ピクシブ百科事典

目次[非表示]

概要

毎日放送(MBS)制作。
司会は浜田雅功
毎週木曜19:00-20:00にTBS系列28局で放送されるほか、系列局がないエリアでもフジテレビ系列局へ番販ネットされている(2016年4月3日から福井テレビ、2018年4月1日から秋田テレビで遅れネット)。
2012年10月に放送を開始した当初は「プレッシャーバトル」という番組名で、芸能人がドラフト形式で2チームに分かれて戦う番組だった。
ところが番組開始からわずか3ヶ月でリニューアルを行い、書き順クイズがメインになった。トーナメント形式で書き順クイズを行い優勝者を決めるというもの。
さらに2013年11月からは、様々な趣味の能力を査定する番組へと再度大幅なリニューアルを実施。
挑戦者の作品に専門家が点数をつけ「才能アリ」「凡人」「才能ナシ」の3段階に分ける。成績優秀者は特待生となり、さらに昇格すると名人となり段位が与えられる。
ジャンルは俳句生け花、盛り付け、水彩画など。

夏井いつき先生の解説と添削が特徴的な俳句査定は看板コーナーであり、ほぼ毎回放送される。その添削は時に毒舌を交える程徹底的であり、例えば「雨降る」なんて詠もうものなら「雨は降るもんだろ! 降らない雨があるなら持ってこい!」(「俳句は17音しかないので言わなくてもわかることは入れるな」という意味)などと言われてしまう。
凡人以下ともなれば大御所だろうと高学歴だろうと容赦なくぶった切られるため、「イメージが壊される」として番組に出たがらない芸能人もいるらしい。
査定においてはMBS制作の番組でよくある「解説者が別室にいる」方式をとっている。生け花においては假屋崎省吾先生が査定した作品をスタジオに持ち込んで解説する。

ルール

事前に4 - 10人の有名人や著名人が1つのジャンルに挑戦する。その後挑戦者の作品に専門家が点数をつけ「才能アリ」「凡人」「才能ナシ」と査定。なお、査定の公正を期すため、誰の作品かは査定員には伝えられない。そのため、ボロクソに酷評した作品の作者が大物だったと知って査定員が青ざめるのがお約束である。
また、「才能」と命名されてはいるが、単純に当該作品の出来栄えによって判定されるルールのため、伸び代については考慮されない模様。ただし作品として下手でも良い発想力や独創性があると認められた場合は「将来性のある凡人(才能ナシ)」と査定で付け加えられる場合もある。

放送での順位の発表順は浜田に任され、多くの場合は真ん中の順位の挑戦者から発表し、2人が残ったところで1位に選ばれた挑戦者を発表する。
「才能ナシ・最下位」と査定された挑戦者には、コーナー最後に「センスがなく、番組を壊してしまう恐れがある」という趣旨のプロフィールを読ませる。但し、使いどころを間違えると芸能人へのレッテル貼りにもなりかねないためか、現在は改編期に放送される2択査定(後述)の敗者、TBS系人気番組対抗戦(TBS・MBSが制作するテレビ番組の出演者が出演)において「才能ナシ・最下位」と査定された場合等一部シチュエーションのみに限定して行われる。

様々な査定

いずれの査定でも、査定発表後には先生が添削及手直しを行ったり、同じ題材で「お手本」となる作品を披露する。

俳句

  • 出場者に事前にお題と1枚の兼題写真を出す。挑戦者はその写真からお題に沿った一句を詠んで提出する。兼題写真および写真に関連するもの・光景からどうとらえるか、写真から発想を飛ばし連想される光景をとらえるかは自由である。
  • 提出した句を収録前に夏井いつき先生が査定。70点以上で「才能アリ」、69 - 40点で「凡人」、39点以下で「才能ナシ」となる。
  • 放送では作者による説明、特待生・名人による講評の後、浜田が「先生」と呼び、別室にいる夏井先生が登場する。評価のポイントを解説し、より良い句にするために添削。作者の説明で言葉の意味を間違えている、作者の意図と実際に出来た句がかけ離れているなどの理由により夏井先生が採点時に解釈した語意と食い違っている事が判明する等した場合は、夏井先生の判断による減点、それによりランクダウン・順位の入れ替えが発生する。
  • なお出来や作者の工夫が良かったり、独特の世界観が評価された場合は、添削の必要なしと判断。逆に才能ナシ10点以下、もしくは凡人査定でも手の施しようがない場合は、添削不可の烙印を押される事も。

MBSでは、公式サイトで展開している「MBSコラム」内で、「もう一度楽しむプレバト俳句」を開設し、毎回の放送後、「俳句の査定才能ランキング」について紹介するコラムを更新している。

