ピクシブ百科事典は2024年5月28日付でプライバシーポリシーを改定しました。改訂履歴

目次 [非表示]

概要編集

現実には、紛れもない極悪人にもかかわらず人を引き付ける魅力(カリスマ性)を持ち合わせた者が存在する。


日本の歴史上で言えば石川五右衛門など。


カリスマ性はその人物によってさまざまだが、強い思想や欲望を持ち合わせているためか何事にも臆さず己に強い自信を持ち合わせた人物が多く、部下のなかにはその姿に陶酔し崇拝にも近い忠誠心を抱く者もいる。


フィクション作品における悪のカリスマ編集

創作物にもそうした造形のキャラクターは多く描かれる。

カリスマとは言っても本当に劇中で多数の信奉者がいるタイプだけでなく、逆に劇中ではほとんど部下がいない、あるいは完全に孤立しているが、読者や視聴者の支持を得てカリスマとして扱われているタイプも含まれることがある。


あまりに悪のカリスマとして完成されすぎたキャラを作ってしまうと、制作側にとって続編の敵キャラを生むのに重い障害となってしまう場合もある(ブロリーや志々雄、クルーゼなどが顕著)。前作には勝らずとも別方向に魅力的な悪役を描ければこの限りではないが、描ききれなかった場合は脚本の被害者呼ばわりされてしまう事も珍しくない。


悪役にもかかわらず作品の人気投票で上位にランクインしたり、有名作品の悪役などはテレビのマンガ・アニメ特集で「人気悪役」「悪のカリスマ」と特集が組まれたりもする。


主な特徴編集

カリスマと称される悪役は、以下のいずれかが該当する(複数の要素を兼ねている者も勿論多い)。


ここでは代表的な悪のカリスマを記載する。


その他の具体的なキャラクターについては悪のカリスマ一覧を参照。


組織・集団の長編集

無題るろうに剣心 志々雄真実

例:フリーザラオウベガ悪魔将軍志々雄真実藍染惣右介サー・クロコダイル烏丸蓮耶エスデスユーハバッハ鶴見中尉エンペラ星人オール・フォー・ワン黒川イザナサカキなど


そのカリスマ性により多くの人間を惹きつけ、己を主とする組織を有していることが多い。もしくは物語中に下克上や独立により、最終的に一組織の最高幹部に成り上がるというパターンもまれに存在する。その規模は人によってさまざまで、各地に点々と部下を持つ者もいれば、巨大な国家を有する人物もいる。


もちろんただ単に頭数を率いるだけではなく、有能な人材を見いだしその実力を最大限に活用できる舞台を与えるなど、人事に関しても頭の回る人物が多い。

部下の多くは、カリスマの圧倒的な力に恐れたり、あるいは人心掌握術や演技力により従わされていたり、その支配力に肖(あやか)ろうとする小悪党もいる。なかには主のカリスマ性に陶酔し、崇拝にも近い忠誠心を抱く者もいる(異性の部下であればほのかな恋心を抱く者も)。


ただし、当の本人にとってはあくまでも「己の目的達成のための手駒」でしかないため、利用価値のなくなった部下はあっさり切り捨てるなどその扱いはひどくぞんざいであることが多い。逆に、自身が気に入った部下に対しては寛容だったりもする。


悪役であっても「理想の上司じゃないか」という評価を受ける悪のカリスマもいれば、「悪のカリスマだとは思うが、正直上司にはなって欲しくない」という評価を受ける悪のカリスマも。


自信家編集

blooming金ぴかつめ

例:DIOセルギルガメッシュラインハルトハマーン・カーン嶋野太大魔王バーンキルバーンガノンドロフウルトラマンベリアルなど


強い思想や欲望を持ち合わせているためか、何事にも臆さず己に強い自信と威厳を持ち合わせた人物が多く、そのカリスマ性に違わぬ実力も備えている。

キャラクターによってはその自信からか、実力を認めた人物に対して「部下にならないか」と勧誘したり、フェアもしくは自身に不利なルールでの戦闘を挑んだりと、ある種の敬意をみせることもある。並のアクシデントやイレギュラーでは動じないほど肝が据わっていることも多い。


しかし、相手が自身より圧倒的なまでの実力の差を見せてくると、それまでの自信を喪失し、場合によっては卑劣な手段に出るパターンもある。さらには「卑劣上等、どんな手を使っても最後に勝てばよい」と開き直っている悪党もいる。


大体キルバーン詰め無題

なお、自信家の悪は皆必ずしも組織のトップに立ちたがるわけではない。なかには第三勢力のスパイだった…という悪のカリスマもいる。


野心家編集

ですとも!One piece 956 - Marshall D.Teach

例:ゲーチスカーズマーシャル・D・ティーチ大蛇丸羂索フェイスレスムスカ鳳暁生鬼龍院羅暁フレイザードギース・ハワードカルロ・セレーニ獅子王司音上楽音ムルタ・アズラエルなど


