ピクシブ百科事典

クロッペン

くろっぺん

クロッペン(メイン画像上)とは、『未来ロボ ダルタニアス』に登場するキャラクターである。
目次[非表示]

この記事は『未来ロボ ダルタニアス』および様々な作品のネタバレを含みます。未視聴の方は注意。

概要

CV:市川治

本作の敵勢力「ザール星間帝国」の地球侵攻軍総司令。銀河系外周星域総司令官も務めている。
冷酷非情な性格で、第2話までに地球侵攻軍の幹部2名を粛清していた。
仮面(前半は紫色の仮面で黒色の服→後半は金色)で顔を隠していたが後に素顔を出す。





正体(中盤のネタバレあり)

第33話で、楯剣人(本作の主人公)が【ザールに滅ぼされた伝統国「エリオス帝国」のハーリン皇子の息子】という出自を公表し、反ザール勢力の人々を地球に集める。
クロッペンはその場に乗り込み、ハーリンそっくりの素顔を明らかにした。そして、「自分こそが真のエリオス帝国の後継者であり、ハーリンは自分のクローン」と宣言して、その場を驚愕・混乱させた。
エリオス帝国ではクローンを蔑視する価値観が浸透していたため、エリオス出身でもある反ザール勢力の人々は「クローンの子には従えない」と称して地球から去って行った。しかし、高名な勇士であるガスコン将軍が「剣人の理解者」として命を捨ててまでクロッペンに抵抗したことから、地球侵攻軍へ降った者は極一部に留まった。

結局、剣人が大軍勢を手に入れることは防げたものの、エリオス出身の人々を取り込むことは上手くいかなかった。





更なる真相(後半のネタバレあり)











クロッペン自身は知らなかったが、真相は「ハーリンこそが真のエリオス帝国の後継者であり、クロッペンはドルメン大帝(ザール皇帝)に接収されたハーリンのクローン」とのことである。

ついに第40話で真相が公表され、クロッペンは衝撃を受けた。
エリオス同様、ザール星間帝国もクローンを蔑視する社会ゆえ、部下の将軍達から見放され、近衛兵から保身のための道具としてハーリンの息子…楯剣人へ売り渡されそうになる。

だが、その際の剣人の言動を通じて「生まれ方を嘆くよりも、人間として何を成すかが重要だ」と新たな価値観に目覚め、ドルメン大帝から切り捨てられた事でザールと決別した。それからは「一人の人間」として、剣人たちとは別行動をとりながら地球侵攻軍と戦う。
最後の戦いにおいて致命傷を負うが、その前に敵の罠で瀕死状態となっていたハーリンを救うため、壮絶な最期を遂げる。


関連タグ

未来ロボダルタニアス 楯剣人
哀しき悪役

他作品の関連キャラ

別の長浜ロマンロボ作品における「敵勢力の前線司令官」たち。中の人が同じ。真相を知らず邪悪な主君に利用されていたことも同じ。
特にガルーダは、機械と生体の違いはあるが「既に存在した人間の複製」という共通点がある。

スパロボD』においての主君。

変身ヒーロー特撮における「黄金仮面をかぶった敵勢力の前線司令官」。
変身ヒロインアニメその1における「敵勢力の前線司令官」。終盤、クロッペンとよく似た出生が明らかとなる。
変身ヒロインアニメその2における「仮面をかぶった敵勢力の前線司令官」。「ディスダーク女王の娘」という出自を振りかざし、主人公「偽りのプリンセス」と見下すが……

変身ヒロイン漫画において、自分の影武者である主人公を「偽物」と見下す王族だが……。
ロボットアニメの女主人公。「ノーマ」と呼ばれる人々を差別する伝統国「ミスルギ皇国」の皇族で、彼女自身もノーマを見下していた。
しかし、自分もノーマであることは知らず、そのことを公表され、母国から弾き出される。後に彼女自身も母国の人々に見切りをつけ、新たな価値観で生きることを決めた。
ただし、クロッペンと違いノーマ以外の他者には優しかったため、作中には彼女へ手を差し伸べる者極僅かにいる

この記事のカテゴリ

キャラクター・人名

pixivに投稿された作品 pixivで「クロッペン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 186

コメント