生け花
  • 収録前にテーマとなる草花が発表、それを必ず利用して30分以内で自由に生けてもらう。後に番組が用意した数種類の花器から1種類選ぶ形となり、作品に見合った花器の選び方や合わせ方も査定されるようになった。さらに特待生に対しては背景に後ろに掛け軸があるなど特殊なシチュエーションで生けてもらう場合もある。
  • 出来上がった作品を假屋崎省吾先生が査定。スタジオに査定した作品を持ち込み、手を加えながら査定や手直しのポイントを解説する。出来が良い場合は手直しなしとなるが、あまりにもひどい場合は手直し不可となる。

盛り付け
  • 挑戦者1人につき1つの課題料理を出す。その料理を自分のセンスで盛り付けてもらう。器や調味料は番組が用意したものを使用でき、お題に沿って食材を自分流にアレンジすることができる。特待生に対しては盛り付けの題材は自由だが器が指定される、名人初段以上からは同じ器を2枚並べ、同じ料理を別々の形で盛り付けるという課題が出される。作品発表前に「どうぞお召し上がりください」と言うのがお約束。
  • 盛り付けた料理をVTRに登場する土井善晴先生が査定。見た目の美しさ、独創性、一般的な料理の作法・マナーに則っているか、料理の味を損なわない盛り付けになっているか、食べる人のことを考えているかを基準に判断する。

水彩画
  • 題材は自由(特待生はランダムに題材が与えられる)で、出来上がった作品を野村重存先生が査定。なお、「お手本」はもはやオーバーキルとも言える出来映えであり、浜田に「描きたいだけやろ!」とツッコまれることも。
  • 切り取り方、正しい描写、明暗を各10点満点で採点し、合計が25点以上で「才能アリ」、24 - 15点で「凡人」、14点以下で「才能ナシ」となる。

絵手紙
  • 題材と宛先は自由で、出来上がった作品を花城祐子先生が査定。花城先生にはどのような間柄の人に宛てた絵手紙かが伝えられる。
  • 絵の味わい、絵と字のバランス、メッセージの工夫を各10点満点で採点し、合計が25点以上で「才能アリ」、24 - 15点で「凡人」、14点以下で「才能ナシ」となる。

書道
  • 挑戦者にはそれぞれの出身都道府県で行われた小学生書道コンクールの作品から1字(特待生の場合は二字熟語)を提示する。出来上がった作品を武田双葉先生が査定。
何故か2018年以降行われていない。

消しゴムはんこ
  • 題材は自由で、出来上がった作品を田口奈津子先生が査定。査定解説後、同じ題材で「お手本」、あるいは挑戦者と同じはんこを用いて手直しを加えた作品を作る。こちらのお手本もオーバーキルと言える出来映え。
  • 彫り方、押し方、デザインを各10点満点で採点し、合計が25点以上で「才能アリ」、24 - 15点で「凡人」、14点以下で「才能ナシ」となる。

色鉛筆
  • 題材がランダムに(食べ物が多い)決められ、出来上がった作品を三上詩絵先生が査定。やはりお手本はリアルすぎてオーバーキルになる。
  • 色選び、塗り方、明暗を各10点満点で採点し、合計が25点以上で「才能アリ」、24 - 15点で「凡人」、14点以下で「才能ナシ」となる。

その他

特待生制度

2015年10月に登場。連続して才能アリを獲得、2回以上1位を獲得した場合、高い技術や発想力を評価した場合、特待生に認定される。ただしこれらは最低基準であり、最終的には査定員の判断により認定される。特待生ランクは以下の通り。

師範
名人10段(永世名人)
名人10段(☆ - ☆☆☆☆)
名人10段(無星)
名人(初段 - 9段)
特待生(1 - 5級)

特待生は通常査定の間は待機席の一番上の段に座り、挑戦者たちを見守り、作品についての批評を行い、通常査定のランキング発表後、特待生昇格試験に挑戦。通常より厳しい査定を行い、「昇格」「現状維持」「降格」のいずれかを判定。「昇格」なら昇段、昇級でき、「現状維持が続く」「特待生・名人としてあるまじきミス」「査定員を傷つけた」などの場合は「降格」で、降段、降級となる。特待生5級で降格の場合は通常挑戦者に戻り、名人初段で降格の場合は特待生1級に戻る(ちなみに、特待生が剥奪された事例は俳句の羽田圭介光浦靖子のみ)。査定結果は、査定員から渡された結果と「先生からの一言」が記された紙を浜田が読み上げて発表する。昇格、降格は通常1ランクだが、かなり出来が良い作品の場合は2・3ランク昇格になる場合もあり、あまりにも出来が悪い作品の場合は2ランク降格もある。改変期のスペシャルでは、特待生一斉昇級試験が行われることもある。

