ピクシブ百科事典

格付けチェック

かくづけちぇっく

「格付けチェック」とは、朝日放送(ABC)制作、テレビ朝日系列にて放送される番組『芸能人格付けチェック』のこと。
目次[非表示]

ガチャ!

浜田「おめでとーございます!!」
「ええーーー!?」
ビヨヨーーン    映す価値なし 

概要

元々は1997年から2001年まで放送されていた朝日放送(ABC)制作の全国ネット番組『人気者でいこう!』の名物コーナーのひとつだったが、2005年に正月特番として放送し、以来毎年元旦の特番の定番と化している。
2018年4月1日にABCが放送持ち株会社に移行したことに伴い、2018年10月の『芸能人格付けチェック MUSIC』から朝日放送テレビ株式会社(ABCテレビ)の制作に移行した。
司会は『人気者でいこう!』時代からのMCである「浜田雅功」と正月特番からMCの「伊東四朗」(浜田、伊東は格付けマスターの扱い、ただし2021年1月、伊東は欠席)とフリーアナウンサーの赤江珠緒(マダム、2005〜2012まで)→斎藤真美(ABCアナウンサー、2013・2014のみ)→ヒロド歩美(ABCアナウンサー、2015以降)。
『消えるかもしれない→』などの出演者の言動に矢印テロップがつくのも『人気者でいこう!』のからの特徴。

予告やチェック内容紹介で使われている曲は映画『新:三銃士』の『Return of the Musketeers』。

出演者

MC

浜田雅功

伊東四朗

赤江珠緒

斎藤真美

ヒロド歩美

一流(?)の出演者たち

志村けん
『人気者でいこう!』レギュラー時代から映す価値なしの常連で、このほコーナー以外にも多数の企画に出演していた。2019年大会では、最終問題での再昇格ではあるが、初登場から20年越しで『一流芸能人』の称号を手に入れた。もっとも、翌年の大会で再び転落し、このランクが戻ることなく3カ月後に世を去る事となった。
石田純一
かつて映す価値なしの常連だった人。2013年に番組史上初の1問残して映す価値なしを成し遂げた。2014年以降は1度も出演していない。
出川哲朗
予選会の常連。苦節12年でようやく本戦出場を果たしたものの、不正解を重ねて当時歴代最速で映す価値なしになった。
GACKT
この番組における『一流芸能人』の代名詞。この人とコンビを組んだ芸能人は、「外したらいけない」という異様な緊張感を味わうことになる。また、自身が主演を務めた映画『翔んで埼玉』では東京のどの地域の空気かを匂いで当てる「東京テイスティング」という格付けチェックを意識したようなシーンがある。
梅宮辰夫
「人気者で行こう」のレギュラー放送時代から出演しており、美食家として知られながら成績が振るわず、映す価値無しの殿堂入り扱いとなっていた。特番時代も2016年まで常連であり、大概は三流芸能人だった(特番で映す価値なしになったのは2008年の1回のみ)。逝去された1カ月後に放送された2020年の特番のEDにて浜田から感謝を述べられ、「辰兄 あなたは永遠の一流芸能人です」とメッセージが送られた。
和田アキ子
常連出演者の1人。成績は三流芸能人が大概だが、2019年10月8日放送では個人で全問正解を達成し、初の一流芸能人となった。2020年大会も順調に正解を重ねて2回連続での一流に王手をかけたが、最終チェックで絶対ありえへんを選んでしまい、一気に映す価値なしに転落してしまった。
泉ピン子
常連出演者の1人。成績は三流芸能人が大概だが、2015年大会で初めて一流芸能人となった。
宝塚歌劇団(柚希礼音陽月華)
2019年10月8日放送の派生版で初挑戦するも1問残して映す価値なし、2度目の挑戦となった2020年3月31日放送の派生版では僅か3問で映す価値なしとなり、上記の出川の記録を塗り替えてしまった。泣きの1回で復活をしたものの、最終問題で間違えて史上初となる二度目の映す価値なしになった。柚希に関しては不正解を連発するあまり『逆GACKT(ギャクト)』と呼ばれ、他の出演者からも重度の疫病神扱いされていた。
???
リアル映す価値なし。ある不祥事のため、収録日当日、出演者がかたせ梨乃に差し替えられ、「【チーム日本のカタセ】実は収録前日、早々と映す価値なーしになったため、片瀬那奈様と急遽作られたチーム」とアナウンスされた。