自身の持つ野望や欲望に正直で、そのためには手段を選ばない。

むしろ「己に逆らう者こそ悪」と言わんばかりに己の行動に迷いのない人物が多く逆にいえば、自分の理想や信じる道に一直線なドリーマーともいえなくもない。


ほかのパターンに比べると「一人の悪党」として魅力がある者が多く、「集団の頭」としての手腕・カリスマはイマイチであることもしばしば。

シリーズ物の場合、何度敗れても屈することなく復活するという執念深さを見せることも多い。


悪党なりの成り上がり願望、ハングリー精神にカリスマ性を感じるファンが多い。


狂気編集

白イタチ、ノロイを見た!JOKER

例:ノロイジョーカー魔人ブウ吉良吉影真人ン・ダグバ・ゼバモンティナ・マックス球磨川禊ボンドルド槙島聖護ローズゴステロワイアルドザキラ影山零治チョコラータなど


悪役のなかには特にその狂気性や異常性、凶悪性、サイコパス気質といったもので読者や視聴者からの高い人気を得て、悪のカリスマ扱いされるキャラクターも存在する。

マッドサイエンティストシリアルキラーといったキャラクターに多く見られる。

基本的に言動の一つひとつが常軌を逸している。作中での立ち位置は実にさまざまで、孤高の存在もいれば軍や自身のチームを所有しているなど、作中で実際にカリスマである場合もある。


仲間思い編集

みんな大好きクッパ様!クロロ=ルシルフル

例:クッパドンキホーテ・ドフラミンゴクロロ=ルシルフルヨミ夏油傑リゾット・ネエロルルーシュ・ランペルージ南雲ハジメアインズ・ウール・ゴウンノリス・パッカードなど


敵対する者には容赦はないが、自分の部下には優しく思いやりの深い一面を見せる。

寛容かつ親分肌で面倒見がいいほか、部下に対してアドバイスもしたりするなど聡明(そうめい)な理解者でもあるため、絶対的な忠誠を誓う者も多い。


仲間同士のチームワークも良好で仲間や部下が傷つけられる、もしくは殺害された場合などは激しい怒りを見せることもあり、復讐に走る可能性も高い。


独善編集

月にやり・・・・・。

例:夜神月エンリコ・プッチステイン高杉晋助ペイン浅野學峯スカイネットフラダリ雪代縁シンドバッドトレーズ・クシュリナーダなど


自身の思想・価値観に絶対的な信頼を置いている。他の悪役たちと決定的に違うのは、自らの行為が(基本的には世界や人類にとって)「正しい」と思っていることである。

当人はよかれと思ってやっているので一連の行動にまったく罪悪感がない場合が多く、下手な暴君よりタチが悪い。このタイプのキャラクターは表向きには善人を装う傾向がある。(あるいは本気で自分のことを善人だと思っている。)


多くの悪役は、多かれ少なかれ自身の「悪という立位置」に迷いや後ろめたさがあり、それを無視するか開き直る傾向があるが、このタイプのキャラクターが抱いているのは歪んだ「正義感」である。このような独善に陥った経緯はキャラクターによるが、悲しい過去からくる場合もあり、哀しき悪役と近しい部分もあるのかもしれない。

「野心家タイプ」と同様に個人主義の性質が強いため、基本的に他人を信用せず、単独犯で行動を起こしているキャラクターが多い(他人を利用することはある)。


自分を客観視できないという明確な弱みを持っているため、組織の中で高い地位にあるキャラクターであっても、自分の背後にいる本物の悪い奴の都合の良いように踊らされていただけ、という結末になってしまうことも少なくない。


強さ・インパクト編集

鬼舞辻無惨カイドウ

例:鬼舞辻無惨戸愚呂弟キング・ブラッドレイ両面宿儺カイドウルカ・ブライトディアボロ安心院なじみ海馬瀬人一方通行T-800セフィロスエボルトラウ・ル・クルーゼなど


所業や言動、いわばその価値観・思想は共感も理解も不可能なキャラクターであったとしても、劇中で見せつけた実力やインパクトによっては逆にその作品を見た人たちのあいだで人気が出た結果としてカリスマ扱いされ、一定の敬意を持たれるケースがある。

作中ではその強さが広く認知されていたり、いわゆる恐怖の象徴とされる存在であったりすることが多い。撃破数が多いのも特徴。


このタイプのキャラは倫理観以外は比較的理に適った思考・行動をする傾向があり、自らの能力を過信しない慎重さを持っていたり、損得勘定を踏まえたドライな組織運営をしたりしているので、主人公側からしてみると厄介極まりない存在である。

戸愚呂(弟)三軍師

また、戸愚呂弟やルカ・ブライト、T-800のようにその強さ、インパクトを残して物語から退場したため、たとえその後パワーインフレが起こっても「強かった」「あのインパクトは超えられない」と思われるキャラクターもいる。


