医学部だけあって生物分野が大得意。趣味は読書で自室の壁のほとんどを本棚に改造している。
ちなみに乃木坂46高山一実とは、お互いファン同士という珍しい事例がある。
「頭脳王」での活躍以降クイズプレイヤーとして多忙を極めており、実は欠席が最多。2週連続で休むことも。

  • 鶴崎修功(キャッチコピー:IQ165の天才)
鳥取県出身。伊沢が立ちあげたQuizKnockのライターとしても活動中。
実はこの番組で最初に東大王として輝いたのが彼(しかも初優勝の回がテレビ番組デビューだった。)。
キャッチコピーが示すように165という超人的なIQ(あのスティーブ・ジョブズですらIQは160弱)を持ち、ひらめき問題は大得意。この分野での早押し・早書きでは高い正解・入賞率を誇る。また漢字オセロの正解率も高いが、戦略を練るのに集中するためあえて誤答して脱落することもある。
オールスター感謝祭に出るのが夢だったが、2018年秋放送で出演が実現し、総合2位の成績を収めた。
光浦靖子とそっくり親子であることは番組内では定番のネタである。
休日はゲームセンターでクイズマジックアカデミーをすることが多い。

  • 鈴木光(キャッチコピー:スタンフォードが認めた才媛)
東大生だけで行う入れ替え戦で東大王チーム入りをした。初登場回(レギュラー版初回)放送後に各種SNSで話題騒然となった美人(MCのヒロミ・山里らにもちやほやされていた)。
英語の発音が抜群なので勘違いされがちだが、帰国子女では無い。
筑波大学付属高校卒。在学時にはスタンフォード大学主催の論文コンテストで表彰を受けた(キャッチコピーの「スタンフォードが認めた」とはこのことを指す)。東大には推薦入学。
高校時代は軽音楽部に所属しボーカルとドラムを担当したり(そのためか、歌が物凄く上手)、同じTBS系列の「プレバト!!」では俳句に挑戦し、初参戦となった2019年1月3日OA回で立川志らく(落語家、特待生制度で当時2級)相手に完勝、2度目の参戦となった2月14日OAの回でも優勝、僅か2回の挑戦で特待生昇格を果たすなど、根っからの文化人でもある。
他メンバーと比べてジャンルによる得手不得手がはっきりしているのが特徴。国語系(ことわざなど。)やひらめき系(なぞかけなど)、時事ネタなどが苦手である一方、英語系(前述のとおり英語力は相当のもの)、音楽問題(元軽音楽部の経歴を遺憾なく発揮)、地理分野(他メンバーの数少ない弱点でもある)等では無類の強さを見せる。ちなみに、早書きバトルでは伊沢についで2位の正答率を誇っている。
ちなみに、名前の読みは「ひか」ではなく「ひか」。

代役

  • 鈴木耀介(キャッチコピー:知識のオールラウンダー)

1stシーズンで欠員が出た際に登場。

  • 砂川信哉(キャッチコピー:ミスター東大ファイナリスト)
2ndシーズンで欠員が出た際に登場。
慶應義塾大学に現役合格していたが、東大に入るという目標のため3浪した経歴を持ち、ひたむきな男と評される。
SASUKEに出る」という夢があったが、この番組への出演がきっかけで2018年末に実現した。

芸能人チームの重要メンバー

やくみつる辰巳琢郎といったお馴染みのインテリ芸能人が普通に出演する。
しかしこの番組で意外な活躍をする芸人が多い。
現に以下のメンバーが実力を発揮すると、東大王チームが負ける事がある。

様々な番組のロケによって吸収した知識と、過去に「得する人・損する人」(日本テレビ)の企画で東大文科Ⅰ類目指して猛勉強した(結果は1次試験で足切りに遭い失敗)経験により知識の引き出しが多いこと、さらに驚異的な勝負運も相まって東大王・特に水上を恐怖させる存在。
大将や監督を務めたりすることもある。

早稲田大学在学中の女流棋士。主に漢字オセロの司令塔を担当することが多い。


藤本敏史原西孝幸による漫才コンビ。
藤本は「プレバト!!」における俳句名人10段なだけあり日本文化や俳句に関しての問題に強い。
より注目すべきは原西で、IQ135を活かしてひらめき問題を中心に得意分野で正解を叩き出して東大王チームにプレッシャーをかける存在で、水上と鶴崎に「怖い存在」と言わしめている。

フジテレビアナウンサーとして日本各地を飛び回り得た知識に加え、数々のクイズ番組で培ったクイズ経験により東大王に対して優位に立つ。
さらに音楽関係の問題で鈴木光の無双を止めることができる稀有な存在でもある(その理由としては、夫がシャ乱Qのドラマー・まことであることが挙げられる。)。

国内外で活躍するモデルだが、実は英検・漢検をはじめとする15以上の資格をもつマルチライセンサーであり、その知識の深さでたびたび東大王相手に勝利を収めてきた。

難読漢字オセロ(漢検準1級所有)をはじめ様々な分野に精通。
要所要所でファインプレーを連発し、「困ったときの一朗太」と呼ばれる。

芸人を集めて行った東大王出演オーディションにて他を凌駕する高得点で出演権を獲得。
その出で立ちの通り日本史関連の問題で実力を発揮。
ひらめきの天才・鶴崎との早押し対決では、焦って誤答した鶴崎の隙をついて見事に勝利した。
自称・最終学歴は寺子屋と豪語しているが、テロップで上智大学卒業が表示されている。

逆に足引っ張るメンバー
ひらめき系の問題で自信有り気にボタンを押しながら誤答を連発し、チームの点数を減らしていくため「閃きのテロリスト」と呼ばれる。彼の所為で東大王チームはポイント獲得なく勝つこともある。
一応名誉の為に言うが、漢字には強くオセロはそんなに足引っ張ってない。


外部リンク

公式サイト
Wikipedia

pixivに投稿された作品 pixivで「東大王」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 46919

コメント