ルール

  • 「一流芸能人ならば違いがわかって当然」というテーマの、二者択一の問題を出す。例えば「牛肉」が題材ならば、高級和牛とスーパーで買った安い牛肉を食べさせて、どちらが高級和牛かを当てさせるといった内容。
    • 題材は「一流オーケストラと、音楽大学学生の演奏の聞き比べ」「一流映画監督の作ったミニドラマと、映画好きな芸人が作ったミニドラマの比較」などジャンルは多岐に渡る。
  • 基本的に2択問題であり、解答者はAかBを選び、選んだ選択肢が書かれた部屋に入る。その後、答え合わせとしてマスターが入った部屋が正解である(マスター2人が挑んでいる場合は格付けマダム・格付けアナが入る)。
  • 最初は一流芸能人の扱いだが、間違えていく度に「二流芸能人」「三流芸能人」「そっくりさん」と扱いが酷くなっていき、最下位ランクまで落ちると『映す価値なし』となり、CG処理により画面上から消えてしまう。最終問題前に『映す価値なし』となった場合は失格となり、それ以降の問題への挑戦も出来ない(ただし、『映す価値なし』がすわっているところにテロップがあり声だけは聞こえる)。
    • ランクごとの詳細は後述。
  • 2016年からは毎回非常に優秀な成績を叩き出しているGACKTに、別に用意された専用部屋に入る。理由は「GACKTが来ると、そちらが正解だと分かって他の出演者に緊張感が生まれない」。専用部屋からは他の部屋の様子をモニターで見ることができるが、普通の部屋から専用部屋の様子を見ることができない。また、GACKTが答えを出す部分も伏せられており、正解発表の時に、GACKTが選んだ選択肢が明らかになる。近年では、チームで挑む味覚を除き、GACKTと、YOSHIKIのみにその待遇が与えられている。
  • 基本的に1問間違える毎に1ランクダウンであり、「最終問題は2ランクダウン」。(※2017年の正月特番を除く。2018年の正月特番は「最終問題に正解すると1ランクアップ」、2019年の正月特番は「普通芸能人が正解すると一流復帰」の特典付き)。
  • 2017年からは初の三択問題が登場し、それにともない「絶対アカン」選択肢が新出(後述)。

また、2020年度からは、牛肉に「絶対ありえへん」の選択肢が新出(後述)。

  • 結果発表後、正解したチームのメンバーは通常の入り口からスタジオに戻ってくるが、不正解チームのメンバーはゴミのたまった茶室の入り口風の部屋から戻る。
  • レギュラー番組時代は浜田に加え、内藤剛志堀部圭亮の三人で「格付け三兄弟」として進行。内藤はチェック前の簡単な紹介を行い、チェック後は間違えた芸能人を煽りに煽りまくる。
  • 番組エンディングではマスターとマダム・アナウンサーが挑戦、『映す価値なし』のテロップとともに消えることがよくある。ただし、2020年はこれがなく、2019年に逝去した梅宮辰夫の名場面集が流れ、最後に浜田からのメッセージが流された。

ランクごとの取り扱い

ランクいすスリッパ名札呼び方控え室
一流芸能人肘掛付高級椅子羊毛製の高級品花付き高級感様付け高級日本酒等
普通芸能人普通の椅子普通スリッパ黒地に普通の楷書さん付けビール等
二流芸能人パイプ椅子便所スリッパ青地にゴシック体ちゃん付けもしくは君付け(稀に呼び捨て)水道水等
三流芸能人箱馬ボロボロ厚紙に手書き呼び捨て(「そこの人」など名前ですら呼ばれないことも)1日放置水(やかん)
そっくりさんゴザ軍足段ボール「○○らしき人」「○○もどき」等の扱い3日放置水(犬用の皿)
映す価値なし撤去なし撤去基本放置参加不能


絶対アカン

2017年からは新たに「正解・不正解・絶対アカン」の3択問題(A,B,Cのうち1つを選ぶ)を味覚問題で初採用。「不正解(安物)」選択で1ランクダウン、「絶対アカン(テーマ食材ですらない代替品)」選択で2ランクダウンする方式に改められた。正解、不正解、絶対アカンの選択肢は全チームで統一され、全チームのチェック後、マスターは先に不正解の部屋の扉を開け、次に正解の部屋の扉を開けて入る(誰も選ばなかった部屋がある場合は先にここに入って発表し、次に正解の部屋に入る)。食材以外でも楽器や料理なども登場した。