変わったところではテッドブロイラーのような、強さがノミネートされる大きな理由とするも蓋を開けてみればそれ以外の部分が小物そのものというパターンとかさえある。


戦闘狂編集

「オレはもう…届いたのさ」地上最強の生物

例:うちはマダラワムウ天空王バロン範馬勇次郎ロブ・ルッチ神威凍座白也ブロリー浅倉威アリー・アル・サーシェスなど


いわゆる「三度の飯より戦いが好き」「戦うことこそが生き甲斐」といった戦闘狂のなかにも、読者からの支持を集めて悪のカリスマ扱いされるキャラクターが存在する。


性格はキャラクターによって実に多様。時・場所・場合に構わず戦う者もいれば、強い者とのみ戦う者、公平さ・騎士道精神といった独自の美学を重視する者、成長の見込みがある人物は敢えて殺さずその成長を待ってから戦いを挑む者なさまざまである。

共通しているのは、基本的に孤独で、戦いを至上のコミュニケーションか自己表現の場とみなしていることである。


悪堕ち編集

うちはイタチ死柄木弔

例:うちはイタチサウザー竜騎将バラン死柄木弔ガロウうちはオビトギルド・テゾーロ大道克己佐野万次郎東方不敗マスターアジアなど


元々は優しさなど善良な心を持った普通の存在だったのだが、過去に何かしらの不幸を負わされた経験や不遇な生い立ち、心を歪ませる力を持った第三者・環境などで性格が歪んで悪の道を進んでしまったり、もしくは世界の平和や大切な人を救うためにやむを得ず悪役的立場に立たざるを得なかった悪のカリスマも存在する。


つまり、元々善良だった人物が悪に染まってしまった結果、普通の悪役とは違った魅力とカリスマ性を持った悪役として描かれることが多いため、視聴者が感情移入しやすかったり、そのキャラの過去の掘り下げで盛りあがったりと、悪役としての人気が非常に出やすい。


編集

終末論神が愛したモノは

例:ロキ大筒木カグヤセトクトゥルフナイアルラトホテップラーヴァナエネルザマスなど


物語の中で語られる神々のなかにも、悪戯好きであったり、多くの悪行を働くといった神が存在する。また多くの人々の信仰を集めているが実は邪神だった、という場合もある。

そもそも神という存在自体がカリスマの代名詞であり、その存在が善であろうと悪であろうと、人間(若しくは自身の眷属や奉仕種族)に与える影響はとにかく大きい。そして善悪の定義も時代によって大きく変遷することも留意されたし。


現代の科学では存在が否定されているが、古き神々は神話という物語を介して、今もなお多くの人々の興味を惹きつけている。


英雄編集

仕事画【超ビジュアル! 歴史人物伝 織田信長】より項羽

例(歴史上の人物):織田信長松永久秀項羽曹操ネロ・カエサル・アウグストゥスヴラド・ツェペシュ


クシャナVilgax Punch

例(創作人物):クシャナヴィルガクスなど


歴史に名を残し英雄として称えられる一方で暴君独裁者としても伝えられ、実際は悪人ではあった場合も存在する。有能さを兼ね備えた人物も多くおり、後世の歴史の改竄・間違った説が広まるなどによってさまざまな解釈があり、そのため悪人であることを見抜くのが極めて難しい。


しかし、創作で悪人として描かれた際には驚異的なカリスマ性を発揮し、歴史に名を残すに相応しい活躍をする。また、英雄でなくても統治する大企業の社長や国王もこれに該当する。


創作人物ではクシャナ殿下など、ナウシカのような主人公にとっては憎い侵略国のリーダーであっても、トルメキア国民にとっては人類のために前線に立って戦う英雄というケースもある。


その他編集

赤の肖像★見せてもらおうか新しいガンダムの性能とやらを!Darth Vader

例:シャアデスラーダース・ベイダーヴォルデモートモリアーティ教授大和田常務ぬらりひょんなど


長期連載・シリーズ作品において、終始変わらず悪役として存在し続けた(もしくは現在進行形で続けている)人物に対しても使用されることがある。作品の主人公や味方キャラクターたちを差し置いてファンから根強い人気を獲得している場合も多く、ある種「作品の顔」とも呼べる存在である。


ただし、コチラの場合「失敗にめげずに自身の信じる道を貫き通す努力家」「主人公を長年引き立て続けた功労者」という見方もされ、意味合い的にはこのタグのほうがしっくりくるかもしれない。



関連イラスト編集

死の道大魔王ゾーマ・イラスト

C  C  Oラオウ

sephirothギース

ウェスカーベガ

キング・ブラッドレイWhy so serious?


関連タグ編集

悪役 美形悪役  悪の美学 カリスマ ダークヒーロー 絶対悪 愛すべき外道 哀しき悪役


悪のカリスマ一覧


関連pixivision記事編集

関連記事

親記事

悪役 あくやく

兄弟記事

pixivに投稿されたイラスト pixivでイラストを見る

pixivに投稿された小説 pixivで小説を見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7316575

コメント

問題を報告

0/3000

編集可能な部分に問題がある場合について 記事本文などに問題がある場合、ご自身での調整をお願いいたします。
問題のある行動が繰り返される場合、対象ユーザーのプロフィールページ内の「問題を報告」からご連絡ください。

報告を送信しました

見出し単位で編集できるようになりました