ピクシブ百科事典

ビターエンド

びたーえんど

ビターエンド(直訳で苦い終わり)とは、ハッピーエンドとバッドエンドの双方の要素が混在する結末である。
目次[非表示]

概要

端的に言えば、「おおもとの目的は達成できたものの、それに匹敵するだけの犠牲を出してしまった」、「ハッピーエンドには違いないが、切なさの残る結末」などといったものが挙げられる。
具体例を挙げるなら、「大魔王を倒し世界に平和が訪れたが、主人公もしくはヒロインがその代償として犠牲になってしまった」などというのがビターエンドと言えるだろう。
いずれにせよ具体的な定義は難しいが、「バッドエンドの要素を持つハッピーエンド」と思っておけば良いかもしれない。

作品例

※性質上物語の結末に触れるため、ネタバレ注意

仮面ライダーBLACKこと南光太郎ゴルゴムを壊滅させることに成功したが、その過程で相棒であったバトルホッパーを喪い、杏子と克美とも離れ離れになってしまい、何よりゴルゴムの元から救出したかったはずの秋月信彦=シャドームーンを自ら手にかける羽目になってしまい、文字通り全てを失ってしまう。

勇者とその仲間たちは激戦の果てに大魔王ゾーマを倒し、アレフガルドに光と平和をもたらしたが、その結果ギアガの大穴が閉じてしまい、生まれ故郷のアリアハンに帰れなくなってしまう。

1000年間にわたりスピラに死と破壊をもたらし続けてきた『シン』、そしてその核であるエボン=ジュを撃破し、永遠のナギ節をもたらした。しかし『シン』の正体は主人公ティーダ父親でもあり、またティーダ自身がエボンによる一種の召喚獣でもあるため、彼も消滅する運命であった。

関連タグ

メリーバッドエンド…受け手によって解釈が変わる結末。ビターエンドのバリエーションの一つと言える。

pixivに投稿された作品 pixivで「ビターエンド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 15712

コメント