  • 2020年からはさらに厳しくなり、最終問題にて絶対アカンを上回る「絶対ありえへん」が登場。「絶対ありえへん」ではどのようなランクであろうとも即映す価値なしという処遇が待っている。このチェックの正解発表の時は、先に絶対ありえへんの部屋の扉を開け、次に正解の部屋の扉を開ける。

その他

  • 音感問題でピアノが含まれる場合は、正解の方でスタインウェイのピアノ、不正解の方でタケモトピアノで買い取った中古ピアノが用意される。
  • 食感チェックの時は、出演者にアイマスク目隠しをして答える。なおアイマスクにはデザインが変てこなものばかりであり、そのミスマッチやシュールさも見どころ。
  • MCで浜田・伊東・アナウンサー(赤江珠緒→斎藤真美→ヒロド歩美)にも「ミニ格付け」として事前にチェックを受けているが、大抵、三流前後(浜田・伊東・斎藤は1度映す価値なしの経験あり)の戦績であり、大抵はナレーターが「来年は一流のMCを呼んでくれ!」と詫びて番組を終わることが多い。格付けマスターの伊東は、「もし、これを外したら引越す」と豪語し不正解、翌年の番組で(これが原因かはわからないが)「本当に引っ越した」とテロップで紹介されたことがある。
  • MCの浜田が持つ指し棒は先端が(縫いぐるみの)う◯こになっており、ランクが降下した出演者の頭にのせることが多い。またGACKTが「う◯こ黙れ!」と言うなど浜田の蔑称となることもある。
  • OPではエルガーの「威風堂々」、スタッフロールでは中島みゆきの「世情」を流すのが恒例で、初期の頃は予選会の爆破シーンをスロー再生で流していたが、MCの戦績が悪いので終了地点で流す事が多い。
  • レギュラー時代は前回挑戦して『映す価値無し』となってしまった芸能人は最初から『映す価値無し』扱い(席が黒い人影で隠されてしまっている)になっていることがあった。チェック本番時には一応元に戻される。


大予選会

本放送の直前に、芸人達を集めて大予選会なるものが2019年まで行われた。「芸人のギャグでもう見たくないのはどれか」や「芸人家族の我慢大会」、「出川哲朗ヘドロ我慢大会」など予測不可能な二者択一の問題が出されるが、こちらは間違えると、ジャージが粉まみれになったり、泥まみれになったり、熱々の鉄板の上に落とされたり、巨大バンジージャンプ装置で空を飛ばされたり、する等、散々な目にあわされる…が、ジャージがきれいなままだと「面白みがない」といじられたり、正解していても結局不正解チームと同じ目にあうことがお約束となっている。
また、予選を突破したものでも録な結果を残せないことが多い。2017年、12年をかけてようやく勝ち上がった出川哲朗が史上初の2問残して映す価値なしになったのがその例。

常識チェック

詳細は以下の記事を参照。
芸能人格付けチェック(常識チェック版)

派生版

上記の常識チェックと同様、伊東は未出演。
格付けチェックBASIC
2018年以降3月末に放送される。
難易度を通常版より低めに設定しており、身近なものや基本的なレベルのものを当てる。
全チーム「普通芸能人」からスタート、最初のチェックはランクアップ問題となり、正解すると1ランクアップ。だが、間違えれば普通にランクが下がるため、1問目が実質2ランクダウンの問題になっている
格付けチェックMUSIC
2018年10月に放送される。出題のテーマをすべて音楽に絞っている。
格付けチェック秋の食&芸術
2020年9月29日よりMUSICをリニューアルする形でスタート。音楽に加えて食感と芸術チェックも出題される。

pixivでは

主に番組のシーンを再現したものが多い。
食感・味覚チェック

スクールアイドル格付けチェック
格付けチェック跡部様


『人気者で行こう!』レギュラー放送時代からこの企画の要となっているチェックの一つ。
味覚だけで審査するというルールの為、挑戦者はアイマスクを装着して挑むことになるのだが、なぜかこのアイマスクにはギャグマンガのような変な目が取りつけられており、どんなにイケメン、美人タレントでもこれを付けた瞬間、シュールな姿になり、浜田に「違和感ない」と言われるのがお約束となっている
また、このチェックでは普段豪華な食事やお酒を嗜んでいそうなタレントが自信満々で不正解の安物を選んでしまうことが多く、そこに優雅さやエレガントを売りとしているキャラクターが当てはめられ、正解を知らされたペアの相手が愚痴をこぼす例も。


