ピクシブ百科事典

ドルメン大帝

どるめんたいてい

ドルメン大帝とは、『未来ロボ ダルタニアス』に登場するキャラクターである。

この記事は『未来ロボダルタニアス』および様々な作品のネタバレを含みます。未視聴の方は注意。

概要

CV:藤本譲(26話のみノンクレジットで佐藤正治

本作の敵勢力「ザール星間帝国」(「ザール星団」ともいう)の帝王であり、本作の黒幕。
エリオス帝国を滅ぼし、全宇宙の支配を目論んでいる。
本拠地ザール星にある石像から声のみを発し、その姿を見た者はいない。















ドルメンの正体(終盤のネタバレあり)












その正体はエリオスの支配者パルミオン皇帝のクローンであり、エリオスの隠された風習により影武者としてこの世に生を受けている。
エリオスにとってクローンはオリジナルの影武者、またはオリジナルの身に何かが起きた際の生体部品として位置づけられており、役目を終えれば非人道的な扱いを受けるのが常であった。
この制度に強い憎しみを抱いたドルメンはエリオス帝国友好軍であったザールの実権を握り、エリオスに対して反乱を起こして壊滅させ、更には全銀河の制覇に乗り出して数々の惑星を支配下に置いた。
つまり、被害者と思われたエリオス帝国こそが本作の元凶と言える。

最終決戦で姿を現し、パルミオン皇帝と思われたが戦いの中で太陽の光が刺し込んだ事でクロッペン同様に肉体に影響を及ぼし、クローンと発覚する。

専用のベムボーグに搭乗してダルタニアスを迎え撃った。
最期は怒りに燃える楯剣人に敗北したものの……

この世界に我々クローンがいる限り…いや、クローンを必要とする世界が存在する限り、
我々の憎しみと悲しみが消え去ることは無いッ!! いつかまた、反逆の炎が燃え上がる時が来る!

……と、最期まで自身を蔑み、弄び、踏み躙った者達への憎悪を曇らせることなく、壮絶な呪詛の言葉を叫びながら命を散らせた。

生体部品として人権も与えられずに育てられた彼にとって、全ての人々は憎しみの対象であり、クローンである自分が彼らを支配する事が、彼なりの復讐であったのかもしれない。

しかし、エリオスとは関係も無い地球を含めた他の星々に対する侵略行為は、八つ当たり以外の何物でもない。それに加え、同じ境遇のクローンであるクロッペンを道具扱いした挙句に切り捨てるなど、劇中で彼が犯した数々の罪はエリオスと同等かそれ以上の非道さであり、彼自身どこまで自覚していたかは不明だが、最終回での数々の恨み節もこれまでの所業を省みると矛盾に塗れている

関連タグ

未来ロボダルタニアス クロッペン
哀しき悪役

ズ・ザンバジル超電磁マシーンボルテスV)・・・ドルメンと同じく、皇室の血を引きながらその生まれ方で差別されてきた事が原因で、世界全てに対して憎悪を向けた、長浜ロマンロボシリーズの敵君主の一人。
ポセイダル重戦機エルガイム)・・・ドルメンと同じく、由緒ある王朝から迫害を受けていたが復讐した後は堕落の人生を送るラスボス。それゆえか、『スパロボGC(XO)』では「彼」が率いるポセイダル軍とザール星団(それとグラドス)で星間連合を形成する。
ラウ・ル・クルーゼ機動戦士ガンダムSEED)・・・ドルメンと同じく、人間のエゴでクローンとして生み出された事が原因で自らを生み出した世界全てに対して憎悪を向けたラスボス。
次大帝プロイストガイキングLOD)・・・こちらも出自がドルメンとほぼ同じであったことが最終回で判明するが、それ以前は甘やかされて育ち権力をタテにやりたい放題していたので視聴者からの印象はまるで違う。

関連記事

親記事

ザール星団 ざーるせいだん

兄弟記事

pixivに投稿された作品 pixivで「ドルメン大帝」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 520

コメント