ピクシブ百科事典

どんでん返し

どんでんがえし

フィクションにおける技法。読者や視聴者の予想を完全にひっくり返すような展開や結末を指す。
目次[非表示]

概要

映画小説漫画アニメゲームなど、各種フィクションのストーリー展開における技法
殆どの読者視聴者予想を裏切り、あっと驚くような衝撃的な展開や結末を迎えることを意味する。
「どんでん返し」を用いたオチは、英語のsurprise endingに相当。
またそのような結末が待っている映画を「マインドファック・ムービー」と称する。

由来は歌舞伎舞台で、大道具を90度後ろに倒し、底面を立てて次の場面に転換することや、そのための仕掛けを「どんでん返し」と称したことから。

大どんでん返しが待っていることで有名な作品

映画

洋画

「シックス・センス」「バタフライ・エフェクト」「ミスト」「アンノウン」
「ユージュアル・サスペクツ」「セブン」「メメント」「スティング」etc..

邦画

「キサラギ」「運命じゃない人」「アフタースクール」
「アヒルと鴨のコインロッカー」「ゆれる」etc...

漫画

デビルマン」「バイオレンスジャック」「東京大学物語」「幕張
ハイスクール!奇面組」etc...

ゲーム

ひぐらしのなく頃に」「ライブアライブ」etc...

心当たりの方は追加をお願いします

関連タグ

展開 物語 エンディング 結末 オチ
超展開

pixivに投稿された作品 pixivで「どんでん返し」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 820309

コメント