ペアで挑戦するチェック、及びグループで挑戦する場合は答えが分かれた場合、回答を統一することになるのだが、間違っている方が強気で押し切ったり、正解している方が何らかの理由で間違っている方の相方に合わせたりすることがよくある。
逆に正解している方が間違っている方を押し切ろうとする場合、正解を知ったチームメートは正解している方を「押せー!!そのまま押せー!!」と応援し、浜田は間違ってる方を「負けるなー!!押されるなー!!」と応援するのがお約束となっている。

GACKTの奇行

(FGO)英霊格付けチェック2019
鬼殺隊格付けチェック ぎゆしのの場合


正月特番以降、そのエレガント(エキセントリック)な言動や圧倒的正解率で一流芸能人の象徴となっているGACKTだが、クールなイメージを覆すガッツポーズをするなど時に常人の理解を越えた謎の行動をすることがあり、これもある意味番組の名物となっている。
特に2016年に同じチームである北山宏光と中山優馬、2020年の鬼龍院翔が間違えた時の動揺ぶりは尋常ではなく、「怒ってんじゃないんだよ、悲しいんだよ」や、「メンタルリセット」など多くの名シーンを残した。

結果発表待ち及び結果発表直後の部屋

アニカビ格付け
【黒執事】 黒執事格付けチェック2015
挑戦!芸能人格付けチェック


挑戦者は回答した後、それぞれの対応する部屋に入って結果を待つのだが、チェックが進んでいくと当然正解率がハッキリしていくため、よく間違える人物は疫病神扱いされたり、部屋そのものの雰囲気に影響を与えたりする。また、代表者がそのジャンルに対し、有名な方であれば、その人が入ることを願うこともある。正解の選択肢が判明されている場合は、結果を待っている間にそれぞれに矢印付きで「もうすぐ消えます」「自信ないけど正解」など状況がわかるテロップをつけて笑いを誘うパターンもある。
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、2020年秋に放送された『芸能人格付けチェック秋の食&芸術3時間スペシャル』以降は、部屋に入室する前に手指を消毒してから入室するようになった。また、各部屋のソファは席数を5席に減らすとともに、席と席の間にアクリル板の仕切りを入れて配置している。
ただし、pixivでは新型コロナで規制される前のソファに座るシーン(上記イラスト参照)を描いたイラストの投稿が2021年現在も健在である。

関連タグ

朝日放送 テレビ朝日
メンタルリセット
映す価値なし

トリニクって何の肉!?…当番組と同じくABCテレビ・ビーダッシュ・ABCリブラの合同チームが制作する、事実上の姉妹番組。浜田雅功が司会、ABCテレビアナウンサーのヒロド歩美がアシスタントを務める。

プレバト!!(毎週木曜夜7時)…浜田雅功司会の番組。こちらは毎日放送が制作、TBS系列で放送している。放送局は異なるが、「格付けチェック」の制作を担当しており、浜田雅功と繋がりが強い番組制作会社ビーダッシュのスタッフも当番組の制作に参加している。この番組では芸能人が俳句、生け花、料理の盛りつけなどに挑戦、専門家の審査を受ける。

政宗くんのリベンジAT-Xでオンエアされたおまけコーナーで、この番組のパロディ『お嬢様格付けチェック』が行われた。ちなみに最下位ランクは…。

有吉のお金発見突撃!カネオくん(NHK土曜夜8時15分)…2020年2月14日の放送で「一流料理人が作った炒飯」と「冷凍食品の炒飯」を一般人が食べ比べる企画が流され、ついにはGACKTそっくりの人が食べ比べる映像が流された。

テレビ千鳥テレビ朝日制作の深夜番組。『格付けをチェックしたいんじゃ!!』というパロディ企画を放送し、その内容は「タバコの濃い(タールの量が多い)のはどっちか」、「高級下着はどっちか」、「大人のおもちゃの音はどっちか」といった本家では絶対できないものだった。ちなみに、ノブは全問正解し、大悟は下着問題だけ間違えた。

関連記事

親記事

朝日放送 あさひほうそう

子記事

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「格付けチェック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 17465300

コメント