当初は「特待生」「名人」「師範」の3段階だったが、11月に特待生が5つのランクに細分化された。2016年6月9日放送の俳句査定で梅沢富美男が特待生1級から名人に昇格。名人が「名人初段」となり、師範まで何段あるかが不明とされていた。その後昇段するごとに上のランクが解放され、師範までの間に10段ある事が明かされた。
2018年7月19日放送の俳句査定で梅沢が俳句の名人10段に昇段した際には「永世名人」を導入。名人10段を6つに分け、昇格時は星なしでスタート。査定員が添削がなしで素晴らしいものであれば「前進」となり星を1つ獲得する。添削がなくても発想がありきたりである場合などは「現状維持」、1つでも添削された場合は「後退」となり、星を1つ没収される。無星の状態で添削を受けても、通常における「降格」に値する出来でない場合は「現状維持」で留め置かれる。星を5つ獲得すると「永世名人」の称号を獲得する。さらに最高位の師範にもなると、査定員と同様の立場で添削を行うことになるらしい

永世名人のお手本俳句

  • 永世名人(現在は梅沢富美男のみ)が自身の句集を制作するため、活字にできるほどの良句を50首作ることを目標とした企画。段位は関係なく「掲載決定」か「ボツ」かの二択で査定される。
  • 永世名人の俳句は「お手本」ということで専用の掛け軸に大きく掲示されるが、ボツとなった場合は「永世名人の権威を守る」という理由、というより名目丸ごとシュレッダーにかけられ盛大な紙吹雪と化せられる。


タイトル戦

改変期には、特待生のみでタイトル戦が行われる。

  • 俳句の場合は「春光」「炎帝」「金秋」「冬麗」の4タイトルがあり、各タイトル戦優勝者がその称号を獲得でき、一般観覧席の上に肖像画が飾られる。。さらに2018年炎帝戦からはまず特待生だけで予選を行い、その通過者と名人による決勝戦を行う2段階形式となった。いずれも通常のお題より難度の高いお題が出される。

  • 水彩画の場合は事前に野村先生が指定した複数のお題から抽選で決定。採点基準は通常の切り取り方、正しい描写、明暗各30点ずつに加え、特別加点10点の100点満点方式で採点。優勝者はその時の絵を拡大したものが番組セットとして飾られる。

  • 生け花の場合は1つの器に2種類の花をメインに生けてもらう。

才能ナシが無いからつまんないなんて言ってはいけない

2択実力査定

俳句や生け花において、「才能アリと凡人」「両方才能アリだが一方は手直し無し」といった組み合わせの作品から、より良い方の作品を当てさせる。また、もう片方の作品を才能アリレベルまで直す課題が出される。同じ人が司会のライバル局が制作する番組と同じじゃないかなどとは言ってはいけない。


それぞれの査定での名人・特待生

ここでは各査定で代表的な人物を挙げていく。

梅沢富美男…言わずと知れたMr.プレバト。俳句コーナー初期からその才能を披露し、2020年5月に永世名人の座に一番乗り。夏井先生とは互いに「なっちゃん」、「おっちゃん」と呼び合うほどの仲良しであり、因縁のライバル(?)
また、活け花や料理の査定にも意欲的に取り組み、複数の分野で名人・特待生の称号を獲得している。
「この番組は誰のおかげで視聴率取れてると思ってんだ!」

東国原英夫…梅沢と双璧を成す俳句名人。シリアスな雰囲気の句を詠むことを得意とする。元宮崎県知事らしく、現代社会や政治に突っ込んだ俳句も多い。プレッシャーには結構弱い。
「俳句ハラスメントですよ……」

馬場裕之(ロバート)…芸能界屈指の料理好きであり、盛り付け査定では笹飾りを自作するなどのこだわりで名人にまでいち早く昇格した。料理査定では梅沢とぶつかり合うことも多い。

千原ジュニア…主に消しゴムはんこ査定で活躍。精巧な作品は田口先生をして「プロの消しゴムハンカーとして有名になれる」と言わしめるほど。俳句でも実体験を元にした「750cc(ナナハン)俳句」などが評価され名人にまで昇格した。その他にも生け花、絵手紙、丸シールアートと5部門で特待生認定された稀有な才能を持つ。

くっきー!(野性爆弾)…ジュニアと同じく特待生を5部門持つ数少ない人物(水彩画、絵手紙、消しゴムはんこ、和紙ちぎり絵、色鉛筆)。毎回とんでもなく奇抜ながらもちゃんと上手い作品で先生や他の出演者を驚愕させている。
ステンドグラスの才能査定ではあまりに下品な作品を作ったことが先生の怒りを買い「査定不能」とされた。

その他

松岡充(俳句、陶芸)、岩永徹也(俳句、色鉛筆)、松田悟志(水彩画、色鉛筆)、三上真史竹内涼真(生け花)といったpixiv民に馴染み深い特撮俳優も特待生認定されていたりする。


外部リンク

公式サイト
Wikipedia

関連記事

親記事

毎日放送 まいにちほうそう

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「プレバト!!」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1687

コメント